ムラムラ

エッチの前に彼をムラムラさせようと思えば、ある種の栄養ドリンクのようなものを彼に飲ませるといいです。

これ、アホな話に聞こえるかもしれません。

でもそういうアイテムに頼らないと無理な男子って、若くてもいて、本人にとってはそれはそれは切実な問題なのです。

という、エッチの裏話的なことはさておき。

今回は、彼がエッチの前にムラムラしてしまう彼女の言動についてお届けしたいと思います。

ムラムラ

ブラが透けている・肩紐がチラ見えしている

どんなに理知的な彼氏でも、やっぱりスケベ。

彼はエッチの前にあなたの透けブラや肩のところにあるブラの肩紐を勝手に見てはひとりムラムラしています。

なにも彼が透けブラ大好きなむっつりスケベだということではありません。

彼は「おれがこれから脱がすアイテム」を見て、ひとりで喜んでいるのです。

「ああ、これからおれはこのブラをとるんだ」「これから彼女は、このブラを自らとって、その『中身』をおれに見せてくれるんだ」

あるいは、こう感慨深く思っているのでしょう。

なぜなら、彼の努力は「ブラの下を見ること・触ること」に向けられてきたから。

なにもあなたのカラダだけが目当てなのではありません。

男ってそういうところに「も」パワーを集中させつつ、エッチ付きのデートの日を指折り数えているのでした。

パンツに下着のラインが響いている

ブラ同様、パンツのお尻のところに響いている下着のラインも彼は見逃しません。

「ああ、彼女は今日はセクシーな下着をはいているのか。あと4時間くらいすれば、ふたりでラブホに入って、おれはこのパンツの下にあるものを拝むことができるぜ!」と思って彼はムラムラするのでした。

「やっぱ今日は帰ろっかな~」

エッチする予定で彼と会っているにもかかわらず、デートの途中で「やっぱ今日は帰ろっかな~」と彼女が言うと、急にムラムラしてくる男子がいるそうです。

こういうのは、いわゆる「焦らし」のテクニックというか、小技のひとつだから、これ以上の解説は不要でしょう。

ほかの男子に口説かれたと言う

「この前、**君にLINEで告白されてさ、でももちろん彼氏がいるからって断ったよ」

なんて彼に言うと、彼のヤル気スイッチはONになってしまって、ムラムラが止まらなくなるんですよね。

これ、よく「男の闘争心に火をつける」みたいに解釈されていますよね。

これは闘争心というより「他の男子ができないことを、おれはできる」という有能感というか優位に立てた喜びみたいなものが男を襲うということです。

彼女のことを口説いてきた**君は、決して彼女のハダカを見ることができないし、当然彼女とエッチできない。

でもこのおれは、この後彼女のハダカを見ることができて、エッチまでできる!おれはなんて素晴らしい男なんだ!彼はこうひとりごちるのでした。

おわりに

いかがでしょうか。

男子にとって、エッチできるというのは、ありえないことであり望外の喜びなんですよね。

多くの女子が「そんなことわかってるんだから」とオトナの表情をつくっているのに対し、男たちのエッチは何歳になっても「望外の喜び」とともにあります。

だから、ブラの肩紐とかパンツに響いている下着のラインなど、彼女にしてみたら何でもないことにすら、彼らはムラムラしてしまうのです。

どうです?男ってかわいくないですか?それともただのスケベなアホに見えますか?

(ひとみしょう/作家)

(オトナの恋カツ編集部)