「付き合ってないのにセックスだけする相手がいる…」
「友達だけどキスやセックスだけする」

このような、夫婦・恋人ではないのに肉体関係だけあることをセックスだけをする友達(フレンド)を略して、セフレと呼んでいます。

男性はともかく、女性にしてみれば妊娠のリスクがあるにも関わらず、夫婦や、恋人でもない人となぜセックスするのでしょうか?

そこで今回は「セフレとは?」「男女別セフレの実態」「セフレと本命の違い」について経験者からのアンケート結果から解説。

また「セフレから本命になるためにできること」も一緒に紹介していきます!

セフレが欲しい人は◯%?いまどきセフレ事情!

セフレとは?

セフレとは「セックスフレンド」の略です。一般的には、交際や婚約がない状態で、セックスをする人がいることです。

セフレとは、普通の恋人同士とは違い、外でデートしたり、会えない時間は電話やメールしたりはしません。基本カラダだけの関係であることが多いです。

男子のセフレ事情とセフレに求めるもの

男性は3人に1人が「セフレがいる・いた」 経験

※『愛カツ』にて2015年10月から開始したWebアンケート。2019年1月現在の有効回答数400件(男性読者)

愛カツの男性読者400人に「セフレがいるorいた経験がありますか?」ときいたアンケート結果をみていきましょう。

男性は3人に1人が「セフレがいる・いた」

男性がセフレに求めるものとは?

男性は43%の人が、セフレがいたという結果でした。

男性は、性欲を満たすために「セックスをしたい!」と思う人が多いです。男性だと、セフレ以外に性欲を満たすサービスは多くあるのに、この数字は驚きですね。セフレを作るハードルが下がってきていることなのかもしれませんね。

男性がセフレに求めるものとは?

「女性にはごめんだけど、性欲が満たされればいい。セフレとはドライな関係でいたい。」(20代男性)
「セフレに恋心を抱かれると困る…恋愛ぬきの肉体関係でいたいだけなのに」(30代男性)

男性は、セフレに恋愛感情をもたない人が多いみたいですね。

中には「寂しいから一緒にいたい」という人もいましたが、セフレに未来を期待するのは、よくないかもしれません。

>>【おすすめ記事】添い寝するだけのソフレとは?男女に添い寝が人気の理由とメリット・デメリット

女子のセフレ事情とセフレに求めるもの

女子のセフレ事情とセフレに求めるもの

※『愛カツ』にて2015年10月に開始したWebアンケート。2019年1月現在の有効回答数376件(女性読者)

愛カツの女性読者約300人に「セフレがいるorいた経験がありますか?」ときいたアンケート結果をみていきましょう。

女性は2人に1人が「セフレがいる・いた」

女性は2人に1人が「セフレがいる・いた」

女性は53%の人が、セフレがいたという結果でした。正直、この数字には驚きですよね。

しかし女性は男性と違い、性欲を満たすためではく「寂しさをまぎらわせるため」にセックスする傾向があります。

女性は、男性と違い妊娠のリスクを持っていることもありますが、寂しいという気持ちを埋めるためにセフレになってしまう女性がいるということに驚きです。

女性がセフレに求めるものとは?

「最初は寂しさをうめてほしいだけだったけど、一緒にいるうちに好きになってほしいと思ってしまう自分もいる」(20代女性)
「好きになると、セフレ関係を切られてしまうのが悲しい…」(30代女性)

女性は、セフレに対して恋愛感情を持ってしまう人が多いようです。

中には「性欲をみたしたい」という人もいました。女性はセックスをして寂しさを埋めてくれた相手を好きになってしまった」という人が多いです。

男性と女性の真逆のセフレ事情に、切なさを感じますね。

>>【おすすめ記事】セフレだったのに…彼があなたから離れるきっかけとは?

セフレとはどのくらいの頻度で会うの?

セフレとはどのくらいの頻度で会う

※『愛カツ』にて2017年6月にWebアンケート。2019年1月現在の有効回答数5000件(女性読者)

愛カツの女性読者に「セフレとはどのくらいの頻度で会う?」ときいたアンケート結果をみていきましょう。

セフレとは一ヶ月に1度の頻度で会う

「セフレとはだいたい一ヶ月に1度会う程度です。結婚を前提に付き合っている彼もいるので…。」(30代女性)
「もっと会いたいけど、彼には本命の彼女がいるんです。」(30代女性)

一ヶ月に1回会うが36%と一番多い結果でした。

この割合には、2通りの人がいることがわかりました。1つは「浮気女」2つ目は「2番目の女」です。

浮気女は、本命がいるから、一ヶ月に1回くらいしか会えない。2番目の女は、もっと会いたいけど、一ヶ月に1回しか会えないのです。

似ているようで似つかない2通りの人が一ヶ月に1回の頻度でセフレと会っているんですね。

6人に1人がセフレと「毎日会う」

6人に1人がセフレと「毎日会う」

注目するのが、セフレと毎日会う人が16%いることです。「え、もうそれ本命の彼氏でいいじゃん!」って思いますよね。

セフレに毎日会う人達は「本命彼女になりたい」と思っている人が多いようです。

毎日会うことで、セフレから本命彼女にステップアップするように努力しているみたいですね。

セフレとはどうなったの?

その後、セフレとはどうなりましたか?

