一般的に、「メンヘラ」は男女ともに敬遠されがちです。

あなたも、病みキャラの異性と敢えて付き合いたい!とは思わないでしょう?

しかし世の中には、かなりのメンヘラなのになぜか恋人が途切れない人間が、一定数存在します。

筆者の知人にも、昔からメンヘラどころかかなり病みキャラで、最近それが更に悪化しているような女性がいます。

しかし彼女、男性にはずっとモテモテで相手が途切れたことはなく、最近入籍もしたとか。

「メンヘラ」「病みキャラ」の中にたまにいるこのような「モテモテ」の秘密、あなたもちょっと気になりませんか?

「病みキャラ」なのになぜ恋人が途切れない?彼女がモテる理由とは

「かまってちゃん」なところが「かわいい」と思われる

そもそも「メンヘラ」とは、「メンタルヘルス」が語源となり「メンヘル→英語で人物を表すerをプラス→メンヘラ」になったと言われている言葉です。

彼らには「言動が不安定」「好きな相手や関心のある相手に対しての『構ってアピール』が激しい」などの特徴があります。

最近は何かとこの「メンヘラ」という言葉が使われる傾向にありますね。

さて、SNSではネガティブ発言を繰り返し、メールやLINEでは長文を送りつけ、時には突然アカウントを消したり音信不通になるなどすることもある「メンヘラ女子」は、最初は心配されるものの、そういった言動が回数を重ねるごとに

「めんどくさい」「またやってる」といった目で見られるようになります。

しかし男性の中には、そんなメンヘラ女子の言動を「放っておけない」「かわいい」と感じ、「守ってあげたい」という保護欲求がくすぐられてしまう人もいるのです。

危なっかしくて気になる、放っておけない

メンヘラ女子には「何をやらかすかわからない」という特徴があります。

筆者の知人のメンヘラ女子は、これまでに数回「病んでしまい、電話番号、アドレス、LINE等、いったん全てリセットさせてしまいました。ご連絡の際は御手数ですが、メッセージください」

とSNSに書き込んでいたことがありました。

正直、筆者としては「またか…」という感想しか持てませんでしたが、男性の中にはそんな彼女を「放っておけない!」と本能的に思う人もいるようです。

メンヘラ女子の中にはリストカットなどの自傷行為を繰り返す人もいるので、保護欲求の強い男性はその危なっかしさに「この子は、自分がいないとダメなんだ!」と、つい思ってしまうのです。

人当たりや第一印象が良く、人に取り入るのがうまい

メンヘラなのになぜかモテる女性は、「そういう人が彼女だったらめんどくさい」と言われる一方で、異性からはもちろん、職場などで年上の人からなぜかかわいがられる「愛されキャラ」であることがあります。

彼女たちは「かまってちゃんアピール」で、異性や周囲の人の「守ってあげたい」本能をくすぐる方法を体得できているのです。

それが自然にできるため、彼女たちは男性だけでなく周囲の色々な人に対して人当たりや第一印象が良く「良い人」と思われます。

簡単に言えば「人に取り入り、媚びるのがうまい」ということです。

筆者の知るメンヘラ女子は、舞台や映像などの仕事をしていました。

彼女は、ファン向けのブログやSNSにネガティブ発言を繰り返すなど病みキャラ炸裂でしたが、業界の関係者の信頼を得て様々なところで活躍していました。

彼女の第一印象は「バカがつくほど明るくて善良な人」に見えました。

そういったイメージも、彼女が「メンヘラなのに愛されキャラ」になる要因の1つなのです。

メンヘラのテクは活かせる!

いかがでしたでしょうか?

あなたの周りの「どう見てもメンヘラなのに、なぜか彼氏が途切れない女子」にも、いくつか当てはまるところがあるのではないでしょうか。

「メンヘラ」は、男女ともに敬遠されがちです。

敢えて病みキャラの女子と付き合いたい!と思う男性は、決して多くはないでしょう。

しかし、彼女たちの「他人の心をつかむテクニック」は、恋人募集中のあなたには「モテのヒント」になるのではないでしょうか?

(カワモト野奈/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)