大好きなカレとベッドイン。私の方はすごく良かったけど、カレもそう思ってくれてるのかな……なんて気になりませんか?

事実、体の相性は恋が長続きする重要なファクターです。

今回は、カレに「また抱きたい」と思わせるエッチ中の行動を4つ紹介いたします。

また抱きたくなる女

①瞳を潤わせ、少し恥ずかしそうにする

カレと大人の雰囲気になってきたら、まず瞳を潤わせ、少し恥ずかしそうにする表情を見せましょう。これで、カレは、今後何回でもあなたを抱きたくなるはずです。

瞳の潤い+恥ずかしそうな態度、は非常にそそられるギャップなのです。潤う瞳は、すでに興奮していることの表れであり、恥ずかしがる態度はその後の豹変ぶりを予感させます。

まさに「いやよいやよも何とか」です。

この演出を毎回行うことで、マンネリも防げます。「何回エッチしても新鮮な反応をしてくれる子」と思わせ、何度もカレに求められましょう。

②カレが攻め始めたらノリノリで感じる

カレが攻めモードに入ってきたら、ノリノリで感じましょう。声も思いっきり出し、乱れて下さい。

男性は、なんと言っても反応の良い女性が大好きです。自分のサービスによって女性がものすごく感じている時は、カレ自身も男として最高の自信がみなぎっている瞬間なのです。

男性は、そんな自信を与えてくれる女性と、何度でもエッチしたいものです。

ただし、一方的に全くポイントのずれている愛撫をしてくる相手には、無理して演技をする必要はありません。「これでいい」と思われてしまう前に、自分がして欲しいことをやんわりと伝えましょう。

③必ずカレのテクを褒める

エッチの最中か終わった後、必ずカレのテクを褒めることです。感じている反応だけでなく、実際言葉で口に出して褒めることで、カレの自信はさらに高まります。

「こんなすごいの初めて」という定番文句や、「○○君クンって人間バイブなんじゃない?(笑)」なんてセリフも、状況によってはOKでしょう。

前述の通り、男性は、セックスに自信をつけさせてくれた女性に体の相性の良さを感じ、また寝たいと思うものです。

仮にあまり大したテクでなかったとしても、あなたにとって素晴らしいセックスだった、ということが重要です。カレを誇らしい気持ちにさせ、何度でも愛されましょう。

④フェイクでも必ずイク

エッチの最中、フェイクでも必ずイって下さい。エッチで相手をイカせたのかどうなのか、また何回イカせたのか。この「男としての自信」に直結するファクターを、彼らは非常に重要視します。

当然男性は、自分がイカせることができた、また何回もイカせることができた女性と体の相性の良さを感じます。そんな「打てば響く」女性とは、またエッチしたいと思わざるを得ません。

実際、100回フェイクを演じれば、本物のオーガズムと区別がなくなってくることがあります。こうして、体がオーガズムを覚えてくるのです。

「イった(かもしれない)」は「イった」ことにし、カレの功績にしてあげましょう。

「カレが感動させた女性」になることが重要

いかがでしょうか。男性に、何度でも抱きたい、と思わせてしまう女性は「カレにエッチで感動させられたこと」を伝えるのが上手です。

ベッドでも「いい男」でいたい男性のプライドをくすぐることを意識してみましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)