※『愛カツ』にて2017年5月にWebアンケート。2019年1月現在の有効回答数5000件(女性読者)

愛カツの女性読者に「その後、セフレとはどうなりましたか?」ときいたアンケート結果をみていきましょう。

2人に1人が「セフレ関係を解消した」

2人に1人が「セフレ関係を解消した」

やはり、最終的にセフレ関係を解消した人が多いようです。

中には「普通の友達に戻った」「別の人と結婚したから関係解消した」などの意見がありました、一番多かったのは「彼女にしてもらえないから」でした。

セフレ関係から彼女にしてもらえずに「ずっとこんな関係続けていてはいけない」と悩んでいる女性は多いです。しかし、ちゃんと決断して「別れる選択」をする人も多くいることが今回の結果でわかりました。

セフレと本命の行動の違い【男性】

セフレと本命の行動の違い【男性】

セフレとは外でのデートをしない

「セフレとは基本お家デート。セフレにお金を使いたくないから。
ご飯もセフレの子に作ってもらいます
」(20代男性)

男性は基本的に、セフレの女性にお金をかけません。

なので、こまめにお金を使ってくれるセフレ関係の男性が要る場合は脈があるかもしれません。

しかし、男性のHOWTOサイトなどでは「セフレには時々プレゼントをするとよい」と書かれていることが多く、突然プレゼントをもらったからといって、だまされてはいけないようです。

セフレとは電話やメールに時間をかけない

「仕事や家庭もあるし、セフレとは基本連絡しないです。
連絡をしたがる子とはすぐにバイバイします」(30代男性)

浮気や、不倫でセフレ関係にある男性は、電話やメールに長い時間をかけません。

バレてしまうこともありますし、セフレとは軽い関係でいたいと思っているからです。

>>【おすすめ記事】これが来てたら要注意!「男子がセフレにだけ送るLINE」5パターン

セフレにはやたらと体型や外見をを褒める

「セフレの期限をとるために、可愛いとかエロいとか言ってよく褒めますね。そういえば、本命の彼女には恥ずかしくて、言えてない気がします」(20代男性)

女性にとって容姿を褒めてもらえるのは、認めてもらえているという承認欲求も満たされますし、一見なんてことない感じがしますがこれもちょっと注意が必要です。

男性は本命の女性に対して、よほどのプレイボーイではない限り口下手で、褒め言葉なんて言えない人のほうが多いのです。

セフレに褒められたからといって、本命だと思うのは危険です。

セフレと本命の行動の違い【女性】

セフレと本命の行動の違い【女性】

セフレとはキスをしない

「セフレ関係にある人とは、絶対キスしません。寂しいから一緒にいるだけで、キスは本当に好きな人と、両想いになってからしたいです」(20代女性)

女性の多くは、セフレとはキスをしないようです。最近は潔癖の女性が多いからではないかと私は考えます。

また、キスは好きになってからと思う気持ちの人が多いよう。そのため、何度か体を重ねるようになって、キスしてくるようになってきたら「好きになってきた」可能性が高いといえます。

セフレとは割り勘にしない

「セフレとは、割り勘にしたくないです。女性のほうが体に負担があるし、お金を出してくれないセフレとは付き合わないようにしてます」(30代女性)

愛される彼女のHOWTOでは、よく「お会計時に財布を出す」「割り勘にする」などとありますが、セフレ関係の男性には、割り勘の概念がない人のほうが多いよう。

女性のほうが妊娠のリスクなどを抱えているため、お金を払ってもらうのは当たり前だと考えているのではないでしょうか。

セフレとは家族や友人の話しはしない

「セフレとは個人情報を話したくないなと思っています。休日何してるの?とかも聞かれるの嫌ですね」(20代女性)

自己開示があればあるほど、親密になっていくというのは心理学で言われています。

しかし、セフレとは体だけでつながっている関係のために、女性の多くは自己開示を嫌がる傾向にあります。

女性にとっては、個人情報を開示すると危険なこと、例えばストーカーやリベンジポルノなんてことにもなりかねませんからね。

セフレから本命になるための方法

セックスだけの関係とはいえ、体も会話も重ねていれば、やがて心惹かれてしまうこともあるでしょう。

もともと相手のことが好きで、本当は付き合いたいけど、相手が「YES」と言ってくれないから、せめてセフレとしての関係を続けたい……という人もいるかと思います。

実際、「セフレから本命の彼女・彼氏になるためには、どうすればいいですか?」というお悩みもよく伺います。

この項ではそんな「セフレの本命になりたい」というお悩みに応えるべく、いくつかセフレの心を本気にさせる方法を考えてみました。

それではさっそくご紹介いたします。

体や性格の相性がいいと思わせる

体だけではなく、性格もふくめて「相性いいな」と思わせちゃいましょう。例えば、セックスの時は彼の好みに合わせて、声を出したり、一緒にイく(フリでも可)したりしてみましょう。

また、ピロートークのときには相手を楽しませる会話をしたり、眠たそうにしていたら、自分から「おやすみ」といって電気を消したり……。

適度に気を使って、相性がいいと思わせるのが手ですよ!

レア感を出して気になる存在になる

「いつでも呼ばれたら会えます」なんてしていたら、本命になんてなれません。「いつひま?」と言われて「いつでもひまです!」なんて言っていただだめ。

「今週は趣味の○○で忙しいから会えるのは再来週かな~?」くらいに、あなたがいなくても充実しています感を出すのがいいでしょう。

すぐに手に入ってしまうものだと簡単に飽きてしまうけれど、なかなか手に入らない存在が目の前にあるとどうしても手に入れたいと感じてしまう男性もいるんです。

なのでそんな「近くにいるのに手に入らない女」を演じて、彼があなたに首ったけになるよう仕掛けちゃいましょう。

セフレは男女で考え方が異なる

セフレは男女で考え方が異なる

セフレについて、いろいろとわかったかと思います。

今回、一番驚いたのが「男女」の考え方の違いについてです。わかってはいましたが、アンケートという生の声を聞いて改めて痛感しました。

男女がお互いに求めるものが違う関係であるセフレ。いけないことだとは思いません。恋愛は自由です。

自分の考える正しい方に向かい、幸せになれれば一番いいですね。

(オトナの恋カツ編集部)