彼からも指摘される事が少ない膣の締まり。
加齢や普段の生活スタイルで女性の体は変化し、膣の締まりも変わってきます。
膣圧をあげるトレーニングで締まりをキープしておきましょう。

active-84646_640

肛門を使った膣トレは効果あり!

今すぐ実践できて、エクササイズしやすい膣トレとしては、
肛門に力を入れて締める、緩めるを繰り返す方法があります。
肛門に力を入れると、自然に膣口も締まります。
肛門の筋肉を締める、緩める、と普段から鍛えれば、膣の締まりも自然とよくなります。

 

スクワットで膣圧UP

sport-285773_640

ハードなエクササイズとして知られるスクワット。
しかしスクワットは下半身のヒップ、ウエスト、
そして膣圧トレーニングにもなる優れたエクササイズです。

まず足を肩幅に開いて立ち、息を吸いながらゆっくりと、腕を肩の高さまで上げます。
そして息をゆっくりと吐きながら、ひざを曲げ、そのまま暫くキープ。
その後ゆっくり息を吸いながら元の姿勢に戻します。
内ももと膣に意識を集中しながら続けると膣圧UPが期待できます。

 

骨盤底筋群を鍛えると膣も締まる

膀胱や尿道、子宮などを支える骨盤底筋群を鍛えると自然に膣も締まります。
出産などで骨盤底筋群が緩まると、尿道や膣が緩みやすくなり尿モレなどのトラブルに繋がる事も。
骨盤底の筋肉は、肛門を締め、お腹とお尻に力を入れて、
背筋をピンと立つ姿勢を保つことで鍛えられます。
膣が締まるだけでなく、スタイルが良くなる効果も期待できます。

 

膣を鍛える! ヨガやピラティス

ヨガやピラティスには様々なポーズがあります。
なかでも『犬のポーズ』は腰椎や骨盤のゆがみが解消できるポーズですが、膣トレにも効果的。

まず両手と両足を肩幅に開きます。
そしてひじとひざを伸ばして床につけ、息を吐き、背筋と脚の裏側を伸ばしながらその場でキープ。
両手両足だけで体を支えることで、膣も併せて鍛える事ができます。

他にも膣圧UPに効果があるポーズがありますので、
興味のある方はヨガやピラティスに挑戦してみてはどうでしょうか。

fitness-956643_640

膣エクササイズをすると、締まりがよくなる他にも、
感度がUPしたり加齢による尿漏れの改善、
そして生理痛が軽くなるなどの効果も期待できます。
彼とのセックスライフのためだけでなく、
鍛えることにより美容や健康に大幅にプラスとなります。

女子力をUPする感覚で、膣トレーニングを今日から始めてみてはいかがでしょうか。

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから