ムワッとするデリケートゾーンの臭い。「自分が感じるほど臭う=他人にはもっと臭っているのかも」と不安になりますよね。

汗や尿の臭いがある程度するのは仕方がないですが、あまりきつい臭いだと「何か対策をしなきゃいけないかも」と感じてしまいますよね……。

今回は、デリケートゾーンの臭いの原因と予防策、性感染症の疑いのある臭いについて紹介します。

「デリケートゾーンの臭いをなんとかしたい」と思っている人は参考にしてください。

デリケートゾーンの臭い予防まとめ!原因別に対策も紹介

デリケートゾーンの臭いの原因は?

デリケートゾーンが臭うのは雑菌が繁殖するせいです。

デリケートゾーンは、おしっこやうんちなどの排泄物も触れますし、熱もこもりがちな部分。

生ゴミと一緒にするのはなんですが、常に暑くてジメジメしているところに生ゴミを置いていたらすぐに臭いますよね。それと一緒で、デリケートゾーンは環境的にも雑菌が繁殖しやすく、臭いがこもりやすいのです。

この項では、とくに雑菌が繁殖しやすくなるなどの「臭うかも……」の原因を紹介します。

デリケートゾーンがきれいに洗われていない

きれいに洗ったつもりで恥垢が残っているのがデリケートゾーンです。粘膜の裏やシワの間に残った汚れが臭いの原因になります。

よく泡立てたきめ細かい泡で優しく丁寧に洗ってあげる必要があります。

デリケートゾーンをゴシゴシ洗う習慣がある

デリケートゾーンをきれいにしようとゴシゴシ洗うのはNG。

強く洗うことで、デリケートゾーンを保護する部分まで洗い流してしまい、肌荒れの原因になってしまいます。

肌が荒れると雑菌も繁殖しやすくなるため、臭いが強くなってしまうんですね。

毛や下着・服の通気状態が悪く蒸れている

VIOの処理をしていなかったり、きつい下着や服をきているとデリケートゾーンが蒸れてしまいます。

適度な温度と湿度があると雑菌が繁殖しやすくなるのは、知っていますよね。

特に下着は、かわいくてお洒落なもので手の届きやすい価格のものは、生地の通気性が悪いです。少し高くても通気性の良いものを買いましょう。

毛量が多く毛が臭いを吸着している

VIOの処理をしていないと、毛が必要以上に体臭を吸収・保持してしまいます。

髪もきちんとケアしていないと頭の臭いを吸収して、悪臭の原因になることがありますよね。それと一緒です。

ツルツルのハイジニーナになる必要はありませんが、性器周辺のIラインと肛門周辺のOラインは本来なら毛が生えている必要のない場所です。

この2つの部位は処理しておきたいですし、Vラインも適度な量に整えておきたいですね。

生理や排卵日付近でホルモンバランスが乱れている

ホルモンバランスが崩れると体臭に変化が起こります。

とくに女性の場合は生理などによってホルモンバランスが変化しやすいため、体臭のみならず、食欲の増減や気分の浮き沈みなど、人によっておこる変化はさまざまです。

食生活が乱れ・偏っている

ファーストフードばかり食べていたり、肉に偏った食生活をしていると体臭自体が臭くなります。

デリケートゾーンの臭いも食生活の偏りでかなり差が出るので、注意したいですね。

膣からの分泌物が臭い

おりものや月経血が臭いとデリケートゾーンの臭いも強くなります。

膣からの分泌物には臭いがつきものですが、あまりにもいつもの臭いと違う場合は、性感染症や子宮系のトラブルを抱えている可能性があります。

変だなと感じたらレディースクリニックを受診しましょう。

汚れたままの下着や生理用品を使っている

飲み会から帰ってきて、シャワーも浴びずにそのまま寝てしまったり、量が少ないからと一日中同じナプキンを使っていると臭いがきつくなります。

取り替えればいいと思うかもしれませんが、料理でニンニクを使ったとき、指先に残った臭いは洗っただけでは取れないですよね。

肌についた臭いはなかなか取れないのです。

性病にかかっている

性感染症にかかっていると臭いがきつくなることが多いです。

無自覚・無症状の性感染症もあるので、一概にそうとはいえませんが、おりものの色や量、臭いに異常を感じたら病院を受診しましょう。

デリケートゾーンからこんなにおいがする場合は要注意!

デリケートゾーンからこんなにおいがする場合は要注意!

