いきなりですが、セックスが上手な人って、具体的にどういうタイプなんでしょうか。

日々最低12時間は考えているんですが、思うにこれって、技術的なものとか、経験が多いというのも大事ですけど、結局のところ仕草、表情といったところに差が表れるような気がします。

セックスで相手を満足させることができるタイプは、男女ともに攻め方、攻められ方のバリエーションが豊かで、変化に富んだセックスが出来る人です。

この手のタイプを相手にすると、満足度の高いセックスをすることはほぼ間違いないのですが、しっかりと紐解くと、誰でもセックスが上手くなって、相手を満足させることは可能です。

今回は、特に女性が真似すべき、ベッドでのモテ仕草を、3つほど紹介してみたいと思います。

セックス

 

笑顔と真顔のギャップを作る

表情で変化を相手に知らせるというのは、セックスにより深みを持たせるためには有効な手段です。

具体的には、イチャイチャしているときは笑顔で相手に接してみたり、攻められて恥ずかしいときにも、やはり笑顔を見せると、男性は「あ、可愛いな」と思うものです。

一方でギャップも大事。たとえば自分が攻めるときに、一転して真顔になって愛撫をしながら相手の目を見つめると、男性としては表情の変化に如実に反応します。

スイッチが切り替わる瞬間を目の当たりにさせることで、相手にきっと楽しいセックスを提供できるはずですよ。

 

何かにつけて抱きついて損なし!

男性は、セックスをしている相手からの愛情を、これでもかと表現されることに満足し、自分の征服欲も満たす動物です。

だからたとえば行為中に、腕をカレの背中に回して密着状態で抱きついたり、両足をしっかり腰に密着させて愛情をカラダ全体で表現すると、それだけで大いに喜んでくれます。

ベッドで愛し合っている間は、ずっと密着することを意識して、少しでもカラダの触れ合う面積を多くするようにしておくと、男性からはことごとく「可愛い」と思ってもらえます。

 

要求されたら何でも応えようという気を示す

最後にちょっと現金な話ですが、結局のところ、男性が一番興奮して、夢中になる女性というのは、セックスの際のタブーがない相手だったりします。

たとえば普段ならあまり縁のない、やや変態チックなプレイでも、要求したら応えてくれるような相手を、男性は常々求めています。

ですので、相手からプレイの要求があった場合は、できる範囲で対応するといいでしょう。

そうは言っても、あまりにすっとんきょうなプレイはできないでしょうが、その場合は一応挑戦するふりをして、折を見て「やっぱ無理」と言えばOKでしょう。姿勢で挑戦する意思を見せるだけで、十分です。

 

おわりに

セックスというのは、愛し合う男女がお互いの性欲を発散するためのものではなく、お互いに奉仕精神がないといけません。

これが欠けると、結局ただ自己満足したいがためにお互いのカラダを使っているだけの行為になってしまいがち。相手にこれを悟らせてしまうのはマズいものです。

これを防ぐために、今回ご紹介した3つの仕草を有効に活用し、濃度の高いセックスを提供し、相手からも同様の質のセックスを引き出していきましょう。

与えれば戻って来る、打てば響く。そういうセックスをしたいなら是非。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

できれば知られたくない性の悩み。誰にも言えない恋人との関係。

悩む時は専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

秘密厳守の愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから