「Gスポットってよく聞くけど、実際どこにあるのかよくわからない」

「Gスポットでイク時ってどんな感じなんだろう?」

……こんな悩みを抱える人、けっこう多いのではないでしょうか?

性感帯としてメジャーな場所ではあるものの、たまたま見たAVが知識の元だとすると、その知識が間違っていることは多くあります。

そこで今回は、Gスポットはどこにあって、どんな快感が味わえるのか、開発するためにはどうすれば良いのかをまとめました。

Gスポットについて正しい知識を身に付けて、中イキを体験してみたい人はぜひ読んでみてください。

Gスポットってなに?今更聞けないGスポットの場所と開発方法

Gスポットとは?どの部分?

Gスポットとは、膣内にある性感帯の1つです。

指を膣口から第二関節辺りまで入れて、上部にあるざらざらした部分がGスポット。

Gスポット

ただ人によってはGスポットの位置が左右にずれていたり奥にある場合があります。

ドイツの産婦人科医、エルンスト・グレーフェンベルクの名前からGスポットと名付けられました。

大きさは、10円玉よりやや小さい程度。感覚としてはクリトリスを裏側から刺激することによって快感が得られるイメージです。

Gスポットは、誰でも最初から気持ち良さを感じられる場所ではありません。

最初は痛みや違和感しか感じないこともありますが、時間をかけて何度も刺激を繰り返すことで徐々に快感を得られるようになります。

Gスポットでオーガズムを感じられるようになれば、より強い刺激が得られるようになるだけではなく、愛液が出やすくなって膣も引き締まるので、よりセックスが楽しくなりますよ。

Gスポットが気持ち良い理由とは?

次は、Gスポットが気持ち良い理由を解説します。

仕組みを知らなくとも特に問題はないですが、イメージできれば開発がしやすくなるでしょう。

クリトリスを刺激できるから

Gスポットがある場所は、恥骨の裏側辺りです。場所的にはほぼクリトリスの裏に位置します。

つまりGスポットを刺激することで、クリトリスを間接的に刺激を与えることで快感が得られるとされています。

クリトリスの感度が良い人であれば、Gスポットでも感じやすい体質である可能性は高いでしょう。

知覚神経が多く通っているから

膣内にはもともと、神経が通っていないとされていました。

しかし最新の研究の結果、Gスポット周辺には知覚神経があることがわかりました。

知覚神経があれば刺激された感覚を掴みやすく、触れられて気持ち良いと感じられるため性感帯として発達しやすくなります。

Gスポットでどんな快感が味わえる?中イキ体験談

Gスポットが開発できるとどんな快感が味わえるのか、体験談をまとめました。

体ががくがくと震える

「初めはよくわからず、なんとなく雰囲気に流されて声を出していました。
ただ1年近く長く付き合っていた彼と定期的にセックスしていて徐々に自分のGスポットがわかるようになってくると、騎乗位で感じられるようになりました。クリトリスでイクのとは違って、体ががくがく震える感じです。」(21歳・女性・学生)

1年長く付き合っていた彼とだからこそ、感じられるようになったみたいです。

いろいろな男性と遊んでいる人よりも、同じ人と長く付き合う方が開発が進みやすいのかもしれませんね。

オナニーで開発できる

「彼を喜ばせたくて、自分でGスポットを試してました。
最初は気持ち良さがわからなかったのですが、クリトリスと同時に刺激することでなんとなく感覚が掴めました。
結果彼との騎乗位で潮吹きが出来るようになり、喜んでもらえました。」(24歳・女性・会社員)

彼氏とのセックスだけで開発するのではなく、オナニーをして開発することで比較的早くコツを掴めるようになります。

Gスポットを開発すると潮吹きができるようになり、パートナーの男性を喜ばせられるかもしれません。

挿入後の快感がアップした

「彼女を潮吹きさせたくて、ネットで得た知識でGスポットを指で軽く押しました。
彼女は濡れづらい体質なので指を入れるのが難しく、クンニをたっぷりした後で指でよくほぐし、Gスポットを刺激しました。
会う頻度が多かったこともあり、Gスポットを念入りに刺激するようになって1ヵ月くらいで腰をがくがく震わせてイカせられるように。それからは騎乗位での潮吹きも体験できて、試して良かったと思っています。」(27歳・男性・会社員)

