気になっていた相手が下ネタを言っている姿を見て幼いなと思って幻滅

「1年ほど好きだった、気になっていた相手が下ネタを言っている姿を見て、幼いなと思って幻滅してしまいました。その後、ほかの男の子のことが好きになりました。彼はオトナで、わたしに下ネタを言いません。下ネタを言う男子のことを幼いと思ってしまうわたしって、おかしいのかな? と、最近考えるようになりました。わたしはおかしいのでしょうか?」
気になっていた相手が下ネタを言っている姿を見て幼いなと思って幻滅

■3つの条件の組み合わせによるのでは?

年齢エッチの好き嫌いその男子のことが好きか嫌いかこの3つの条件
人によっては、下ネタを言う男子のことを幼いと思って、生理的に受け付けないということがあるみたいですよね。それは年齢によることかもしれません。あるいはエッチが好きな女子か、あまり好きじゃない女子か、によるところもあるでしょう。

そしてなにより「あなたが、下ネタを口にする男子のことを、どこまで好きか」にもよるでしょう。エッチがあまり好きではない女子のなかにも、「この男子のことは、わたしは好きだから、彼が言う下ネタは大丈夫」という人がいますよね。

年齢、エッチの好き嫌い、その男子のことが好きか嫌いか、この3つの条件の組み合わせしだいで、下ネタを口にする男子のことが幼く見えたり、見えなかったりするというだけのことではないかと思います。

■他人が隣で血を流しているのを見ただけで学習できた男子は、ラッキーです

女子に安易に下ネタを言ってしまえば嫌われてしまう
おそらく多くの男子は、女子に下ネタを言ったときに「サイテー!」とか「幼く見える」とか、「あなたとなんかそういう行為をするはずがないじゃない」とかと言われた経験を持っていると思われます。

そういう経験をしたことのない男子であっても、まわりにそういう仕打ちを受けている男子がいて、そういう男子を横目で見ながら「女子に安易に下ネタを言ってしまえば、嫌われてしまう」と、学習したことがあるはずです。

他人が隣で血を流しているのを見ただけで学習できた男子は、ラッキーといえばラッキーです。が、そういう男子も含め、やがて男子たちは女子をエッチに誘う方法がわからなくなってきます。

なぜなら気安く下ネタを口にしてしまったら女子に嫌われて、わが心が流血すると男子たちは学習しているからです。だから下ネタを口にすることもできない。ましてやいきなりおっぱいを触るわけにもいかない。だから女子をエッチに誘えない。草食系男子が増えるわけです。

■「おかしいかどうか」と聞かれたら・・・

男子を真のオトナの男たらしめてくれる女子の言動
草食系男子が増えると、相対的にモンモンとする女子が増えます。「したい」のに、この男子ったら、わたしの前で下ネタひとつ口にしない……となれば、したい女子はちょっと困りますよね。「下ネタを言う男子のことを幼いと思ってしまうわたし」って、おかしくはないですが(ヘンではないですが)、草食系男子の増産を助長しているように感じます。

でもまあ、それはそれでいいのではないでしょうか。これまで男子は、かわいい女子に「幼い」とか「こんな子供みたいな男子とつきあいたくない」とかと言われながら、どうすれば幼さを脱することができるのか、どうすればオトナの男としてかわいい女子に愛される男になれるのかを考えてきたわけだし、これからもきっと、そういうことを考えることでしか、オトナの男は生まれてこないように思うからです。

ほかに、男子を真のオトナの男たらしめてくれる女子の言動って、ちょっとほかに見当たりません。それくらい下ネタを口にしたときに女子に言われる「幼い」は、男子にとって効くんです。ゆえに「おかしいかどうか」と聞かれたら、「おかし(優れた、見事な)」と答えるべきなのかもしれません。(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

できれば知られたくない性の悩み。誰にも言えない恋人との関係。

悩む時は専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

秘密厳守の愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから