デート中のムラムラサイン

「なんかムラムラする」「じゃあラブホ行く?」

なんでもオープンに話せるふたりはこんな会話をして、ラブホで楽しくエッチするはず。

もっとも、いまどき「ムラムラ」なんて言葉を、日常会話で使うかどうかは疑問ですが、なぜかネット上でこの「ムラムラ」という言葉がよく検索されているのだとか!

デート中にムラムラしてしまって、でもそこまで彼女と親密な関係じゃないので、それを遠まわしに伝えるしかない彼は、彼女にどのようなサインを送るのか?一緒に見ていきたいと思います。

デート中のムラムラサイン

歩きづらそうにする

男子はあれが大きくなると歩きづらいんですよね。人によっては毛が絡まって痛かったりするそうです。

デート中に、彼が、「ちょっ!ごめん!」と言いつつ、歩きづらそうにしていたら、それは「ムラムラしています」のサインです。

無口になる

「無口になる=ムラムラしている」なんて方程式は、女子はほぼ絶対に思い浮かばないですよね。ムラムラした彼はなぜ無口になるのか?2つのことを恐れているからです。

1つは、エッチしたいと彼女に言ったら、彼女に体だけが目当てみたいな男に思われるかもしれないという恐れ。

もう1つは、もしも彼女が「じゃあラブホに入ろうよ」と言ってくれたとき、ラブホ代が払えるか否か、というものなんです。

彼女の腰に手をまわしてくる

彼女の腰に手をまわす男子って、いまどきいるのか?とも思いますが、いるらしいです。

広く解釈するなら、デート中にムラムラしてきた男子は、ボディタッチをはじめるということでしょうか。

個室居酒屋で、並んで座っている彼女の太ももに手を置くとか、こたつの下で足をツンツンするとか……青春って素晴らしいですね。

目が点になる

彼女のほうがデート中にしたくなった時、彼の腕の血管を指でなぞったり、色っぽい声を出してみたり、いろんなことをして彼に「したいアピール」をすると思います。

そういう彼女の気持ちを、彼はとても敏感に察して、目が点になります。

彼にしてみれば、女子からエッチに誘われているという事実が、うまく呑み込めないのです。

また、女子がエッチしたいサインを出しているという事実がうまく理解できないんです。それは「ありえないこと」じゃないのか?

こんなに素晴らしいことが俺の人生に起こってもいいのだろうか?彼はこう思って、目をこすります。

おわりに

いかがでしょうか。

ムラムラのサインとか、脈ありサインとか、ここのところ、とかく「サイン」に関する記事をネットでよく目にしますよね。

ふたりの関係が浅いうちは、お互いに軽く緊張していて、自分が思っていることを素直に相手に言えないこともあるでしょうから、サインを読むことに意識が向くのはしかたのないことでしょう。

でもそういう時期をはやく終わらせて、ムラムラでいうなら、ムラムラしたら「したい」と相手に素直に言えること――これがいい関係です。

男子だって女子だって、したいときはしたい! それをへんに隠すから話がややこしくなるのですよ。

したければ「したい」と言う。それで彼女が彼に「アホ」と言うから、ふたりの関係がさらに温まる。

彼女が「したい」と言ったとき、彼が「またしたいの?」と軽く呆れるから、ふたりはさらに仲良くなれるのですよ。

恋愛に限らず、仕事でも親子関係でも、どのような関係においても、へんに隠すというのは、百害あって一利なし。

なぜなら、そこから淋しさが生まれるからです。

(ひとみしょう/作家)

(オトナの恋カツ編集部)