エッチは文字通りハダカでやる行為なので、人柄が如実に出ます。

ハダカでやらない人もいますが、人柄が出ます。エッチのたびに、彼に愛されるような人柄が出てくれば、彼にもっと愛されて、婚期も近くなるというものです。

今回は、彼にもっと愛されるエッチな小技に迫ります。さっそくご紹介しましょう!

02

1:彼の靴下を脱がせてあげる

「いざエッチをするとなると、男って、自分の靴下を脱ぐタイミングを逸しやすいものです。靴下を脱がないままエッチをしている姿もマヌケなので、彼女が気を利かせて脱がせてくれたら、すっごく気の利く女子に感じます」(27歳・IT)

細かな気遣いって大事だよね、ということです。

たとえば、テレビをつけたままエッチに流れたとき、「テレビ消す?」と彼に聞いてみるというのも有効でしょう。

2:「無理しなくていいよ!」

「ぼくが緊張して、なかなかイかないとき『無理しなくてもいいよ!』と言ってくれる彼女!ステキです」(25歳・教材販売)

「あたしのカラダでイかないなんて、ヘタレ男?」と思ったとしても、一応「無理しなくていいよ」と言ってみてはいかがでしょうか。

3:「あたし変態かも!」

「こんなに濡れるなんて、あたし変態かも!こう言ってくれたら、ぼくはもっと彼女のことを愛そうと思います。自分の恥ずかしい性格をおおっぴらに見せてくれているようなものだからです」(27歳・イベント制作)

エッチって、自己解放のひとつの手段でもあります。

彼は彼で昼間の自分を解放させるためにエッチしています。あなたも、妙な遠慮をせず、彼と一緒に自分を解放すれば、彼に好かれる……こういうことではないかと思います。

4:正常位のとき下から脚を絡める

「正常位のとき、下から脚を絡めてくるぼくの彼女!ぼくとすごくエッチを楽しみたいとか、ぼくのことを信頼してくれているかと、そういう雰囲気が伝わってきて、もっと愛したいと思います。女子が脚を絡めるのって、奥まで深く入るというのが理由らしいから」(27歳・通信)

彼の首に腕を回すなど、なにかを「絡める」行為ができれば、それを男子はうれしく感じるものです。

おわりに

エッチがあまり得意でない女子は、もう恥ずかしくて、通り一遍の行為だけでエッチが終わってしまうこともあるかと思います。

恥ずかしさのあまり遠慮して、自分の人柄を彼にアピールできないまま、エッチが終わってしまうって、とってももったいないことです。

エッチはお互いの人柄を知りあうために、すごく重要な行為です。さっそく今夜、ご紹介したテクニックを使ってみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)