彼のことが好きだと「2番目でも良いから……」と都合のいい女、いわゆる“セフレ”になってしまうこともあるでしょう。
でもその彼って、本当にそこまで“イイ男”なのでしょうか?

そこで今回は「セフレになる価値もない男性の特徴」について考えてみました。

 

1、 ハッキリしない男

・「セックスをするときは『好きだから良いでしょ?』と迫ってきたのに、終わったあとは『色々あってまだ付き合えないんだ……』と濁してきた。その後彼とは何回か関係を持ったけれど、結局それっきりで終わってしまいました」(28歳/IT)

「○○ちゃんのことは好きなんだけれど、まだ付き合うことはできない」と、ハッキリしないことばかりを口にする男性っていますよね。でもちゃっかりセックスだけはしてくるっていう……。こういう男性はいつまで経っても「付き合おう」とは言ってくれないもの。それどころかほかに恋人がいる可能性だってあります。彼にハマりすぎてしまう前に、目を覚ますべきでしょう。

 

2、隠したがる男

・「男友達と勢いでそういう関係に。でもこっちが告げ口をしたわけじゃないのに、極端に私を隠したがるようになった。何だか責任逃れをしているみたいで逆にイライラしました」(26歳/販売)

女性の中には好きだから身体の関係を持つだけじゃなく、本当にただセフレが欲しいだけの場合もあるはず。そういう時ってお互いに暗黙の了解で「内緒の関係」だとわかっているのですから、ほかの人にセフレ話をしようとも思わないもの。それなのにセックスをしたあとにやたらと「このこと誰にも言わないでね!」と口止めしてくる男性は、セフレにしないほうが良いかもしれません。

ほかに遊んでいる可能性があるのはもちろん、万が一ふたりの関係がバレたときに「お前のせいだ!」と一方的に責め立てられる恐れがあります。セックスはしたいけれど周囲の目も極端に気になる器が小さいタイプなので、些細なことからトラブルに発展する可能性もあるでしょう。

 

3、元カレ

・「元彼と1年弱セフレ関係になってしまった。私はヨリを戻せるか期待していたのですが、彼にはその間に恋人ができてしまいました」(29歳/一般事務)

「彼に振られてしまったけれど、まだ好きだからズルズル身体の関係だけは続けている」なんて人、多いのではないでしょうか? 一度は好き同士だったのだから、いつかまたやり直せる日が来るんじゃないかと思ってしまいますよね。

でも元カレはあなたの気持ちを利用して、自分の欲求を満たしているだけ。それはもう愛情ではありません。それにいつまでも元カレに縛られていると、自分が次に進めないもの。元カレから身体の関係だけを迫られたときは、どんなに辛くてもキッパリ縁を切るようにしましょう。

 

おわりに

セフレを作ること自体喜ばしいことではないのですが、上記のようなタイプの男性と関係を持っていても、自分の心がすり減るだけ。
もっと心から愛し合える人を探すべきでしょう。(和/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

できれば知られたくない性の悩み。誰にも言えない恋人との関係。

悩む時は専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

秘密厳守の愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから