いつまでも求められる女性

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

今回のテーマは「彼にいつまでも求められる女とは」です。なかなか簡単なようで難しいテーマだと思います。

マンネリせずに、大好きな彼にいつまでも求められるというのは、なかなかのハードル。

正直、普通にお互い努力しなかったらマンネリはきてしまいます。僕の周りでも彼女のいる男性、10人聞いて8人は、彼女とのエッチにマンネリをすでに感じていますからね。

それくらい、エッチのマンネリを打破するのは努力が必要だということです。

今回は、男性意見としてマンネリ打破のアドバイスをしたいと思います。

いつまでも求められる女性

1、 ポイントは「鮮度」を持続すること

いつまでも求められる女になるためのキーワードは「鮮度」。

全てにおいてこの「鮮度」をキープし続けることです。たいていの男性が、あなたとの初めてのエッチが一番興奮するものだし鮮度が最高に良い。

それが初めの一定期間は持続するものの、交際年数が長くなるにつれて、また、同棲などをするにつれて、段々と鮮度が落ちて求められなくなるパターンが大半です。

では、男性が求める「鮮度」とは具体的にどんなことなのか。いろんな角度から紹介します。

2、ボディの鮮度

まずはボディです。つきあい当初から体のラインが大きく変わったり、履く下着にこだわらなくなってきたりすると、段々と求められなくなる傾向があります。

女性がそうなりがちなのもわかる気がします。エッチをする前は、お互い猫を被って緊張していたのに、エッチをした後は、全てをさらけだした安心感からか、つい裸で歩きまわったり、だらしない姿を見せたりと、大胆になる女性も中にはいるはず。

でも、この安心感が、時として求められなくなる兆候を招いてしまうことがあるんです。

鮮度を保ちたいなら、常に最初のエッチの緊張感を忘れるべからず。体型や下着には常に気をつかい、羞耻心を忘れないように。

3、プレイの鮮度

マンネリしてくる要因のひとつに、プレイのパターンがマンネリしてくるということがあります。

ここもある意味「鮮度」をキープするところ。

男性は全員と言っていいほど、それぞれエッチに対する「クセ」がありますし「願望」もあります。

つきあい当初は、あなたに嫌われたくないあまり、自分の「クセ」「願望」を見せられないままにきていることもよくあることです。

自分から「ああしたい」「こうしたい」と言うのが何かと照れる男性もいるので、あなたから「何かやってみたいことある?」と助け船を出してあげると、マンネリを打破でき、鮮度を維持するきっかけになると思います。

4、気持ちの鮮度

あなたがいつまでも求められるには、あなたへの彼の気持ちの鮮度を維持することも大事。

交際期間が長くなるにつれて、変な余裕から釣った魚に餌を与えない男性も出てきます。

そのために一番いい方法は、彼に嫉妬心をたきつけること。そう、ほっといたら他の男に獲られるかもよ?というショック療法。

例えば、わざと合コンに行ったり、男友達と飲んだりなどの情報を、それとなく伝えることでちょっと彼を慌てさせましょう。

その嫉妬心がいつの間にか、あなたに対して気持ちの鮮度をグッと高めますから。

お互い努力が必要

今回は受け身の部分として「いつまでも求められる女性」になるために、男性がマンネリする理由からアドバイスしました。

逆に言うと、「いつまでも求めたくなる男性」という視点もあります。ようはお互いが努力しないといけないということですね。

(TETUYA/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)