愛するパートナーとのセックスライフは、楽しんでいますか?

男性に導かれるまま少女のように恥じらうなんて演技は、大人の私たちにはもう不要かもしれません。

ときには思いっきり欲望のままに動いてみてもいいのではないでしょうか。

消極的じゃもったいない!女性がもっとセックスを楽しむために

女性から積極的に攻めたら嫌われそう?

無意識の思いこみで、セックスをタブーのようなものだと考えていませんか?

性欲は食欲や睡眠欲と並ぶ人間の3大欲求のひとつです。

つまり、セックスは食べることや寝ることと同じくらい、自然な行為ということ。

一緒に食事をする相手が目の前のものをおいしく食べて楽しそうにしていると、見ている自分もよりいっそう食事を楽しめますよね。

会話が弾めば、さらにその時間はかけがえのないものとなります。

セックスも同じようなものではないでしょうか。

まずは、セックスの際の「恥ずかしい」という気持ちを捨て去ってみましょう。

パートナーと裸で向き合う時間は、信頼し合える2人だけのプライベートなひとときです。

愛する人にだけ見せるセクシーな表情は、2人の関係をより親密にしてくれるはずです。

日常のコミュニケーションで価値観を共有して

積極的になることに不安を感じている人は、ズバリ恋人とのコミュニケーション不足ではないでしょうか。

「こんなことをしたら引かれるかな」「セックスに積極的な女性は嫌いかな」……そう思ったら、インターネットの知恵袋で知らない誰かに相談する前に、目の前の恋人に問いかけてみませんか。

愛し合っている関係であれば、あなたの快感は彼にとっても悦びとなるはず。

そのためには、日々の会話の蓄積も大切です。

少しずつ探り合っていって、より豊かなセックスライフを送れるようにしたいものですね。

女性がセックスに積極的になるのはグローバルスタンダード!

女性がセックスに積極的になるのはグローバルスタンダード!

外国人とお付き合いをしたことがある女性は、「なんでそんなにシャイなの?」と言われた人も多いのではないでしょうか。

じつは筆者の恋人は欧米人なんですが、付き合いはじめのころにまさしくそう言われたことがあります。

「僕の前では恥ずかしがることないんだよ」と。

さらには、「女性が自分で気持ちよく感じるために積極的になっている姿はとてもセクシーに見える」とも!

誰に教えられたわけでもないのに、「女性は恥じらうもの」「ちょっと無理やり襲われている感じに男性は燃える」「男性が気持ちよくなることを優先して尽くすべし」って思いこんでいたのかもしれません。

男性にも個々人で趣味趣向の違いはあると思いますが、私にとっては目からウロコの瞬間でした。

普段の表情と2人きりのときだけに見せるギャップ

普段はさわやかで仕事をテキパキとこなすあなたが、ベッドのなかではとびっきり大胆になるなんて、とってもすてきなギャップだと思いませんか。

ほかの人には見せないその姿に、彼は特別感を感じて手放せなくなってしまうはず。

恋人の前でだけは、恥ずかしがらない。

ぜひトライしてみてください!

(オトナの恋カツ編集部)