彼にガッカリされたくなくて、エッチに臨む際は下着選びやボディケアを頑張っている女子は多いでしょう。

でも、そんなに気を張る必要はないのかもしれません。

丹念に磨いた肌に、勝負下着をつけたあなたに敬意をはらい、彼も毎回ゴムのところに有名ブランドの名前が入った下着を穿いている可能性も。

でも本当は、彼も履き古して肌触りが抜群になった3枚1000円のパンツで事に及びたいのかもしれませんよ。

さて、どんなところに男性は「彼女の生活感」を見て安心し、「かわいい」と思っているのか、さっそくご紹介したいと思います!

セックス中、男子が見てキュンとしてる「女子の生活感」4選

下着のほつれ糸

彼女の下着からチョロッと出ているほつれ糸を見て「おおいに安心する」と言っていた男子もいました。

股間の隙間からなぜかひょろっと出ている長さ1センチくらいの白い糸とか……。

女子のほつれ糸を見て、男子は「だらしないなあ」なんて思いつつ、ちょっと安心するんですね。

なぜなら男子って好きな女子のことを、「おれよりいい生活をしている人」だと誤解(?)している節があるから。

とはいえあまりにボロボロだと彼に心配されてしまうので、そういう方はそろそろ買い替えたほうがいいかもしれませんね。

パンツの後ろからはみ出たタグ

そのタグが、度重なる洗濯によって、文字が読めない程度に劣化していたら、さらにいいのではないかと思います。

少ない勝負下着を使いまわしている女子のなかには、何度も洗濯してタグが劣化していることに気づいていない人もいるでしょう。

そうでなくとも、ベロンとタグが出ているのを見て、男子は「もう、仕方ないなあ」と、守ってやりたいような気持ちになっているものなんです。

ねじれているブラ紐

ねじれているというか、よじれているブラの紐に、男子は女子の「生活感」を見ているようですね。

「彼女ったら、急いでデートの準備をして家を飛び出してきたのかな……右の後ろのブラの紐がよじれている」なんて思いを馳せながらホックを外すのです。

お尻の虫刺されの跡

お尻の虫刺されとかニキビの跡を、各種クリームで消そうと努力している女子だっていると思います。

あるいはそもそも虫がつかないように、寝具その他にレイ●ップをかけまくっている女子もきっといるでしょう。

でもやっぱり、1つくらい虫刺されの跡があったほうが、男子って安心するように思います。

それに跡を消すのは時間も手間もかかりますから、とりあえず色より形ということで、ヒップアップ効果のある下着で美尻を目指してもいいかもしれませんね。

男は女子の「隙」を愛す

音楽なんてとくにそうらしいですが、楽譜通りに演奏したくらいでは「お客さんは喜ばない」と言われているそうです。

そういうときに、四角四面に「ちょっとゆっくり」演奏するのではなく、「自分の感じ方」を少し優先させて演奏すると、そこにお客さんが死ぬほど感じるということがあるのだとか。

エッチも同じで、「いい女子」を目指そうと思えば、いわゆる「エッチのマニュアル(正解)」に、変化球を加えてあげるといいでしょう。

たとえば、エッチのときだけ着けるレースたっぷり、谷間くっきりのセクシーなブラの紐を片方だけよじっておくといいのです。

そういう「隙」を見て、男子は「こいつ、かわいいな」と情が湧いてくるものなんですから。

(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)

ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット