VIOの処理、やっていますか?

毎年、夏になると「今年こそVIO脱毛にチャレンジする!」という人が増えるのですが、今年はコロナの影響もあって「別にいっか」となっている人も多いようです。

でも、VIO処理のメリットは「肌を露出しやすくなる」だけではありません!

肌を露出しする以外にもVIO処理のメリットは数多くあり、「処理なしの人生は考えられない」という経験者もいます。

とはいえ、やってみたいと思ってはいるものの、「やり方がわからないし、怖い」という人もいますよね。

デリケートゾーンは、ワキや腕よりも敏感で大切な部分だからこそ「正しいやり方で、問題なく処理したい」ものです。

そこでこの記事では、「VIO処理デビューしたい」という人のためにVIOの安全な処理方法やメリット・デメリットを紹介します。

VIOの安全な処理方法は?処理するメリットとセルフ処理の注意点

[目次]
1. VIOの処理はスタンダードになってきている?
2. VIOの処理をするメリット
3. VIOのパーツ別・安全な処理方法~Vライン編~
4. VIOのパーツ別・安全な処理方法~Iライン編~
5. VIOのパーツ別・安全な処理方法~Oライン編~

VIOの処理はスタンダードになってきている?

脇や腕の無駄毛ならともかく、デリケートゾーンの毛の処理ときいて「VIOの処理をするなんてプロだけでしょ」と思った人もいますよね。

VIOの処理をするのはモデルやセクシー女優だけというのは、もう時代遅れになっています。

約半数の女性がVIO処理をしている事実

2020年に、パナソニック株式会社が18~34歳の女性500名を対象に調査したVIO脱毛に関する意識調査では、Vゾーンの処理をしている女性が54%。その中で毛がない状態にしている人が約10%もいました。

調査では「誰かのためではなく、自分が快適に過ごすために手入れをしている」という意見が最も多く、Vゾーンしかお手入れをしていない人も「できればVIO全てのゾーンをお手入れしたい」と考えているようでした。

中には、一度お手入れをしてしまったらあまりにも快適で「もう手入れをしない生活は考えられない」という人もいたほどです。

海外ではVIO処理は10代からが当たり前

実は、VIO処理は、海外では当たり前のこと。

日本では、初潮がきたときですら「親には言ったけど、友達にはいえなかった」という方も多いように思います。

しかし、欧州やアメリカでは「足や腕の無駄毛処理と同じように友達にも話す」のが普通なんだそう。

親世代も当然のようにVIO処理をしているから、処理のやり方や道具の使い方を親や年上のきょうだいに教わる人も多いのです。

ツルツルの状態が理想という女性の意見も

10代から30代の女性を対象にしたアンケートによると、「今はVラインしか処理していないけれど、理想はツルツルの状態」という人が約半数をしめました。

また、VIOラインを処理している人のほとんどが自分で処理しているとのこと。

自己処理でI・Oラインを整えるのは「こわい」「難しい」と考える人が多いので、「(今はできていないけれど)理想はツルツル」ということなのでしょう。

男性の本音は「女性にVIO処理していてほしい」

男性の視線を気にしてVIO脱毛をしている女性より、自分自身が快適に過ごすためにVIO脱毛をしている女性のほうが多いようです。

ただ、多くの男性も「抱きたい女性のVIOは処理されていたほういい」と考えているのだとか。

「AVの見過ぎっていう彼女もいたけど、やっぱり処理してある女性のほうがいい」(28/金融関係)

「Vラインはともかく、Iラインは毛がないほうがいい。
舐めるときに舌に毛が絡まるし。Oラインは毛があるとひく」(33/飲食)

「Iラインがきちんと処理されてると、セックスのときの密着感が増して気持ちいい。
もちろん、僕も自分のVIOは処理しています」(24/大学院生)

