近年ではインターネットの発達、女性の社会進出などの時代の変化にともない、昔に比べると性的なことに対してオープンな考え方になりつつあります。

しかし、そんな現代でもエッチをすることを恥ずかしい。エッチ自体をいやらしい。はしたない行為である……などと思って、心から楽しめない人も多いのではないでしょうか。

今回はエッチを恥ずかしいと思う理由や、恥ずかしいと感じたエッチの体験談を元に、エッチを恥ずかしいと思う時の対処法やそんな女性に対する男性心理についても深く掘り下げていきます!

エッチが恥ずかしいと思う理由

ひと昔前はエッチという行為やエッチなことを連想させるものはいやらしい、はしたないもので、人に知られないよう隠すべきものであると考えられていましたよね。

一体それはどうしてなのでしょうか?

もともとは西洋の宗教観から

明治維新以前、日本では夜這いなどという文化もあるほど、どちらかといえば性に対して自由で、エッチはいやらしいものであるという考え方はありませんでした。

しかし明治維新以降、西洋諸国から開国を迫られてからは西洋文化が日本に入ってきて、洋服を着る、洋館でダンスパーティーをするなどといった日本文化の西洋化が進んでいきます。

そんな西洋文化と同時に入ってきたのが、キリスト教的な性観念でした。

キリスト教は「純潔」や「愛」を重視するため、結婚するまでは純潔さを守らなければならない、いやらしいことは大っぴらにしてはいけないという考え方が日本に広まっていったのです。

年長者の言うことを守る日本人の性質も関係している?

性的なことがいやらしいという考え方が日本に広まってから、親から子どもへ、またその子どもの子どもにまでと、いやらしいことをしてはいけないという教えが浸透していくようになります。

日本人は基本的に年長者の言うことを尊重し、教えを守る性質があります。

それが続いた結果、今の時代まで性的なことを口に出したり、自由にエッチを楽しんだりすることが恥ずかしいものであるという考え方が根付いたのでしょう。

特に現代でも、厳格な家庭で育てられてきた女性や、キリスト教系の女子校出身の女性ほどエッチを恥ずかしい、はしたないことであると考える傾向があります。

「エッチのときに大胆になって、自分から快感を求るなどもってのほかである」

と教えられてきたことが、まだ自分の心の奥底に根付いているので、エッチが恥ずかしいと思うようになってしまうんですね。

エッチは恥ずかしい、はしたないものではないの?

もともとキリスト教が純潔さを守るように教えを広めたのは、聖母マリアが処女のままキリストを身ごもったという特別な存在であることを強調したかったからという説もあります。

聖人ではない人間にとってはエッチは子孫を繁栄させるためには欠かせない行為ですし、それ以外にも愛情を確かめ合うための大切なコミュニケーションという役割も果たしています。

ですから、健康な人間同士がエッチをするということは自然な行為で、エッチをするという行為自体に恥ずかしさやはしたないという後ろめたさを感じる必要は全くないといえるでしょう。

さらに最近では女性向けのかわいらしい見た目のアダルトグッズやストーリー重視でちょっとエッチな女性向けAVなども販売されているように、もっと女性も性に対してポジティブになって良いという風潮があります。

男性にされるがままのエッチではなく、自分の快感も自由に求められる時代です。エッチをすることや女性がオナニーをすることも、今は決して恥ずかしいことではありません。

エッチの時に恥ずかしかった瞬間は?体験談


エッチは恥ずかしいことではないといいましたが、単純にコンプレックスや羞恥心からエッチを恥ずかしいと感じることもあります。

ここからは女性がエッチの時恥ずかしいと感じた瞬間の体験談をご紹介しましょう。

明るいところで身体を見られたとき

「私はどちらかといえばぽっちゃり体型で、体型にコンプレックスがあります。
温泉やプールなどでも人に身体を見られるのが恥ずかしいので誘われても断っていました。
彼氏とエッチをするとき、彼が明るい所でエッチをするのが好きなタイプだったので、
明るい所で身体を隅々まで見られるのが恥ずかしかったです」(26歳女性)

どこが気持ちいいのか聞かれたとき

「エッチのとき、彼に『どこが気持ち良いの?』『どこを触って欲しいか言って』なんて言われたとき、
なかなか自分の気持ち良い場所を口に出して言えなくて恥ずかしかった。
自分のエッチな場所をどんな言葉で言えばいいのかもわからなかったし、
ここをこうして、なんて言ったらすごくスケベな女だと思われそうだし……」(25歳女性)

大胆な体位を求められたとき

「エッチのときはいつも正常位でするのに、たまにバックでしようと求められるとお尻の穴まで見えちゃうので恥ずかしい。
クンニをされるときも脚を開いて至近距離でアソコを見られちゃうから、
気持ち良くても恥ずかしくて途中で『やめて』って言っちゃうし、
アンダーヘアの処理とかが気になって全然集中できない」(21歳女性)

感じてる顔を見られた時

「エッチをしてるときは目を閉じてることが多いのですが、
ふと目を開けると彼が自分の顔を見つめていることに気づいたときは恥ずかしかったです。
気持ち良くてイキそうなとき、自分の顔がどうなっているか自分では確認できないので、
変な顔になってたらどうしようって思います」(28歳女性)

つい喘ぎ声が出てしまった時

「エッチのとき、声を出すのが恥ずかしいと思ってしまう。
でも彼はもっと私の喘ぎ声が聞きたいみたいで、色んな所を触られたり、おもちゃで責められたりして
ついAVみたいに大きな声が出てしまったときはすごく恥ずかしかった」(23歳女性)

女性はエッチのとき、ただ快感を求めるだけではなく自分が彼からどう見られているのかということも気になるものです。

ましてやエッチの時は自分ですらあまり目にすることのない大切な部分を相手に見せるわけですから、恥ずかしいと思うのも仕方ありませんよね。

恥ずかしいときの対処法


エッチは愛情を確かめあうための行為だし、と思っても、やっぱり恥ずかしいものは恥ずかしい!