Gスポットを開発することで、前戯がより盛り上がりやすくなりそうですね。

開発してからは挿入後の感度がアップしてより盛り上がりそうです。

Gスポットでイキたい!開発方法を紹介

Gスポットでイキたい!開発方法を紹介

次はGスポットの開発方法を解説していきます。

もちろん個人差はありますが、はじめは時間がかかるものなので、焦らずにゆっくりと慣らしていきましょう。

自分の指で開発する

Gスポットを開発する一番シンプルな方法は、自分の指で刺激を与えて慣らす方法です。

自分の指であれば力をコントロールしやすく、適度な刺激を与えやすいためです。

指を中に入れる場合、濡れていないのであればローションやジェルを使いましょう。

乾いた状態では痛すぎて挿入できないので、できればクリトリスを使ったオナニーで膣をほぐした上、脳のスイッチを切り替えましょう。

また、爪が伸びている場合は膣の内側が傷ついてしまうので指での開発はできません。

方法としては、指を第二関節までいれて上側のざらざらした部分を探します。見つけたら、その場所を軽く押し込むイメージで刺激していきます。

気持ち良さが感じられない場合、同時にクリトリスを刺激することで脳が気持ち良いと錯覚するようになり、スムーズに開発できます。

アダルトグッズで開発する

Gスポットを刺激できるアダルトグッズを使うことで、効率的に開発が可能です。

指とは違い小刻みで連続的な刺激を与え続けられるので、自分の意思とは違った快感が得られるのがメリット。

爪が長いけどオナニーのために切りたくない人にも、アダルトグッズはおすすめです。

Gスポットを開発する場合、膣の内部にアダルトグッズを挿入して使います。

使用前と使用後にきちんと消毒して使いましょう。多くのアダルトグッズは強弱が調節できるので、弱い刺激から与えていきます。

いきなり強い刺激を与えてしまうと痛みしか感じられないためです。中が濡れていない場合はしっかりとローションを使ってから挿入しましょう。

パートナーに刺激してもらう

自分で開発が怖い場合、パートナーの男性に刺激してもらうようリクエストしましょう。

男性からしても、「ここを触って欲しい。」と頼まれて嫌な気分になる人はいません。

関係が長く続けば、男性側もポイントを掴んできます。指をいきなり入れるのではなく、クリトリスへの刺激やクンニで充分に慣らしてから指を入れてもらいましょう。

Gスポットを触る(刺激する)ときの注意点

Gスポットを刺激する場合の注意点をいくつかまとめました。

やり方を間違うと膣の内部が傷つき、しばらく痛みを感じてしまうので注意しましょう。

ガシガシと指を強く動かさない

Gスポットで勘違いされがちなのが、ガシガシと激しく指を動かすことです。

よくAVでは男優が手を激しく動かし、スッと抜いた瞬間に潮が溢れるシーンがありますが、あれは演出によるものです。

慣れていない体で強く動かそうとするとただ痛みしか感じず、Gスポットが開発されることはありません。

まずは指の腹の柔らかい部分でゆっくりと押し込むことで刺激を与えていきましょう。速く動かすのは厳禁です。

ローションやジェルを使って濡らしてから行う

自分で開発を行う場合は指で行う場合でもアダルトグッズを使う場合でも必ずローションやジェルを使って行いましょう。

クリトリスへの刺激だけで中がたっぷり濡れているのであれば問題はないですが、基本的には用意しておくことをおすすめします。

乾いた状態では指は入らないですし、快感を得られることもありません。

爪は短く切る

自分で刺激してGスポットを開発しようと考えているのであれば、爪は短く切っておきましょう。

右利きであれば右手の中指だけを短くしておけば問題ないですが、極端に中指の爪だけ短いと日常的にオナニーしていることがバレる可能性があります。

ネイルが気に入っていて切りたくない人や、不自然に短い爪を見られたくない人は、アダルトグッズを利用しましょう。

Gスポットを刺激できる体位は?

