今年の始めぐらいでしたか、セックスをしたんです。
そのときの細かいシチュエーションまでは覚えていないんですが、
泥酔して気が付いたらホテルだったとか、そういうパターンでした。
こういうことって、30年ぐらい生きてると誰でも1回ないし7回ぐらいあると思うんですけども、
僕はこの日、とっても嫌な思いをしたんです。

僕は、結構おだやかでたおやかな性格をしているのですが、
このときのお相手が、俗に言うマニュアル人間だったんですね。
今の時代、仕事にマニュアルを取り入れて効率的な業務に取り組むことは、
ある意味で仕方のない側面があります。
業務の円滑化を図るためには、そういうものを用意しておく必要もあります。

ただ、セックスにまでそんなものを取り入れる必要はありませんよね!

何から何まで予定調和! そんなセックスを誰が喜ぶ!?

そもそも私たち日本人のセックスって、流れがあまりにも固定化されていると思いませんか?
まずキスします、愛撫します、気が付いたら全裸になってます、
セックスします、終わります…。
おおまかにこういう感じになってて、誰もが内容を想像できるようになっていますよね。

むしろそれ以外の流れをぶっこむとドン引きされることさえ珍しくありません。
セックスにすら出る杭を打ち込もうとする国民性というものかもしれませんが、
これじゃあ誰としても同じことです。

基本的に男性は、「このセックスはこの子とじゃないと楽しめない!」と思えば、
現金な話ですがそれだけで関係を継続しようとするものです。
セックスの個性付けは、それほどに重要なウェイトを占めているんですよね。

だから、通り一遍のセックスしかしない女性というのは、あまり面白くないわけです。
男女共にセックスが面白くないと、付き合っていてもそんなに楽しいと思えなくなっていき、
すぐに飽きられてしまいます。
テクニックが素晴らしくても、バリエーションに乏しいと、すぐに天井が見えてきて、
パートナーにとってはセックスが苦痛になってしまいます。

 

相手が予測できないセックスをする=飽きられないセックスの完成

そもそもセックスは立派な個性の発表の舞台です。
人それぞれに性癖というものがあって、好きな体位も異なっているわけです。
お互いに裸になっているのに、それを恥ずかしく思う必要もありません。
逆にそこで恥ずかしさがあるからこそ、
スタンダードで面白みのないセックスをしてしまうのでしょう。

冒頭で僕が憤っていたのは、このときのセックスがまんまマニュアル通りのセックスで、
一つも面白みがなかったことを、ふと思い出してしまったからに他なりません。
「もっとこう、自分だけのセックスをしようよ」みたいなことを言ってみたんですが、
相手はなんか顔を赤らめて「こ、これ以上はご勘弁を」という反応。
これじゃせっかくお互いの本質を知ろうと思ったって、100%理解することができませんよねぇ。

一方で常にこちらの予想を斜め上に裏切るセックスをする女性となると、
男性にとっては常にエキサイティングで情熱的なセックスを楽しめる相手ということになります。
なまじ全裸になってもなお自分を解放できないでいる女性が多い反面、
こういう女性は男性を虜にします。
自分の欲求に対して素直でいることは、
下手に遠慮をするよりも何倍もパートナーを喜ばせることにも繋がるというわけですね。

 

おわりに

とかく男女の関係になったら遠慮はご法度です。
そういう遠慮はセックスをする際には全くの無用の長物ですし、
逆に場を白けさせてしまいます。

特に、20代後半に差し掛かって、まだセックスに恥ずかしさを感じる女性は、
男性のモチベーションをググンと下げてしまうかもしれません。
「いい年齢をして、なにをいまさら恥ずかしがる必要があるんだ」
と思われることもあるので、
割り切って自分の願望に正直に求めていくべきではないでしょうか?(松本ミゾレ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)

恋愛相談掲示板

誰にも聞けない性の疑問。友達にも相談しづらい性の悩み。

答えが出ない時は、愛カツの恋愛相談掲示板に相談してみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになるかもしれません。

匿名で投稿できる恋愛相談はこちらから