みなさんは、エッチ中に言葉によるコミュニケーションをとっていますか?

「あんっ……あんっ……」と言葉にならないコミュニケーションもそれはそれで興奮を誘いますが、しっとり気持ちよくなりたい夜には、少しエッチな愛の言葉も効果的。

そこで今回は、最中に囁きたい、彼が興奮する「愛のセリフ」をご紹介します。

最中に囁いて♡彼が興奮する「愛のセリフ」

感情を刺激する「愛してる…」

エッチ中でも、とくにお互い気持ちよくなっている際に、ぜひ囁いてほしいのが「愛してる…」。

このときには、すでに聴覚や言語理解よりも、触覚の快感が意識の大半を占めていますので、ほぼ無意識化に「愛してる」が入り込み、触覚の「気持ちいい」感覚とリンクしていきます。

上手く何度も繰り返せば、パブロフの犬のように、あなたから「愛してる」と言われること自体が「気持ちいい」と錯覚させますし、さらに進むと、あなたの「愛してる」なしでは気持ちよくなれないところまで、もっていくことができますよ。

愛しさから出る「かわいいね」

普段、「かわいい」と言われると嫌がる男性は少なからずいます。

舐められているような気持ちになるからですね。

しかし、エッチ中に囁く「かわいい」は、また別の意味。

「相手を愛でる気持ち」がじゅうぶんに伝わります。

ポイントとしては、相手の反応を「かわいい」と伝えること。

間違っても、脚と脚の間にある特定のパーツを「かわいい」とは言わないでください。

悪意のあるトーンにとられてしまうと、彼は大きなショックを受け、この後の性生活にも支障が出てしまうかもしれません。

つながったときの「うれしい」

これはあまり言えている人が少ないのですが、だからこそ効果的なのが、「(あなたとつながれて)うれしい」という言葉。

エッチは愛の営みとはいえ、男性の興奮状態は「攻撃性」とリンクする部分があるようです。

そんな男性が欲情できるシチュエーションは大きく分けると2つあり、ひとつは「悪い女をこらしめる」。

そしてもうひとつが「良い子を汚す」。「うれしい」という言葉は、後者を刺激するのです。

愛している人とつながっていることのうれしさを、素直に表現できる。

こんな純粋な良い子は、なかなかいません。それを汚す快感を、愛する彼に与えてもいいのかもしれません。

たまには彼に囁いてみて♡

エッチ中に囁きたいセリフを3つご紹介しました。

他にもありますが、今回は、はしたないものではなく、愛情を表現しながら使えるものを厳選しています。

ラブラブしながら、たっぷり気持ちよくなってくださいね。

(塚田牧夫/愛カツライター)

(オトナの恋カツ編集部)