彼のスイッチをいれる

ちょっと強引なくらい、今夜は積極的にされたい!でも、彼氏を押し倒してくれるくらいの気持ちにするためには、どうすればいいのでしょう?

セクシーランジェリー?それとも色っぽいセリフ!?そんな難しいことはありません。

言動や仕草、視覚など、ちょっとしたきっかけ作りを駆使して、彼の本能をドキッとさせてみませんか?

彼のスイッチをいれる

お酒の力で本音を解放させる

お酒は理性をゆるめ、本音を引き出す力があります。つまり、酔ってグチや弱音が聞けたなら、彼が理性をゆるめ始めている証拠。

性欲が解放される可能性も高いといえます。逆に、酔ってはいるものの、いつもとあまり変わらない感じの話し方なら、もう少し解放が必要かもしれません。

もちろん、こちらから「解放してもいいんだよ」というメッセージを伝えることも大切。普段出さない話題を持ち出したり、こちらも正直な意見やグチを言ったりしてみましょう。

彼の理性がゆるみ始めたと感じたら、お色気ムードに移行するタイミングです。

身体のラインを見せる服装

性欲を刺激する、ヤりたいと思わせるには、直接肌を見せるよりも、妄想を刺激するほうが効果的です。確かに、谷間や肩はセクシーですが、自分から見せてしまっているので、彼にとっては受け身の状態。

一方で、肌を見せてはいないものの、胸からウエスト、くびれからおしりのラインが強調されるような服装は「脱がせてなかが見たい」と思わせます。

普段は理性的に眺めている姿だけに、余計に見たくなるというのもあるでしょう。エサに食いつかせるよう誘い出すことで、彼の積極的な気持ちを引き出せるはずです。

見つめる時間を増やす

「目は、口程にものを言う」といいますが、これは彼のスイッチをONにするときにもそう。

「今夜……、どう?」という雰囲気を伝えるのに、この視線の力を使ってみましょう。

彼を観察するように見つめるのではなく、ちょっとだけ焦点があっていないような、ボーっとした見つめ方が効果的。

「彼氏にこんなふうにされたい……」という妄想をしつつ、トローンと見つめると、かなりエッチな雰囲気を、視線で作り出すことができるはずです。

楽しい雰囲気から静かな雰囲気に

雰囲気のギャップも利用してみましょう。最初はテレビを見たり、ゲームをしたり、ユーモアのあるグチをいったりと、楽しい雰囲気で過ごします。テンションが上がり切ったら、スーッと温度が下がっていくように、落ち着いた雰囲気を意識してみてください。

そこから、もうひと段階静かな雰囲気にして、声のトーンを落としていくと、色っぽい雰囲気になってきます。

イチャイチャしてもおかしくないくらいに感じてきたら、ささやいておねだりしてみるのも効果的。自然にキスをしてしまうような流れが理想的です。

おわりに

言葉でストレートに「したい」というのは、ちょっとムードに欠けるところもありますし、恥ずかしい気持ちもあることでしょう。

ふたりっきりで夜を過ごしている、というのは、シチュエーション的には下地ができています。そこを上手に、オトナの雰囲気で練り上げて。彼が手を出してくれるよう、かしこく誘導していきましょう!

(橘 遥祐/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)