そんな女性におすすめの対処法はこちらです。

最初は部屋の明かりを暗くしてもらう

自分の身体を見られるのが恥ずかしい女性は、慣れるまでは部屋の明かりを消してもらうか、間接照明のみにして欲しいと彼に伝えるのが良いでしょう。

しかし真っ暗にすると全く何も見えなくなって恥ずかしさも減りますが、大好きな彼の顔も見えなくなってしまいますので、真っ暗より薄明りがあるのがおすすめ。

ぼんやりとした間接照明はムードも演出できるのでエッチを盛り上げるためにもおすすめです。

恥ずかしいと正直に伝えてみる

エッチをするのが恥ずかしくて、ついもじもじしてエッチに積極的になれないと、彼からは「エッチをするのが嫌いなのかな?」と誤解されてしまう可能性があります。

そんなときは正直に、エッチをするのはイヤじゃないけれど、恥ずかしくて大胆に色々できない、ということを伝えましょう。

どうすれば恥ずかしくなくなるのか、彼も一緒に考えてくれるはずです。

楽しむことに集中する

感じたり喘いだり、エッチの時自分がどう見られているのか気になりますよね。

恥ずかしい気持ちが強いとなかなか大胆に振る舞えなかったり、気持ちいいと感じられなかったりすることもあります。

そんなときは考え方を変えて、とにかく彼とイチャイチャして気持ち良くなりたい!エッチを楽しみたい!ということに集中してみてはいかがでしょうか。

どう見えているかよりも、自分が楽しめるかどうかという方向にシフトチェンジして、思い切って全部彼に色んな自分の姿をさらしてみましょう。

大胆に服を脱ぎ捨て、思いきり感じて目いっぱい喘いで、自分を解放してあげるのです。そうすればエッチがより気持ち良くなり、恥ずかしさも吹っ飛んでしまうでしょう。

少しずつ慣れていく

正直に申し上げるなら、恥ずかしさへの対処法で一番効果的なのは、慣れること!

最初のエッチから恥ずかしさがなくなって、大胆になれる人なんてほぼいません。エッチをしながら少しずつ恥ずかしさがなくなるまで、回数を重ねましょう。

相手に見られるという恥ずかしさは男性も同じですし、何回もお互いの身体や感じている顔を見ているうちに、心も身体も相手に慣れてきて少しずつ恥ずかしさもなくなっていくはずです。

>>二人の距離を縮める…カップル向けのバイブはこちら

恥ずかしがる女性は男性人気が高い?


エッチのとき、つい恥ずかしくなって戸惑ってしまうという女性に朗報です。

エッチで恥ずかしがる女性って実は、男性からは人気が高いんです。

エッチの時に恥ずかしがる女性について、男性の意見を聞いてみました。

恥じらっている姿がかわいい

「彼女とエッチをするとき、いつも彼女が『恥ずかしい…』と身をよじったり、顔やアソコを隠そうとしたりするのがかわいい。
もう何回もエッチをしている仲だけど、恥じらいは大事だと思うし、
まだまだ新鮮に自分のことを男性として意識してもらえていると感じる」(28歳男性)

慣れていない感じがして嬉しい

「自分の彼女はちょっと見た目が派手なタイプで、経験豊富そうに見えるのにエッチの時はいつも恥ずかしがる。
遊んでそうなのに実はあんまり男に慣れてないっていうギャップを感じてグッとくるし、
自分だけが彼女のエッチな姿を見られてるんだと思うと単純に嬉しい」(25歳男性)

徐々に大胆になっていくのを見たい

「エッチのとき、最初は恥ずかしがってされるがままになっていた彼女が、
回数を重ねるたびに慣れてきて自分から動いたりするようになっていくのを見るのが楽しい。
自分が彼女の知らない部分を開発できているような気になるし、
どんどん大胆になっていく姿を見ていたい」(30歳男性)

恥ずかしがっているのが逆にエロい

「身体に自信がないから、なんて言って恥ずかしがりながら服を脱ぐ姿が逆にエロいと思う。
たまに服を着たままエッチするときは、恥ずかしがる女の子を無理やり犯しているような気持ちになって興奮する」(22歳男性)

以上のように、男性にとって女性が恥ずかしがる姿はエッチをより盛り上げるスパイスのような役割を果たしていることもあるということがわかりますね。

恥ずかしいと感じることも、女性としては自然なことです。そんな女性らしさが男性の本能的な欲望を駆り立てるのでしょう。

まとめ

性的にポジティブになりつつある今の時代では、エッチは男女が愛情を確かめ合ったり、より親密な関係になるためのコミュニケーションのひとつ。

決して恥ずかしいことやはしたないことではありません。

しかし、女性ならではの羞恥心で、身体を見られたり、自分からちょっと大胆に振る舞ったりすることを恥ずかしいと思うのは自然なことでもあります。

また、恥ずかしがる女性の姿に可愛らしさや女性らしさを感じて好きだという男性も少なくありません。

もう何回もエッチしているのに、いつまでも恥ずかしがっているのは彼氏に悪いのではないかと思うのであれば、その恥ずかしいという思いを彼に正直に伝えてみるのも良いでしょう。

もっとエッチを楽しみたいのに恥ずかしさが邪魔をして集中できないのであれば、恥ずかしさを減らしていく方法も彼氏とふたりで考えていきましょう。

話し合い、お互いの気持ちを分かり合いながらするエッチはきっとふたりの絆を深め、より親密で濃密なコミュニケーションになるはずです。

(オトナの恋カツ編集部)