通常のデリケートゾーンの臭いは、個人差があるものの、汗と尿の臭いが混ざった生臭いにおいであることが多いです。

性感染症(STD)などになった場合は、臭いとおりものの量と色に変化がある場合がほとんどです。

「何か変」と感じたら、病院を受診した方がいいでしょう。

どんな症状が出るのが「ちょっとまずい」のか対応も含めて紹介しますね。

黄色みがかったおりもの+臭いはクラミジアかも

性感染症の1つのクラミジアになった場合は、黄色みがかったおりものが出ていつもと違う臭いになる場合があります。

クラミジアは、セックスでうつる場合がほとんどで、女性は8割り程度の人が無症状だそう。

痛みがないからといって放っておくと、子宮系の病気につながる場合もあるので、病院を受診しましょう。

カッテージチーズ状のおりもの+臭いはカンジダ症かも

処女でもなる性感染症として有名なのがカンジダ症です。

体調不良だったり、免疫力が低下していると発症することがあります。

カッテージチーズのような真っ白でポロポロしたおりものが出るのですぐにわかりますよ。臭いもチーズ臭に似た酸っぱい感じの臭いになります。

こちらも症状が出たら病院の受診がおすすめです。

黄色・茶色系のおりもの+臭いは淋病かも

淋病のおりものはウミのような形状になる場合があるそう。

いつもより黄色い、茶色いという色の変化で気づくことも多いようです。臭いもきつくなるので、「おかしいな」と感じたら病院を受診しましょう。

放置しておくと不妊の原因になってしまいます。

大量の黄緑色のおりもの+臭いはトリコモナスかも

黄緑がかったおりものが大量に出る、臭いがかなりきついといった症状があるなら、トリコモナスかもしれません。膣周辺にかゆみを覚えたり、下腹部に痛みがある場合もあります。

女性は自覚症状がない場合も多いのですが、セックス以外にもタオルの共有や浴槽からうつる場合があるので、異常を感じたら病院を受診しましょう。

強烈なアンモニア臭と茶色いおしっこは水分不足かも

暑い夏の日にトイレに立ったら、茶色いおしっこと一緒に公衆トイレの臭いがすることがあります。

もしかしたら、水分不足で熱中症になりかかっているのかもしれません。

水分が不足していると尿が臭いのきついおしっこになりがち。色も濃くなり、トイレから立ったときに強烈なアンモニア臭になるのです。

暑い時期は喉が渇く前に水分補給をしましょう。

性病検査は自前でもできるけど婦人科を受診して

「性病かも」と思ったとき、恥ずかしさから婦人科の受診をためらう人もいますが、迷わず受診しましょう。

自覚症状が我慢できる範囲でも、放置しておいてよくなる病気はありません。

不妊の原因や子宮系の他の病気の原因になるものも多いので、早めに受診して治すのが自分のためです。

においを予防するにはどうするの?

においを予防するにはどうするの?

デリケートゾーンの臭いを予防するための方法をご紹介します。

性感染症の場合は、「パートナーを固定する」「セックスのときはコンドームをつける」「衛生的な環境でセックスする」といったことが重要です。

その他の場合の臭い予防を紹介しますね。

VIOラインを正しい方法で優しく洗う

デリケートゾーンの臭いの原因の大半が雑菌の繁殖によるものです。

雑菌の繁殖の温床になる汚れをきれいに洗い流すことで予防になります。

女性のデリケートゾーンは、ひだひだの粘膜が複雑に重なっているので、汚れを見落としやすく、洗ったつもりで洗われていないことが多いのです。

一度、鏡で自分のデリケートゾーンをチェックして、どこに汚れが溜まりやすそうか触ってみましょう。

洗顔と同じようにいっぱいの泡で優しく包み込むようにして洗ってあげると、細かい汚れも落ちますよ。

VIOライン専用のケア用品を使う

デリケートゾーンを洗うとき、「泡立ちがいいし、細かい汚れが落ちるから」と洗顔用品を使う人もいますが、おすすめはVIO専用のケア用品を使うことです。

泡立ちもいいですし、VIOの乾燥・臭い予防になる成分が入っているものも多く、1本持っているだけで総合的なケアが叶うものが大半です。

ケア用品は、石鹸、ソープ、ジェル、クリームなど多くの種類がありますが、まずは汚れをきちんと落とすための石鹸とソープを揃えることをおすすめします。

VIOラインの無駄毛を正しい方法で処理する

VIOラインの無駄毛を正しい方法で処理すると、汚れや臭いを止めておくものがなくなるので予防になります。

ただし、VIOラインの毛の処理をカミソリや毛抜きで行うのはNGです。

肌への負担が大きいので、黒ずみなどの肌荒れの原因になってしまいます。傷がついてしまった場合、そこから雑菌が入って病院を受診するハメになることもあるのです。

VIO専用の電気シェーバーやブラジリアンワックスなどを使って脱毛し、脱毛後は肌ケアを怠らないようにしましょう。

デリケートゾーン専用のシャンプーを使う

デリケートゾーン専用のシャンプーを使うのもおすすめです。

太くて硬い陰毛が柔らかく肌触りのいいものになるだけでなく、一日中いい香りになりますよ。

髪に使うシャンプーを使ってもいいのですが、洗い流すときに洗い残しがあるとかぶれの原因になってしまうので注意が必要です。

デリケートゾーン専用のシャンプーなら、肌荒れがしにくいようにデリケートゾーンのphに調整されています。できれば専用のものを使いましょう。

生活習慣を見直しホルモンバランスを整える

生活習慣が乱れたりストレスがたまるとホルモンバランスが崩れます。

ホルモンバランスが崩れ、生理や排卵が予定日通りにこないと臭いもきつくなることがあるのです。

生活習慣の乱れやストレスに自覚があるなら、快適な生活になるように見直しましょう。

果物・野菜中心の生活にする

油の多い肉中心の食生活にしていると体臭が臭くなる、という話を聞いたことがありませんか?

偏った食生活は、体の臭いにも反映されます。

実際、ムーンカップの利用者の中には「歓送迎会が多く、肉ばかり食べていたら翌月の生理の月経血の臭いが強くなった」という人もいるほどです。

果物・野菜中心のバランスのいい食生活に切り替えることで、体の臭いも調整できますよ。

「いい匂いになるサプリ」や「体臭が気にならなくなる食品」を試してみるのもおすすめです。

適度な運動をして毛穴に詰まった汚れを汗で流す

運動習慣のない人がたまに汗をかくと、自分でもびっくりするような臭いになることがあります。

これは、毛穴に詰まった汚れが汗で押し流されることで発生する臭いです。

こまめに運動をしていて、汗を流す習慣のある人はそんな臭いはしません。適度に運動をして汗を流すことは、ストレス発散にもつながります。

運動をする時間がない場合は、熱いお風呂と冷たいシャワーを交互に浴びる交互浴を利用するのもいいでしょう。

生理用品はこまめに取り替える

生理用品はこまめに取り替えましょう。特に気をつけたいのがオムツタイプのもので過ごした日と量が少なくなってきた日です。

オムツタイプは長時間着用していても漏れない安心感から、つい付けっぱなしで過ごしがちです。

ナプキンも量が少なくなってくると1枚で一日過ごしてしまいたくなりますが、定期的に取り替えましょう。

外した後のトイレ内がムワッと臭うのは、長時間つけすぎのサインです。

生理中や濡れていない状態でセックスしない

生理中や十分に濡れていない状態でのセックスは避けましょう。

この状態でのセックスは膣内を傷つけ、雑菌を入れてしまう可能性が高くなります。

膣内の状態が荒れたり、雑菌が繁殖すると体調不良の原因になるだけでなく、悪臭の原因にもなるのです。

濡れが少ない場合は、パートナーにローションを使ってもらうといいですね。

汗をかいた下着はできるだけすぐに取り替える

汗をかいた下着は、できるだけすぐに取り替えましょう。会社に勤めていると日中に取り替えることは難しいですよね。

そんなときは、朝晩二回下着を取り替えるのがおすすめです。

お風呂上がりに取り替えてそのまま寝たなら、朝起きてから取り替えて寝ている間の汗をリセットするだけでも違いますよ。

普段からおりものシートを使って清潔にする

下着をこまめに取り替える代わりに、おりものシートを使って隠部が直接当たる部分だけリセットするのも予防手段の1つです。

排卵日前後や生理が終わりかけのときにおりものシートを使う人は多いと思いますが、汗をよくかく時期に使っても大丈夫です。

トイレ休憩のたびに取り替えるだけでデリケートゾーンを清潔に保つことができます。

デリケートゾーン用のシートを使う

汗を拭くためのでオドランドシートもデリケートゾーン専用の商品があります。

日頃からおりものシートを使うのは嫌だし、下着をこまめに取り替えるのも難しいという人は、化粧品用のポーチに1つ入れておくと便利です。

一時的とはいえ、さっと一拭きするだけで臭いが解消します。

デリケートゾーンOKの香水やミストを使う

デリケートゾーンに使用できる香水やミストを使って、一日中いい臭いにする手もあります。

デリケートゾーンの臭いを香水で上書きする形になるので、他のケアと併用することにはなりますが、自分のデリケートゾーンからふんわりのいい匂いがするのは気分がいいですよ。

デリケートゾーンのにおいには丁寧なケアを

デリケートゾーンの臭い対策は、日頃の丁寧なケアがポイントです。

汚れが落ちていないために雑菌が繁殖し、臭いがきつくなることが多いので、たっぷりの泡で優しく丁寧に洗いましょう。

デリケートゾーンの汚れは、目で確認しにくく、シワが複雑に刻まれているので落としにくいです。

一度、鏡で自分のデリケートゾーンをチェックし、どこに汚れが溜まりやすいか見ておくといいですよ。

デリケートゾーン専用のケア用品も売っているので、専用ソープで洗った後にクリームでケア、お出かけ前は香水をつけ、お出かけ中に気になるようなら専用シートで汚れを落とすのがいいでしょう。

手間だと感じるなら、専用ソープとクリームでのケアだけでも大丈夫ですよ。

おりものの量や色にも違和感を感じるなら、レディースクリニックに相談しましょう。性感染症などの症状である可能性があるからです。

(竹澤こずえ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)