Gスポットを刺激できる体位は?

Gスポットは、指だけでなく挿入してからももちろん刺激ができます。

次はGスポットを刺激しやすい体位を紹介します。

正常位

正常位は、比較的簡単にGスポットが刺激できる体位の1つです。

男性側にある程度テクニックが必要になりますが、意識して膣の上側を擦るようにしてもらえれば自然とGスポットに当たります。

ただ深いストロークが続くだけでGスポットに刺激が来ない場合は、腰の下にクッションを敷いてみましょう。

そうすることで膣の角度が変わり、Gスポットを刺激しやすくなります。

騎乗位

騎乗位は、女性の腰の動かし方によって当てられる場所が変わる体位です。

膝を立てて上下のピストン運動をすることで膣の奥を、前後にグラインドする動きをすることでGスポットを刺激できます。

Gスポットは手前の方にあるので、抜けるか抜けないかギリギリの角度で前後に動くことで上手くGスポットを刺激できるでしょう。

対面座位

いちゃいちゃしやすいのが魅力の対面座位ですが、実はGスポットを刺激するには適した体位です。

手をつきながら後ろに傾く様な姿勢を取って、腰を前後にグラインドさせることでGスポットを刺激できます。

騎乗位で腰の動かし方に慣れてきた人におすすめです。

Gスポットを刺激するのにおすすめのアイテム

Fancy Lover

Fancy Loverの電動マッサージ兼バイブは、先端が細いタイプのアダルトグッズです。

Gスポットを開発するためには膣の中に挿入する必要があります。

ただ内部に挿入して使うバイブのほとんどは男性器並みのボリュームを持ち、慣れていない人からすると痛みしか感じません。

Fancy Loverのバイブであれば、先端部分が1cm程度と挿入するのに違和感を感じることがありません。

Gスポットだけでなくポルチオの刺激もできるので、膣の内部を開発したい人にもってこいのアダルトグッズです。

ヘッドを付け替えることで、クリトリスや乳首を刺激するのにも便利です。

見た目もおしゃれで、パッと見でアダルトグッズに見えないのもポイント。

MUYUNB吸引バイブ

MUYUNBの吸引バイブは、バイブとディルドと吸引効果の3つの効果を合わせ持つアダルトグッズです。

性質上、クリトリスとGスポットを同時に刺激可能なので、クリトリスでのオナニーには慣れているけどGスポットはあまり感じない人にもおすすめ。

吸引機能によって、クリトリスを舌で吸われている感覚を楽しめるので、1台で様々な使い方を楽しみたい人は試してみましょう。

Singertop 装着型バイブ

Singertopから出ているバイブは、指に装着が可能なタイプのバイブです。

指に繋げることでコントロールが効きやすく、狙ったところに刺激を与えやすいのがポイント。

挿入部とは別にクリトリス刺激用のバイブも繋がっているので、人差し指と親指を上手く使ってクリトリスとの同時刺激を楽しみましょう。

男性の指にももちろんはまるので、パートナーの男性との行為中に使ってもらうことでより開発が進むはずです。

>>その他の「おすすめバイブ」はこちら

まとめ

今回は、Gスポットの位置や開発方法、刺激しやすい体位を解説していきました。

Gスポットは、数多くの人が性感帯として持っている部位ですが、最初から誰もが感じられるわけではありません。

そのため、じっくり時間をかけて開発することで初めてGスポットによる快感が得られるようになります。

セックスを繰り返すことでも自然と開発されますが、早く慣れたい人や潮吹きがしたい人は、自ら開発することをおすすめします。

ジェルやローションを使って慣らし、Gスポットで中イキに挑戦してみましょう。

(オトナの恋カツ編集部)