脱毛サイトを運営している会社のアンケート調査によると、60%近い男性が「VIO脱毛している女性とセックスしたい」と答えたそうですよ。

VIOの処理をするメリット

VIOの処理をするメリット

VIOの処理をするメリットについて紹介しますね。

一度処理をしてしまったら、「もう戻れない」と感じる女性も少なくないVIO脱毛。

VIOの毛がまったくない「ハイジニーナ」という状態にする女性もいますが、どんなメリットがあるのでしょうか。

水着はもちろん普段着も迷いなく選べる・着られる

VIO脱毛の一番のメリットは、きわどい下着や水着・洋服を迷わず着られることです。

かわいくてエッチな下着は、VIOラインをきちんと処理していないと毛がはみ出て台無しになってしまいます。

誰のためでもなく、自分のお洒落をするためにも、「下の毛を気にせず選べる」のはテンションが上がりますよね。

生理中やおりものが多い日も衛生的

VIOラインを処理していると、生理中や排卵日のおりものが多い日も衛生的に過ごせます。

生理中、毛についた血を拭うのに何度もトイレットペーパーを使うのは面倒ですし、肌への負担も大きいですよね。

Iラインがすっきりしていれば、生理中でもいつもの感覚で過ごせます。

生理用のナプキンもよりフィットしますし、ムーンカップやタンポンを入れるときに毛を巻き込む心配もありません。

デリケートゾーンのムレが少なくなる

暑い夏に、VラインとIラインのギリギリのところが蒸れてかゆくなった経験はありませんか?

Vラインの毛量を調整していると、ムレによるかゆみの発生頻度が下がります。

汗ものような状態になると、ちょっと擦れただけでもかゆくてたまりませんよね……。

暑くてシャワーだけにした日に、ボディソープの洗い流しが甘くてかぶれてしまったという人も、毛量が少なくなればその心配がなくなりますよ。

デリケートゾーンに臭いがこもらない

VIO処理をしていると、下着を脱いだときのムワッとした嫌な臭いともさよならできます。

おしっこの臭いはある程度仕方がないけれど、生理中の血生臭さやおりものが多い日のいやらしい臭いが嫌で困っている……なんて方も多いのではないでしょうか?

会社や公共のトイレを利用したときに、臭いまで気にしなくてよくなるのは、かなりストレス軽減になります。

きちんと処理すればVIOラインの肌がきれいになる

VIOラインの処理をきちんとすると毛穴がきれいになります。

また、洗いやすくもなるので、処理する前よりもより清潔な状態を保てるため、それも肌にとっていい影響をもたらしてくれるのです。

ブラジリアンワックスに代表されるワックス系で処理をした結果、「見違えるほど肌がきれいになった」という人もいます。

毛穴の汚れも一緒にとってくれるので、透き通るような肌のデリケートゾーンも夢ではありません。

デリケートゾーンの肌ケアがしやすくなる

VIOを処理していると、デリケートゾーンの肌ケアもしやすくなります。

デリケートゾーンの臭いや色の悩みを解消するために専用のケア製品を買ったとき「邪魔」と感じるのがVIOラインの毛。

処理していると、専用ローションや香水が毛につかないので、快適にケアできます。

セックスのときに余計なことを気にしなくていい

セックスのときに余計なことを気にしなくていい

セックスであそこを舐められるときや挿入されるときに、余計なことを気にしなくていいのもメリットの1つです。

舐められているときに、なんとなく舌が毛を避けるように動いているのを察して、なんだか申し訳なく思ったことはないですか?

パートナーの口に毛が入るのを気にする必要もないですし、ことが終わった後に散らばった毛をみてテンションが下がる心配もありませんよ。

下着がダサくても自信が出る

美容室で髪を整えてもらうとなんとなくテンションが上がって自信がつきますよね。

それと同じで、VIOラインがきれいに整っていると、自信につながります。

「きれいに整っていると、なんかテンションあがる」(24/販売/女性)

「彼氏がいなくても整えておくと、自分がなんかいい感じになる」(28/事務/女性)

という声もあるほどです。

VIOのパーツ別・安全な処理方法~Vライン編~

VIOのパーツ別・安全な処理方法~Vライン編~

VIOの処理のやり方をパーツ別に紹介していきます。

中途半端な知識で処理をしてしまうと、埋没毛や色素沈着の原因になるのはもちろん、カミソリ負けして、かえって肌がボロボロになってしまう場合もあります。

安全な処理方法を紹介するので、参考にしてくださいね。

まずはVラインの脱毛方法からご紹介します。

Vラインは足の付け根からデリケートゾーンの両サイドの部分

Vラインとは、足の付け根からデリケートゾーンのぷっくりとした丘になっている部分のこと。

ちょうど、アルファベットのVの形に見立てて「Vライン」と呼ばれています。

Vラインの処理は下着を脱いだときの見た目にも直結するので、バランスよく整えるのにテクニックを必要とします。

処理すると見た目が整い、下着や服を選ばなくなるだけでなく、生理や夏の暑い時期のムレ、臭いの予防にもなります。

無毛状態(ハイジニーナ)やハート型、スクエアカットにする人もいますが、男性ウケがいいのは「自然に整えただけ」の形のようですね。

ハイジニーナにしたり、ハート型に代表されるデザインカットにしたりすると、人によってはテンションが上がるかもしれません。カワイイ!と思うこともあるでしょう。

しかし、友達との旅行や温泉施設を利用する際にひかれたり、視線を感じたりすることもあるため、その辺の覚悟みたいなものは必要になってくるかもしれません。

Vラインを処理する手順

Vラインの毛を処理するときの手順は、大きく4ステップに分かれます。

1.形を決める
2.毛流れに沿って形を作る
3.中央は長めに外側は短く整える
4.おへそから下のVライン周辺をきれいにする

以下で、手順についてくわしく紹介していきます。

Vラインの形決めの方法:おすすめの道具と注意点

最初にVラインの形を決めます。Vラインの形は大きく分けて5種類です。

1.ナチュラル:元の毛の形を残しつつ下着からはみ出ないように整える
2.トライアングル:おへその下の部分を三角形の底辺にし、逆三角形に整える
3.スクエア:長方形になるように整える
4.ハート:おへその下の部分がハートの二つの頂点になるように整える
5.無毛(ハイジニーナ):全ての毛を剃る

自然な見た目になるナチュラル、トライアングルの人気が高く、ハートやハイジニーナは人によって好みがわかれます。

整えやすく、メンテナンスしやすいのもナチュラルやトライアングルなので、「初めてのV脱毛」の人はナチュラルかトライアングルにするといいでしょう。

Vラインの形決めのときにおすすめの道具は、形を整えるための型(市販であります)もしくはアイライナーと、デリケートゾーン専用のシェーバーです。

慣れるまでは、リキッドタイプのアイライナーで大まかな形を書くと失敗がありません。

形を整える時点で「絶対に残さない」と決まっている毛は、この時点で剃ってしまっても大丈夫です。

Vラインの毛の整え方:おすすめの道具と注意点

Vラインは、中央の毛ほど長く、外側の毛ほど短く整えていくのがポイントです。

このとき、外側の残す毛があまり短いとショーツから突き出てしまったり、セックスのときに相手の肌を刺激してしまうかも……。

あまり「やりすぎた」感が出ないよう、様子を見ながら整えましょう。毛流れに剃って徐々に剃っていくと、失敗が少ないですよ。

毛を整えるときは、必ずVIOライン専用のものを使いましょう。

電気シェーバーやブラジリアンワックス、ヒートカッターが便利です。長さの調整には眉用のハサミが便利ですよ。

眉や脇用のカミソリは、肌荒れや色素沈着、埋没毛の原因になるので使わないほうが無難です。

剃った後はきちんと保湿ケアをするのも忘れずに。顔そりのときと同じようにケアしてあげてください。

VIOのパーツ別・安全な処理方法~Iライン編~

VIOのパーツ別・安全な処理方法~Iライン編~

次にIラインの脱毛方法を紹介します。

Iラインは、股を開いたときに見える大事な部分の両サイドの毛のことです。これもアルファベットのIの形に見立てて「Iライン」と呼ばれています。

この部分は粘膜部分があるので、注意して処理をしないと粘膜を傷つけてしまいます。

傷口から細菌が入ると大事になってしまうので、鏡でチェックしながら慎重に処理しましょう。

Iラインを処理すると、生理の経血や排卵日付近のおりものが毛に付着しないので、快適に過ごせます。

セックスのときに相手の体を直に感じられるので、いつもより気持ちよく感じる人も多い部位ですよ。

Iラインを処理する手順

Iラインの毛を処理するときの手順は、大きく分けて2ステップです。

1.鏡を置いてIラインの毛の位置をチェックする
2.皮膚を伸ばしながら毛流れに沿って剃る

詳しい手順と注意すべきポイント、おすすめの道具を紹介します。

Iラインを処理する手順と注意点

Iラインの処理に鏡は欠かせません。大きめの鏡を用意してチェックしながら処理しましょう。

もし大きめの鏡を用意できなければ、メイク用の手鏡などでもいいでしょう。その場合は見える範囲が狭くなるかともいますので、しっかりと処理する部分が見えるように注意しながら行ってください。

