だんだん寒くなってきましたね。

冬だってエッチをしたいときはあるわけで、寒い部屋で裸にならないといけないこともあるわけが、寒い部屋で全裸になるのはあまりおすすめできません。

なぜなら、寒くてエッチに集中できないばかりか、下手をすると風邪を引いてしまいますからね。

もちろん、暖房で部屋を暖める…というのも1つの方法ですが、今回は、部屋が寒い時にエッチをすることになった時の対策をご紹介しましょう。

 

服を脱ぐのは最小限に抑える

まず一つ目のコツは、できる限り服を脱がないことです。

エッチは、全裸にならなければできない訳ではありません。

ただ男性にもエッチのやりかたに色々と好みがあるでしょうから、何を脱ぐかは彼の好みに合わせて工夫してみましょう。

しかも、普段と違って服を脱がないので、可能な体位も限られてくるかもしれませんが、逆にいつもと違うシチュエーションに興奮すること間違えなし。

例えば、靴下とスカートなら履いたままでもエッチはできるので、もしかして今日はエッチするかもしれないな…というような日なら、脱がなくてもエッチができる服を着ておくのも一つのやり方です。

 

身体が温まっているタイミングで行う

寒さに耐えるには、エッチをするタイミングも重要だと言えます。

つまり、身体が冷えている状態の時ではなく、身体が温まっている時を狙ってエッチを始めれば良いだけです。

具体的には、入浴後や食後を指します。

ただし食後は、お腹いっぱいになった後にすぐ激しい運動をすると気持ち悪くなると思いますので、その時は少し待った方が無難でしょう。

食事のメニューを調整できるのであれば、できるだけ身体が温まる物にしてくださいね。

アルコールも身体を温める効果がありますので、お酒も一緒にいかがでしょうか。

 

お風呂の中や布団の中で

最後に紹介するコツは、エッチを行う場所です。

家の中と言っても、どこもかしこも寒いわけではありませんよね。

そうです、温かい場所で行えば良いのです。

例えば、浴室や布団の中がこれに当たります。

彼と一緒にお風呂に入り、そこでエッチをすれば寒くありませんよね。

また、布団を被ったままその中でエッチをすれば、温かい中で行えます。

暖房がリビングにはあるけど寝室には無い…などの場合も同様で、暖房がある場所ですれば良いだけです。

 

それぞれの環境に応じて工夫しよう

紹介したシチュエーションは一例ですから、これらのコツを踏まえた上で、それぞれの環境に合ったエッチの方法を考えてみましょう。

また、普段同じようなエッチでマンネリ気味なカップルにもおすすめ。

制限のある中で工夫することで色々なシチュエーションが楽しめるからです。

真冬でも、是非寒さに負けないくらいの熱いエッチで乗り切りましょう。(水林ゆづる/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

できれば知られたくない性の悩み。誰にも言えない恋人との関係。

悩む時は専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

秘密厳守の愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから