つきあう前など、あいまいな関係のときにエッチをしてしまうと、彼がそっけなくなる。冷たくなる。それどころか連絡がぱったり来なくなる。

「やっぱり失敗だったかな……」と後悔したり自己嫌悪に陥ったり。

もともと私に興味がなかったのでしょうか。それともあった興味がなくなってしまったのかも。それとも、最初からそういう男だったのかも……。

今回は、彼がそっけなくなる本当の理由について考えてみました。

興味がある・ないではなくて…

彼が若い男性の場合。相手の女性への興味がある・ない、はあまり関係なくて“やれそうだからやった”です。

若い男性にありがちな「多くの女性とエッチしたい」という気持ちですね。30歳を過ぎるとこの考えの男性は少なくなりますが、中にはいます。節操のない思考回路ですが、本能的には男性の考えはこれです。多くの女性との経験が勲章。「やれそうな女性とはとりあえずやる」のです。

彼の態度がそっけないのは?

エッチ目的で近づいただけ。目的が達成されたから、もうどうでもよくなった。一回だけの場合もありますが、意気投合したり気に入った場合は数回エッチすることもよくあります。

性格が変わったような…

そっけないと言うより、冷たくなった。エッチする前は目的を達成するために、優しくしていた。でも本来の彼は、冷たい性格で他人の気持ちを考えない人間だった……と、そんなこともあります。これは付き合わなくてよかったパターン。そんな性格の人と付き合っても幸せにはなれなそう。

連絡が途絶えた

気まずい

連絡がパッタリ……の場合は、付き合う気もないのに、エッチしたため彼が気まずくなっている。どんな態度でいたらいいかわからないので連絡ができない。頭に血がのぼって、あとで冷静になって気づく、そんなパターンが多いです。

「何をいまさら」という感じですが、こういった“盛り上がると見境がなくなる”男性はざらにいるのです。女性のほとぼりを冷ますつもりの「連絡しないでおこう」ということ。

付き合いたくない

責任を取って付き合うなんてイヤだ。そこまでじゃない。「付き合って」と迫られたら困るし怖い。彼女気取りなんて勘弁してほしい。という理由で連絡をしなくなった。

気まずいくらいなら可愛げもありますが、絶対付き合いたくないので連絡しない、とは……。

でもやっぱり付き合いたい!

この中では「そっけなくなった」男性がもっとも見込みがありそうです。冷たい性格や逃げる男性はもちろん論外。

そこで、いったん身体の関係を持ったことは忘れること。彼の方もエッチしたことを忘れてしまうまで待ちましょう。どちらかと言えば男性のほうが忘れるのが早いので、彼に会わないようにすればOK。

だいたい数か月近くかかると思いますが、完全に忘却の彼方になったころ、友達として食事に誘ってみます。その際に「あのときは」などと言わないこと。その瞬間に彼は、当時抱いた罪悪感や興味がなくなったことを思い出してしまいます。くれぐれも気をつけましょう。

付き合いたい場合は時間をかけて完全リセット。何もなかったようにふるまいます。つまり、最初から始めることをイメージしてくださいね。(たえなかすず/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)