愛液と呼ばれる分泌液は、膣内を保護するのに欠かせないものですよね。

セックス中たっぷり濡れているかどうかは、女性の体や心に影響を及ぼします。

「濡れにくい」ためにセックスを楽しめないという悩みを抱える女性も多いようです。

セックスを楽しみたいのに、濡れにくい……そんなときは、どうすればいいのでしょうか?

今回は、濡れにくいという「セックスの悩み」を解決する秘策についてご紹介します。

濡れにくい女性

濡れにくい女性の体験談

「彼はちゃんと前戯をしてくれているのになかなか濡れてきません。申し訳ない気持ちも……」(27歳女性/会社員)

「痛いので我慢していると、感じていると勘違いされてしまい、もっと刺激を加えられることも……」(30歳女性/販売員)

「まだ挿入されて気持ちよくなるほど濡れていないのに挿入する彼。ムードを壊したくないので我慢しています」(29歳女性/飲食店勤務)

女性が濡れていないときに感じる痛さは、男性が理解しにくいものかもしれません。

しかし、なかなか言えずに我慢してセックスを続けている女性もいます。

心からセックスを楽しみたいのに…

決して感じていないわけではない、セックスをしたくないわけではない、気持ちよくなりたい、彼を受け入れたい……。

男性とのセックスに前向きな思いを抱えている一方で、自身の濡れにくさに悩んでいる女性もいます。

しかし、濡れやすさは個人差があり、他人と比べることはできません。

また、刺激すべきポイントやコツは、人によって違うもの。

すべての人にぴったり合う解決策を提案することは、難しいと言えるでしょう。

解決策1、リラックスを心がけて!

リラックス状態

濡れにくいと感じているときこそ、女性の体の性的な快感よりも「リラックス状態」に焦点を合わせましょう。

「セックスはこうあるべき」という理想があるかもしれませんが、それを意識してしまうとプレッシャーになってしまい、女性の体がさらに緊張する原因になってしまいます。

そうなると、さらに濡れにくくなり、セックスを楽しむことが難しくなるでしょう。

我慢するより、力を抜いて、リラックス。

「なんとなくこんな感じ」くらいの、ゆったりしたセックスを意識してみてはいかがでしょうか?

解決策2、エッチな雰囲気を楽しむところから!

濡れにくさを解決するためには、エッチな雰囲気を作ることも大切です。

すぐに性的な快感を求めずに、男女2人きりの空間を存分に楽しみましょう。

たとえば、「30分程度エッチな雰囲気を楽しむ」「満足するまでキスをする」というのもいいかもしれません。

キスや表情、指先でそっと触れる、ささやき合うなど……。

性的快感とは直接関係ないテクニックを、焦らずゆっくり楽しんでください。

そうすることで、女性が濡れやすい「エッチな雰囲気」を作ることができます。

心に余裕ができたら、最後の10分間は男性が思いっきり気持ちよくなる!など、小さな目標をプラスしてみるのもいいかもしれません。

どうしても濡れにくいときは、潤滑ゼリーやローションといったラブグッズにお手伝いしてもらうのもおすすめ。

ラブグッズに頼ることに抵抗がある女性、もしくは女性が使うことに抵抗がある男性もいるかもしれません。

そんなときは、女性から「すっごい気持ちいいのに、濡れにくい体質で……」「病院で使ったほうが言われたんだ」なんていう理由を伝えれば問題ないはず。

少しずつ彼に塗ってもらったり、彼に塗ってあげたりすれば、それもまたエッチな雰囲気が盛り上げる要素になります。一石二鳥です!

「あ、ちょっといつもよりドキドキする」「エッチな雰囲気になっている」と感じたら、その気持ちを強く意識してみましょう。

「どうすれば濡れるか?」を真剣に考えすぎたり、心配したりする必要はありません。

心ゆくままに感じたり、そういった気持ちが高まる愛撫を見つけたりしたら、男性に女性からお願いしてみましょう。

感じるポイントを見つけるときは自分の気持ちを最優先にしてOKです。

女性がもっと気持ちよくなれば、だんだんお互いに「セックスを楽しむ」ことに集中できるはずです。

濡れにくさや痛みを我慢する必要はない

セックスで痛いと感じたら、男性にちゃんと伝えて大丈夫。

濡れにくさや、痛みを我慢して、セックスを続ける必要はありません。

無理に続けてしまうと、体だけでなく心にも痛みを感じてしまうかも。

「痛い」と感じていると伝えるときは、男性を大好きな気持ちと、エッチを楽しむためにいろいろな方法を試してみたいという気持ちをセットで相手に伝えましょう。

正直な気持ちを伝えることができれば、雰囲気が壊れるどころか、もっとラブラブになれるはずです。

(はろ。/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)