セフレ

ここんとこ、セフレから本命の彼女に昇格したいのですが……という相談が多いです。みんなそんなに簡単にパンツ脱いでどうするの的なことを思うわけですが、まあ一度脱いでしまったものはしかたないわけでして……。

さて、セフレから本命の彼女に昇格できるケース・できないケースについて、男心をもとに一緒に見ていきましょうか。

セフレ

■昇格できるケース(1)男子が気が弱い

遊びをあまり知らない男子とセフレ的にエッチしたあと、彼は彼女に対してなにを思うのか――たとえば「彼女は遊びと割り切ってエッチしたに違いない。そういう割り切りのうまい女子に対して、おれが『付き合ってよ』なんて言うと女々しい男みたいに思われて嫌われてしまうかな」と思うわけです。

基本的に、若い頃ってとくに、エッチの選択肢とかエッチの選択権って、男子より女子のほうがいっぱい持っているから。

なので、こういう遊びに不案内なというか、うまく遊べないというか気が弱いというか、こういう男子とセフレ的関係になっていたら、彼女のほうが「ちゃんと付き合ってよ」と言えば、彼は「はい」と素直に言うこともあります。

■昇格できるケース(2)あなたがセフレだと思い込んでいるケース

たとえば、女子が「彼はわたしの憧れ的存在だし、そういう彼がわたしに手を出してきたということは、遊びのエッチということで、彼はわたしのことをセフレと思っているんだろうな」と思っていても、実際には彼は「付き合いたい」と思っているからこそ手を出してきたということもあります。

男女お互いにパンツを脱ぐ前に、このへんの気持ちの交通整理ができなかった(あるいは整理するタイミングを見失った)場合にありがちなパターンかもしれません。

なので、脱いだパンツを穿きながら「ホントはわたしのことどう思ってる?」と彼に聞けば、一発で答えが出てくるパターンもあります。

●昇格できないケース(1)チャラい女に見られているケース

あなたが彼に「こんな軽い女、見たことない」と思われている場合は、もうセフレのポジションが固定されて、にっちもさっちもいかないでしょうね。この場合はもう、「彼とマジで付き合いたい誠意」を見せるしかないです。見せて付き合えるかどうか、というのは以下にかかっています。

●昇格できないケース(2)彼の優しさの総量が少ないケース

人ってみんな持っている優しさの量が決まっています。たとえば電車のなかでさっと席を譲れる人もいれば、居眠りを決め込む人もいれば、というような具合で、決まっちゃってるんですね。

なので、彼が優しくない場合(自分のことにしか興味がないとか、彼女なんてべつにいらないし毎日適当にネットのゲームをして遊んでいればそれでいいしみたいな男子)に、いくら誠意を見せても無駄かもしれません。

というかむしろ、そういう男だとわかって、つまり事故がややこしくなるのを未然に防げてよかった、と見るべきか?

 

いかがでしょうか。

思うんですが、最後に書いた優しさの総量が、彼の場合はどれくらいなのか、を、じ~っと想像していれば、そして量が多めという結論に達したのであれば、一応、本命の彼女に昇格できるのではないでしょうか。

男子って、優しい人は女子の押しに弱いし、ぜんぜん優しくない人はいつまでもフラフラ遊んでいるし、女子のブランド(ルックス・勤務先など)にいちいちウルサイものです。つまり、心が育っていない男子と先にヤってしまうと、女子が泣くしかないということです。(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)