準備ができたら、床に座って股を開き、Iラインが見えるように鏡を置いて、VIO専用のシェーバーで剃っていきます。

剃るときは粘膜を傷つけないように伸ばしながら、毛流れに逆らわないで剃ってください。

毛流れに逆らって剃ってしまうと、次の毛が生えてきたときにチクチクしますし、剃刀負けの原因にもなってしまいます。

おすすめの道具は、VIOライン専用のシェーバーかブラジリアンワックスです。

ブラジリアンワックスの方が美しい仕上がりになりますが、かなり痛いので覚悟して処理しましょう。

全ての毛をきれいに剃りたい部分でもありますが、粘膜に近い部分はあえて数本残しておくのも手です。

粘膜を傷つけると、のたうつほど痛むので、慣れないうちは残すことも考えましょう。

VIOのパーツ別・安全な処理方法~Oライン編~

VIOのパーツ別・安全な処理方法~Oライン編~

最後にOラインの脱毛方法を紹介します。

Oラインは自分では見にくいですし、体が硬いと処理するのがちょっと大変な部分。

一気にやろうとせず、ゆっくり時間のあるときに取り組みたいですね。

Oラインはお尻の穴の周りの部分

「Oライン」とは、肛門周辺のことを指します。アルファベットのOの形になぞらえて、Oラインと呼ばれています。

この部分に毛が生えていると「萎える」「勃たない」という男性の意見もありますし、女性でも「恥ずかしい」「必ず処理したい」と考えている人が多いようですね。

座薬を使った経験のある人はわかると思うのですが、非常に見えにくく、処理しにくい部分でもあります。

肛門が近いので、雑に処理すると肛門が傷つくこともあるので注意しましょう。

Oラインを処理すると、排便が毛にまとわりつかなくなり衛生的になるというメリットもありますよ。

Oラインを処理する手順

Oラインの毛を処理する手順は、大きく分けて2ステップです。

1.鏡を置いて毛の生えている位置をチェックする
2.肛門を傷つけないように慎重に毛を剃っていく

以下で、くわしい手順と注意すべきポイント、おすすめの道具を紹介します。

Oラインを処理する手順と注意点

Oラインを処理するときは鏡を床に置き、鏡をまたぐような格好で肛門周りの毛をチェックします。

座ってしまうと毛の処理がしにくいので、相撲のシコを踏んでいるような姿勢をとるとよいでしょう。

体勢がつらいので、産毛程度しか生えていないなら処理しないのも手です。

おすすめの道具は、VIO専用のシェーバー。肛門を中央にして、外側に向かってシェーバーで剃っていきます。

硬くて太い毛が生えている場合は、毛を徐々に短くするようなイメージで何度も切りましょう。

太い毛を根元からいっぺんに剃ろうと思うと、なかなかうまくいきませんし、変に力が入って皮膚を傷つけることになります。

VIOを処理してより快適な生活に!

VIOを処理してより快適な生活に!

「VIO処理をするのはプロだけ」という考えはもう古い考えなのだと思います。

自宅で手軽に処理できる道具も市販されていますし、注意点にさえ気をつけておけば、簡単にきれいなVIOラインが手に入ります。

いきなりハイジニーナになる必要はありませんし、全てのラインをきれいにするのが手間なら気になる部分だけでも大丈夫。

脱毛サロンやクリニックに通うと数万円かかりますが、セルフなら高い道具を買い揃えても数千円ですみます。

VIO処理のメリットは多く、一度やったら快適すぎて抜けられないという人が大半です。この機会に一歩踏み出してみましょう。

(竹澤こずえ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)

▼VIOにおすすめのアイテムをみてみる


フェザーピアニィVIO
ラヴィアVライントリマー
ラヴィアVライントリマー
万能トリマー
万能トリマー