セフレに対して否定的な人もたくさんいますが、筆者は「別にいいんじゃない?」というスタンスです。
真剣交際する恋人や旦那さん、奥さんがいればダメですけど、独身で特定のお相手もいないのであれば、割り切りの関係を持つのもアリなんじゃないでしょうか。

ただ、この『割り切った関係』というのが、実に難しいところ。
完全に打ち解けているわけではないので、本命の恋人よりも気を遣うべきところがあるのです。

今回は、身体だけの仲を築くためのお作法……特に、割り切りのセフレに言ってはいけないを見ていきたいと思います。

割り切り

「私のこと、好き?」

セックスフレンドの定義とは、『性行為を楽しむことを前提とした男女の関係』です。
繋がりを持つ目的が快楽を得ることですから、セフレとの間には恋愛感情や嫉妬、独占欲は存在しません。恋心を抱いて「いつも一緒にいたい」などと思うようになれば、セフレという割り切りの関係性は成り立たなくなります。

ですから、「私のこと、好き?」という質問自体がそもそも意味不明ですし、聞くべき内容ではないのです。セフレ男性からすれば、「嫌いじゃないからエッチはするけど、本命彼女にするつもりはないから好きじゃない」と白けるだけです。

女性には、疑似恋愛を求めてセフレを持つ人もいるでしょうが、男性にそういう考えを持つ人は少ないはず。身体だけの関係に望むことはセックスオンリーの割り切りで、精神的な繋がりはほとんど求めないでしょう。

ただ、セフレを本気で好きになってはいけないというわけでもないので、割り切ったセックスがつらくなるほど相手を想うようになったら、慎重に関係の見直しを図ってみてください。
やり方次第では、割り切りのセフレが本命彼氏になることだってあるのです。

 

「彼女作らないの?」

セフレ男性が自分から話さない限り、好きな人がいるかどうかは聞かない方が良さそうです。
筆者は、本命がいるならセフレは持つべきではないと考えますが、彼女や奥さんがいるにもかかわらず、セックスを楽しむだけの割り切った相手を作る男性が結構います。

また、そんな男性に彼女や奥さんの話題を振っても興ざめするだけで、エッチに集中できなくなるかもしれません。セフレの目的は性的快楽を得ることですから、それが達成しなくなれば本末転倒。

あるいは、交際相手がいなくてセフレを持つ男性であっても、「彼女作らないの?」という女性の質問を、本命彼女ができずモテないことを責める(からかう)意味に捉える人がいるので、やはりNGワードだといえます。

割り切った関係とは、つまり相手のプライベートに踏み込みすぎない、大人の関係だということ。適度な距離感が測れない人は、割り切りのセフレを持つことには向かないでしょう。

 

まとめ

浮気や不倫とセフレはまったくの別物だと、筆者は考えます。

今は女性の幸せが多様化していて、結婚だけでなく、仕事や趣味に生きがいを見出す人も少なくありません。そんな中で恋愛の優先順位が低くなるのは致し方ないのかな、と。本命彼氏ができない間はセフレを作るのもアリじゃないかと思うのです。

自分のやりたいことに没頭していて『セカンドバージン』になり、久しぶりにできた彼氏とのエッチに委縮するより、つねに誰かから女性として見られ続ける方が、恋活・婚活をする上では断然有利です。

だからこそ、セフレを持つならマナーをわきまえて、良い「割り切り関係」を築くべきでしょう。

Photo by Kunonguyen

恋愛相談掲示板

友達にも言えない大人の関係でのトラブル。周りには相談できない恋愛の悩み。

困った時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから