名器とはどういう膣?

ネット上に「彼氏ウケする下着とは?」とか「彼氏ウケするベッドの上でのテクニックとは?」なんてタイトルのコラムが大量にあるくらいですから、エロさを武器に彼の気持ちをうまくコントロールしたいと思っている人もいるでしょう。

今回は、小技抜きに「彼が『おれの彼女、エロくて最高!』と思う彼女の言動」について、一緒に見ていきたいと思います。

エロい彼女

 

■ズバリ、あの行為が好きな彼女

彼が「おれの彼女、エロくて最高!」と思う彼女とはズバリ、あの行為が好きな彼女、ということに尽きるように思います。あの行為が好きな女子って、たとえば彼が求めてきたら、求めに応じて素直にハダカになりますよね?

ハダカになってベッドの上で(お風呂場で、キッチンで、玄関扉に手を突いてでも、ようするにどこででも)、エロへの飽くなき情熱がもたらす創意工夫でもって、ふたりで満足できる行為を追求しますよね?
これがすごく大切。

**

反対に、あの行為があまり好きではない女子は、「今日も彼はしたいの?」とか「彼は会うたびにしたいと言うけど、彼ってカラダだけが目当てでつきあってるのかな?」と思うわけでしょ? そういう「前提」があるうちは、おそらくどんな小技を使って彼を「釣ろう」と思っても、きっと釣れません。

「ホントはあの行為があまり好きではない」とか、「彼女はおれの求めにイヤイヤ応じているんだ」というのが、彼に伝わるからです。

 

■どちらも考えるに値する、つまり尊ぶべき問題です

誤解を恐れることなく、大胆に言い切ってしまうなら、「エロくて最高」な彼女は、彼が求めてくると「いつも」求めに応じます。いつも、というのは、あなたがキッチンでご飯を作っているときも、ということです。「いま料理をしているから、あとでね」と言わない(言ってはいけない)ということです。

なぜなら彼は、あなたが料理をしているさいちゅうだからこそ、「したい」と思ったわけだから。なにも「そういうプレイ」をしたがる変態さんの彼氏だということではありません。「今」したい、という、この「今」を、カップルでどれだけ大切にできるか? ということです。

**

あの行為があまり好きではないうちは、彼が求めてきても、それに応じなければいいと思います。あの、とても気持ちいい行為って、義務でやることではないのだから。

求めに応じないことで、彼と別れることになっても、それはそれでしかたないと思うべきです。あの行為が「どれだけ好きか」というのは、いわば生理的なものであり、彼氏もあなたも、じぶんの意思でコントロールできるものではないからです。

希望の頻度が彼と合わないのであれば、それはもう「神様のいたずら」と思ってあきらめたほうがいい。そのうち希望頻度がしっくりくる相手が、あなたの眼前にあらわれます。

ちなみに彼女の求めに応じない彼については、ネット上でいわゆるセックスレス問題、として、少し話題になっています。そっちのほうは医者も語る「切実な問題」で、男の求めに応じて「やる」女子のことを「都合のいい女」とか「男尊女卑」と評する風潮があるのは、いかがなものかと思いますが、みなさんどう思いますか?

セックスレス問題も、「彼女が求めに応じてくれない問題」も、どちらも考えるに値する、つまり尊ぶべき問題であり、卑しい話ではないと思わないですか?(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)

恋愛相談掲示板

誰にも聞けない性の疑問。友達にも相談しづらい性の悩み。

答えが出ない時は、愛カツの恋愛相談掲示板に相談してみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになるかもしれません。

匿名で投稿できる恋愛相談はこちらから