彼とのエッチのとき、心配なのが自分の感じている顔。

「もしかして、私が感じてるときの顔ってむちゃくちゃブサイクなんじゃないかしら……」なんて心配している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんなあなたのために、感じている顔をキュートに見せるコツをご紹介しましょう。

エッチのときのコツ

下唇をかむ

「口を開けてると、なんとなくマヌケな顔になる気がするから、私はみけんにしわを寄せて下唇をグッとかんでます。

そしたら、口を開けてるときよりもヘンな顔にならないような気がするから。

それに、彼曰く『感じてるのを我慢してるみたいですごくセクシー』ですって」(25歳/医療事務)

ついつい無意識に口を半開きにしちゃうと、どことなく間が抜けたような顔になってしまいます。

そんな顔を見せるのがイヤな人は、顔に力を入れればOK。目を固く閉じてみけんにしわを寄せ、下唇をぐっとかんでみてください。

感じているけれど、声を出すのを我慢している様子を演出できます。

「声を出すの恥ずかしいのかな……可愛いな」なんて彼が嬉しい誤解をしてくれる可能性も。

目から下を手で覆う

「両手で鼻と口を覆って、目しか見えないようにするんです。

なんか感じてるときって、口が半開きで、鼻の穴も膨らんでるような気がして見られたくないんです。

だからそこを隠せば大丈夫かな、って」(23歳/デザイン会社勤務)

要は“マスク美人”の要領ですね。鼻と口を隠して、なんとなく雰囲気美人を演出する方法。

隠し方はふた通り。くしゃみをするときに鼻と口を覆うようなイメージで、両手で隠す。また、片手を軽く握り、手の甲を鼻と口に押し付けて隠す方法もあり。

このとき、かるく口に添えた指をかむと、喘ぎ声を我慢している雰囲気が出せます。

彼を見つめる

「感じてる顔を見られたくないときは、思い切って目を開けて、彼の目を見つめます。

そしたら、彼も私の目だけを見つめてくれるから、他のパーツに目がいかないでしょ?

それにウルウルした瞳が可愛い……とか言って結構興奮するみたいだし」(26歳/営業事務)

どうしても顔を見られたくない、という人は、彼の目をじっと見つめることをオススメします。

目を見つめれば、彼もあなたの瞳から視線をそらせなくなります。

それに、あなたの真っ直ぐなまなざしが、とてもセクシーに感じるはず。

ヘタな小細工をするよりも、じっと彼の目を見つめるだけの方が、可愛らしさを演出できるかも。

気を抜くべからず!

感じているときはついつい無意識になってしまいますが、案外男性って、女性の表情を見ているものなんです。

「あ、こいつ、感じてる顔結構ヘンかも……」なんて彼氏に思われないためにも、エッチの最中も表情には気を抜かないようにしておきましょうね。

(オトナの恋カツ編集部)