新恋人のいる元カレにムラムラします

「別れて3年の元カレがいます。別れてからもずっと、わたしが彼に片思いしている間に、彼には新しい恋人ができていました。それを聞いた時、頭を強く打たれたようなショックと、かえってすっきりした気持ちが同時に押し寄せてきました。

どうじに、彼が完全に手に入らないとわかってから、なぜか彼に対してやたらムラムラし始めました。「あのたくましい腕に抱かれてめちゃくちゃにされたい」「大切なところを攻めて、私だけが知っているかわいい顔を見たい」「耳元で囁いてほしい」などと考えてしまいます。

それが叶わなくなったと知った後なのに、余計に昔のことを思い出してみずからを慰めてしまいます。下品極まりないじぶんがとても嫌です。どうすればこのモヤモヤは軽くなるのでしょうか」
新恋人のいる元カレにムラムラします
今回は、このご相談にお答えしたいと思います。

■いいご相談ですね

愛するってこういうこと
じぶんのエグイ心情を素直に吐露している、最近では非常に珍しい、いいご相談ですね。こういう気持ちって、多かれ少なかれ、誰しもが抱く気持ちではないかと思います。元カレのことを思うと、カラダが疼いて思わずオナニーしてしまいます……と、多くの人は文章にして他人に見せないだけであり、たとえば元カレの「あのたくましい腕に抱かれてめちゃくちゃにされ」ているところを想像しながらオナニーしたことのある人だっているでしょう。

非常にいいことではないかと思います。愛するって、たとえばこういうことです、というお手本のようなことではないかと思います。

■今あなたがやるべきこと

自分の中のエグイともいえる感情と正対すること
「どうすればこのモヤモヤは軽くなるのでしょうか」ということですが、時間が経てばそのモヤモヤはどこかに消えていってくれると思います。あるいはあなたの心の中のしかるべき場所に落ち着いてくれるはずです。今あなたがやるべきことは、じぶんの中のエグイともいえる感情と正対することではないかと思います。人って、他人に見せられる美しくてかっこいいところだけでできていないから。

インスタがはやっているので、多くの人がインスタにかっこいい写真とか美しい写真、いわゆる「インスタ映え」する写真を載せていると思います。フェイスブックにだって、他人に見せる用の写真をたくさん載せるでしょう。インスタやフェイスブックがはやるとどうしても、「他人に見せられること(もの)」に意識が向いてしまいがちで、当然、相対的に「ちょっと他人には見せられない感」情のめんどうをみるのがおろそかになりがちではないかと思います。

でも人生って、他人に見せることができるかっこいいところと、ちょっと人様にはお見せできないエグイところの両方で成り立っています。陰と陽で成り立っており、動と静で成り立っており、太陽と月で成り立っているということです。

■いい女性になるステージにいると思います

豊かな恋愛ができるすばらしい女性になれる
インスタやフェイスブック慣れしているわたしたちは、他人に見せることができないエグイ感情と正対することが苦手ではないかと思うのです。たとえば小説は元来、人に見せることができないエグイ感情をうまく書くものだとぼくは考えています。が、今はストーリー重視の「売れる」小説が出版社のお気に入りのようで、人の心を隅々まで描いている(たとえば)純文学は、売れないものという扱いになっています。

じぶんの心の中にあるエグイ感情と正対することで、さらに豊かな恋愛ができるすばらしい女性になれるのではないでしょうか。あるいはむずかしいとされている純文学に親しめる素養のある女性になれるのではないでしょうか。(ひとみしょう/文筆家)
(オトナの恋カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

できれば知られたくない性の悩み。誰にも言えない恋人との関係。

悩む時は専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

秘密厳守の愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから