彼のあそこが小さいと、うっかりすると不要な言葉や態度で知らず知らずに傷つけてしまうこともあります。

あそこが小さい彼と付き合う時に、みんなが配慮しているポイントを紹介します。

human-688664_640

男性経験が少ないふりをする

男性経験が少ないと、他の男性との比較があまりできないので小さい彼でも変な不安を感じないでしょう。

たとえ経験が豊富でも隠しておき、行為に慣れていないふりをすることも必要です。

行為中にもあそこの先を触らないなど、慣れていると思われる仕草を避けると男性の方も気分よくリードが可能です。

挿入以外の部分で楽しむ

portrait-865007_640

行為は挿入だけではありません。

その前の前戯や口をつかっての行為も十分に快感を得ることができますので、それを楽しむのもひとつの方法です。

お互いにテクニックを磨くのもありでしょう。また口に入れる時は全部にしないことにも気をつけるとよいでしょう。不自然な演技は不要です。

膣を鍛えて締まりをよくする

膣の締まりがよいと、小さいあそこの彼でも感じやすくなります。

膣は筋肉でできていますので、脚や骨盤のトレーニングをすることで締まりの感触を強くすることはできます。

そうすればお互いに感度が高くなり行為も満足いくものとなります。最初は彼のサイズ感になれなくても、回数を重ねるうちにフィット感は上がってくるものです。

training-828760_640

無理なフォローをしない

男性はあそこが小さいということは少なからずコンプレックスに感じています。

そこを無理やり否定したり、フォローする必要はありません。

触らぬ神に祟りなし。話題にされてもよく分からないふりをしたりして、サイズについて触れないようにします。

もちろん他人と比べることはNGです。ショックを受けるとさらに萎縮してしまい、行為どころではなくなるかもしれません。

おわりに

彼のあそこが小さくても、彼に文句を言ってはいけません。

彼もきっとサイズのことを気にしているはずです。

そこでちょっとした気遣いや工夫で快感を感じさせやすい環境をつくったり、テクニックを重ねて満足のいく行為を目指せば、彼の小さいのも気にならないようになるでしょう。

(オトナの恋カツ編集部)