胸の話はまだしも、陰部まわりの話題は、大っぴらには周りに聞けない繊細なもの。

しかし、女性なら必ず「実際はみんなどうしているんだろう」と疑問に思うことです。

気になるけれど、時代も考えも違う親には聞けないし……、一人で悩んでいませんか?

というわけで今回は、惜しげもなく、ざっくばらんに話してくれる女性を集めて、お話を聞いちゃいました!

13368377714_d8987a043d_o

「夫に言われて、Iラインはしたの。後ろから凄く見えるよって言われて……」(38歳女性)

昨年お見合い結婚をしたKさん。

Vラインは身だしなみとして日常的にしていたとのことですが、旦那様に指摘されてしまったのだそう。

自分では正面からしか確認できません。後ろから毛が見えてしまうだなんて、言われないと気が付かないことです。

処理しすぎても「プロみたいで嫌だ……」という男性もいらっしゃるので、好みの問題もありそうですね。

「VIO全部! パンツスタイルが多いから、お尻に下着のラインが写るのが嫌で実はTバックを履いているんです」(30歳女性)

おおっと、爆弾発言が。

モデルのように美脚美尻の彼女に、そんな秘密があったとは!

確かに、パンツスタイルにこだわりを持っている女性の中で、Tバックが広まりつつあるとは聞いていますが、筆者は何やら心もとなくて……。

脱毛サロンの場合、数年間経つと生えてきてしまう可能性があるので、高いけれど医療脱毛にしたとのこと。

「男性のお医者さんの前で四つん這いになってお尻を向けたのよ(笑)」

す、すごい!

「Vラインの形をどれにすれば良いかよくわからなくて、(脱毛サロンの女性に)何でもいいですと答えたら、指1本分の幅しか残してもらえなくって……」(29歳女性)

陰部周りに自信がなかったAさん、せめてVをと思い、脱毛サロンに飛び込んだところ、大きさの違う逆三角形、丸い形、ハート型、幅の違う長方形などがあり、困ってしまったとのこと。

永久脱毛なので二度と戻りませんし、選択には気を付けたいものです。

Aさんは彼氏に前もって事情を話してみたら意外にも喜んでくれたそうなので、結果オーライということでしょうか!?

「Oラインをよくよく見るとグロテスクだから、できる限り綺麗にしようと思って、切断面を焼くタイプの処理機を使っています」(25歳女性)

清純系の彼女は、初体験の時に彼氏が陰部まわりの処理を綺麗にしてくれていたことを、「別の彼氏ができた後に知りました……」とのこと。

脱毛サロンや医療脱毛はお金がかかるので、チクチクしないようにできる限り整えているんですって。

おわりに

普段なかなか聞くことができない話題とあって、かなり盛り上がりました。

盛り上がりすぎて部屋の外まで声が聞こえてしまったぐらい。話題によっては声のトーンに気を付けましょうね(笑)。

「そうか、そういうものなのか」と思いを馳せていたら、後で別の女性から、「大切な場所で守る部分だから必要あって生えているんだし、普通でいいと思うよ、私は」と耳打ちされました。

そうですよね、色んな美学がありますよね。カレの好みだけに左右されず、自分も過ごしやすい状態が見つかるといいですよね。

(オトナの恋カツ編集部)