やらせてくれない女

片思いの男子に「わたし、彼に抱かれたい」と思っていても、それをうまく口にできなくて、曖昧な態度をとり続けている人もいると思います。

それはそれで非常に女子らしいことだと評価できるのかもしれませんが、女子の曖昧な態度に「この子、付き合ってくれないかも=おれにはヤラせてくれないかも=この子かわいいから他の男子とはヤッてるのかも」と思っちゃう男子もいます。

男子の中では「付き合う=当然のようにヤルことはヤルようになる」という考え方が主流であり、一部の女子のように「ヤルこと=恥ずかしいこと=付き合っても積極的にヤりたくない」とは思っていないから。

さて今回は、片思いの彼に「この子はヤラせてくれないだろう」と思われてしまう女子の言動について、一緒に見ていきたいと思います。

やらせてくれない女

■下ネタに「それ、セクハラだから」と返す女子

友達の男子に下ネタを言われて「それ、セクハラだから」と返す女子もいると思います。友達の間は下ネタは絶対イヤで、でも付き合ったらエロいことをふたりで楽しむのも好き、みたいに思っている女子であっても、簡単にセクハラという言葉を口にしてたりしませんか?

セクハラという言葉を浴びせられた男子って、もう100%委縮してしまって怖くなってしまって、手も足も出ないなんてことになったりします。

そもそも彼は、あなたの身体だけが目当てという鬼畜とはちがう、ということなんですが、でも下ネタを言われた側の女子は「わたしの身体だけが目当てな男子なんだ。今まで彼がわたしに優しくしてくれてたのって、あれ、なんだったんだろう」と泣いたり……。

なので「それ、セクハラだから」じゃなくて、「付き合ったら下ネタOKだけど、付き合う前はNGだから」とかと具体的に言ってあげないと、男子は心で泣いちゃって「もっと下ネタOKな女子を探そう」となって、結局、下ネタ大好きな肉食系女子のいいようにされてしまって、

男子が泣くことになって、やがて「女子怖い」としか思えなくなって、ますます恋愛市場から「ガッツのあるいい男」が減っていくことに。

■「予定がいっぱいで」

女子の中には、毎日予定をぎっしり詰め込んでいる人もいますよね。学生なら授業とサークル活動とバイトの予定でいっぱいとか、社会人なら残業と出張ばっかりとか。

片思いの彼に予定がいっぱいの子だと思われたら、彼はわりとネガティブなことを思ってしまうことも。つまり「おれ、この子と付き合ってもエッチする時間をとってくれないかもしれない」とか。

みなさんそれぞれに自分の目標があって忙しくしていると思いますが、たとえば「付き合ったら彼氏優先になっちゃうんだぁ」とか、彼が「おれが入り込める余地がある」と思えるように、会話を工夫してみては?

■「3年くらい彼氏いないですぅ」

3年も彼氏がいないとエッチはどうしているのだろう、というのが、男子の感想だったりします。で、彼氏以外の男子と下半身を満足させている子なのか、そもそもエッチにあまり興味のない子なのか、あるいはその両方なのか……くらいの感想しか抱かない男子もいるんですねえ。

男子の中では、若いうちはとくにセックスの選択肢と選択権のほとんどは女子が握っているという考えが主流だからです。

なので、本当に3年くらい彼氏がいない場合であっても、「1年くらい彼氏がいないんですぅ」と言うとか、こちらも会話を工夫してみてはいかが?

 

いかがでしょうか。

とくに20代なかばくらいまでは、男子のほうがヤリたがりで、女子はエッチに対してあまりポジティブな感情をもっていないということって、よくあることなのかもしれないですね。

だから男子は「そういうことに抵抗のない女子」を探すようになって、そういう女子はさっさとパンツを脱いでハダカで楽しんだらそれっきり付き合うわけでもなく「ヤリ得」みたいになって、男子が心で泣いて……というパターンに陥って、

結局、男子からすれば「女子全員がヤルかヤラないかいずれか」というすごく極端な存在に思えてきて、あげく恋愛とセックスを別々に考えるようになって……というドタバタのうちに20代も後半になって、ようやく男女でちょうどいい納得感のあるセックス&恋愛ライフが送れるようになって……というパターンって、案外多いように思います。

20歳になったらハダカになって! と歌っているのは井上陽水さんですが、ハダカになるのがきつくても、案外こういう通過儀礼みたいなことって、大切じゃないかなと思いますが、女子のみなさんはどう思いますか?(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)