エッチ

女子の「アレの日」に彼がエッチしたいと言ってき場合、どうしてますか? ヤッてますか? 断ってますか?

アレの日は「できづらい」という理由で、ナマでガンガン楽しんでいるカップルもいるでしょうし、どうしてもヤりたくないと、全力で絶賛閉店中と、エッチを断っている人もいるでしょう。

ヤっても断っても、そんなことは個人の自由であるはずですが、断るには断り方というものがあってですね……今回は、彼がショックを受けて寝込んじゃうようなエッチの断り方についてお届けしたいと思います。

エッチ

■交際前(1):「今日は無理」or「無理無理無理」

断るなら断るで、ちゃんと理由を言ってあげないと、彼は「え? おれとしたくないってこと?」とか、果ては「このあと誰かとヤルのかな」とか「昨日、もう十分すぎるほど誰かとヤッてきたのかな」などと不安がったりということに!

生理という言葉を男子の前で口にしたくないと思っている女子だっていると思うので、なにがなんでも「今日は生理だから無理、できない」と言わないといけないとは言いませんが、でも男子って、なんの悪気もなく、女子の身体のことについてあまりよく分かっていないので、

「生理の日にエッチしたら、雑菌が入りやすいから……」みたいなことは、ちゃんと教えてあげたほうがいいと思います。

とくに「生理の日だってのに、彼はしたいしたいと言って……どんだけヤリたがりやねん」と思っている人は、彼は女子の身体のことについて詳しく知らないからそう言うんだ、という前提に立ってみては?

知らないという物理的問題に「彼はヤリたがりでどうしよもない」というネガティブな感想をくっつけたら、問題がどんでもない方向に向かうことになって、ふたりの関係が修復不可能になる可能性も!

■交際後(1):「ちょっと用事があるから帰る」

こちらも、ヤらないならヤらないで、ちゃんと理由を言ってあげましょうということです。

「用事」という意味深な言葉をつかってしまえば、もう彼は猜疑心にさいなまれて大変です。

用事があるって……デートのあと彼女はほかの男と会うってことかな? おれとエッチしたあとほかの男に会ったら都合が悪いことでもあるのかな、とかと思っても、ふつうの男子はそれを口にできないですからね。そしてこういう些細なところから、ふたりの間に亀裂が走って……ということになりかねないでしょ?

とくに若いうちはエッチが好きであろうとあまり好きでなかろうと、エッチに関する誤解で破局を迎えるカップルって多いから。

■交際後(2):「なんでそんなにエッチしよしよって言うのぉ?」(泣)

エッチがあまり好きじゃない女子の中には、こう言う人もいるらしいじゃないですか。果ては「わたしエッチしたくないから、そんなにエッチしたいのなら、ほかでヤッてきてよ」とおっしゃる彼女さんもいるんだとか!

相手のエッチの好き度って、付き合ってはじめてわかることなのかもしれなくて、でも好き度がふたりで大きく違っていたら困るわけで、なかなかどうして大問題ですよね。

「わたしはエッチするより、ハグだけしてればそれで満足だから」という時代も、もしかしたら女子にはふつうにあるのかもしれなくて、これってどうすればいいんでしょうか?

たいていの場合、どちらかが我慢するとか、我慢するのがつらくて別れるとか、そういうことにしかなっていないようで、つまり解決法なんてないというのが一般的であって……。

でもしかし、女子も30歳近くになると、男子より「したがりさん」に豹変することもよくある話で、ゆえに、エッチの好き度がしっくりくる相手にめぐり会えることが、いろんな意味で相性のいいパートナーにめぐり会えることだと言えるのかもしれないですね。

 

いかがでしょうか。

彼が「ヤリたい」と言うのって、それはもう生理的な欲求ゆえで、そこに理知的なというか論理的な理由はないものです。

でもだからといって、女子が感情的に「したくない」とか「できない」と答えたのでは、お互いに「しこり」が残りますよね。

できるだけ冷静に、かつ具体的に「できない(したくない)理由」を言ってあげるのが大切では? 女子だけが大変……という結論に聞こえるかもしれませんが、30歳も過ぎれば今度は彼のほうが「今日は無理」と言い出して、彼女がセックスレスに悩むという、逆転の構図になることもよくある話です。むずかしい問題です。(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)