女性にとって自分の胸への悩みは尽きないものですよね。

形に悩んだり、大きさに悩んだり……人のバストが羨ましいと感じることも多いと思います。

ボリュームがないことにコンプレックスを持っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、あまり気にしすぎるのもよくないみたい。むしろ、小さい胸だからこそ、美しいバストを形作ることも容易なんだとか……!

この記事では、貧乳に対する男性の意見も交えながら、美しいバストラインを作るためにはどうするべきなのかをお伝えしていきます。

貧乳だからこそきれいに保てる?「美バストライン」の作り方3つ

バストは大きさではなく形が重要?

胸の大きさについて悩んでいる方にお伝えしたいのですが、男性は必ずしも胸を大きさだけでは判断していません。

「大きいのはいいと思うけど、やっぱ大事なのは形だよね」というのが世の多くの男性の意見のようです。

中には、「好きな人の胸なら、どんなものでも好きです」という人も……!

よく雑誌のグラビア写真に大きな胸のアイドルが載っていますが、実際に付き合ったり、好きになったりする相手に対しては「胸の大きさを気にする」なんて男性はそう多くないんです。

「胸の大きさがどうっていうより、体つきのバランスとか、女性らしいラインのほうが魅力です」という声もありました。

胸を大きくしようと思っても、簡単にできるものでもないのが現実……。胸のサイズに悩むよりも、きれいなバストラインをつくることにトライしてみましょう。

理想の形のためにはブラ選びが重要

バストラインをきれいに保つためには、きちんと自分に合ったブラを選ぶことが大切です。

下着店で、店員さんにバストサイズを測ってもらったことはありますか?アンダー、トップ、カップと、自分のサイズを教えてくれます。

また、それに合うブラも選んでくれるので、きれいな形がつくれますよ。

まだ自己流でブラを選んでいるという方は、ブラのサイズが合っていないかも。要注意です。

そのブラの着け方間違っていない?

せっかく店員さんにぴったりのサイズを選んでもらっても、着け方が間違っていたら台無しです。

着け方を間違ってしまうと、ワイヤーで胸を押しつぶしてしまったり、胸が開いてしまったりして、きれいなバストラインとは程遠くなってしまいます。

正しい着け方は、ブラのアンダ―を合わせ、ちょっと前かがみになって胸を引き寄せるようにカップの中に入れます。それから後ろのホックをとめます。

方法は店員さんと一緒に実践した方が分かりやすいと思います。

よくわからないという方は、恥ずかしがらず店員さんに聞いてみましょう。きっと丁寧に教えてくれますよ。

ブラは大切に洗濯すること

意外と皆さんがやりがちなのが、「適当に洗濯ネットに入れて洗濯機へポイ」です。

多くの方に「知らなかった」と言われるのですが、ブラは基本手洗い。

しかも揉み洗いではなく、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で振い洗いまたはつかみ洗いが正解です。

洗濯機にいれてしまうとカップの形が崩れてくぼみができたり、ワイヤーがねじ曲がったりしてしまいます。

それをそのまま使い続けると、バストラインが崩れることになるので要注意です。

きれいなバストラインをつくるにはブラから見直すこと

バストラインをきれいに維持するためには、ブラへの意識を変える必要があります。

良いものを丁寧にメンテナンスして使い、ときどき下着店に行ってバストのサイズをしっかり把握する、ということをやらなければきれいなバストラインはつくれません。

努力あるのみです。ブラから見直してみましょう。

(オトナの恋カツ編集部)