対面座位って顔が見えていちゃいちゃ感が合って楽しいですよね。女性で特に好きな人や、挑戦してみたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、対面座位の種類から持ち込む流れ、男性の意見、メリット・デメリットまで徹底的にまとめていきます。

対面座位に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

対面座位とは?

対面座位とは?

まずは簡単に、対面座位について解説します。

対面座位とは、お互いに向かい合って座った状態で行う体位の1つです。正常位、バック、騎乗位の次くらいにメジャーな体位と言えるでしょう。

体が密着するので、イチャイチャしたい人には特におすすめしたいですね。

対面座位の種類

対面座位と一口に言っても、さまざまな種類があります。ここでは対面座位の種類に関して解説します。

伸脚前座位(しんきゃくぜんざい)

伸脚前座位とは、男性が足を伸ばした状態で女性が向かい合って座り、挿入するポーズです。

男性は足を動かせず女性の座り方によっては下半身動かすのも難しくなるので、基本的には女性が主導して動く体位となっています。

楽座座位(らくざざい)

楽座座位とは、あぐらをかいた男性の上に女性が対面した状態で挿入する体位です。男性のお尻から膝にかけて自由が効きやすいので、一般的な対面座位よりも体を動かしやすくなります。

対面座位の中でも、男性側に動きを任せたい人におすすめです。

正座前座位(せいざぜんざい)

正座前座位とは、その名の通り正座した男性の上に女性がまたがって挿入する体位です。男性側は体を突き出す格好となるため、女性の膣奥を刺激しやすい体位になります。

ただこの方法は、男性のペニスにそれなりの長さが必要になるのと、男性の下半身に負担がかかるデメリットがあります。

長時間正座前座位を続けると足がしびれてしまう可能性があるので、体重の掛け方と挿入時間には注意しましょう。

椅子前座位

椅子前座位とは、椅子に座った状態の男性に対面して挿入する体位のことです。

男性はひざ下が圧迫されず、姿勢も楽になるので対面座位の中でも体をコントロールしやすくなります。

カーセックスや、外でのセックスでも有効です。

対面座位のメリットデメリット

次に、対面座位のメリットとデメリットについてまとめていきます。

イチャイチャ感をたっぷり味わえる対面座位ですが、男性目線で考えると意外とデメリットがあることがわかります。

メリット

まずはメリットから見ていきましょう。

抱き合える

対面座位のメリットは、抱き合いながら挿入ができることです。

ぴったり向かい合って抱き合いながら挿入の状態を維持できるのは、対面座位くらいです。

パートナーにくっつくのが好きな人や、愛情をたっぷり感じながらエッチがしたい人には、対面座位はぴったりの体位でしょう。

キスがしやすい

対面座位のメリットとして、キスがしやすいことが挙げられます。

挿入時やピストンをしながらキスをするのが好きな人は、ぜひ対面座位を取り入れてみてください。激しい動きと同時にキスが盛り上がること間違いなしです。

視覚的に興奮できる

対面座位のメリットは、視覚的に興奮できることです。顔や体がよく見えるだけでなく、挿入部分もばっちり見られます。

騎乗位や正常位ではお互いの顔が離れてしまいますが、対面座位であれば相手の興奮する表情を楽しみながらセックスできます。

女性から動くことで女性が感じやすい

対面座位は、女性側が特に快感を得やすい体位と言われています。動きの基本は騎乗位と同じになり、女性側が主体的に動くのが基本になります。

そのため、自分の感じるポイントさえ分かればオーガズムを感じるのも難しくはないでしょう。

騎乗位と対面座位でのみ深くオーガズムを感じられる女性は少なくありません。

早漏気味の人でも長持ちしやすい

対面座位の場合、男性は射精しにくくなり、早漏の人でも長く挿入時間をキープできます。

これは、自分から動けないことで自分の感じるポイントに当てられないからでしょう。

パートナーの男性が早漏でなかなか満足できない人は、さりげなく対面座位に誘導してみると良いでしょう。

デメリット


次は対面座位のデメリットを紹介します。対面座位にハマって毎回取り入れるのも良いですが、念のためデメリットも把握しておきましょう。

男性側が射精しにくい

対面座位のデメリットは、男性側が射精しにくいことにもあります。

早漏の人が長持ちするのはある意味メリットですが、どうしてもフィニッシュの体位とはなりにくいのが一般的です。

対面座位でフィニッシュするなら、女性側にある程度のテクニックが必要になるでしょう。

途中で抜けやすい

対面座位は、動きが激しくなってきた場合はに途中で抜けやすくなる体位です。ただ抜けるだけなら良いですが、抜けた後のペニスを太ももの付け根で潰してしまうと強い痛みを与えてしまう可能性があります。

盛り上がって激しく動く場合は、余裕を持って抜けないストロークを頭に入れながら動きましょう。

女性側にテクニックが必要になる

対面座位は、女性が主体的に動く体位です。向き合って抱き合った後は男性任せにせず、自分で腰を振る必要があります。

受け身になりがちな人や、自分から動くのが恥ずかしい人でも男性任せにせず、積極的に腰を動かしてみましょう。

対面座位で大切なのは表情とにおい!

年上彼女の魅力

対面座位で大切となるのは、表情とにおいです。いやらしい表情や、素直に興奮する表情を彼に見せられれば、そのままどんどん盛り上がるでしょう。

また、髪や顔が特に近づくので、男性の嗅覚を刺激するのにもピッタリの体位です。

普段男性が嗅ぎなれていない、女性らしい香水やシャンプーの香りを漂わせられれば、興奮度が増してより楽しめるでしょう。

対面座位の男性意見

対面座位に関して、男性意見を調査するためにインタビューを行いました。

対面座位が好きな男性の割合としては、6対4程度でした。

激しい快楽を求める人からすると、自由に動ける正常位やバックの方が人気があるようです。対面座位を好む人は、イチャイチャを重視する人かM寄りの男性が多い印象でした。

対面座位が好きな人へのインタビュー

まずは対面座位が好きな人へのインタビューからです。

対面座位が好きな理由はなんですか?

理由はいくつかあります。1つ目は、密着感があって幸福を感じられること。

やっぱり好きな相手と顔を見ながらできるのは嬉しいし、他の体位にはない密着感があると感じています。キスもしやすいし、体全体が見渡せる感じがあります。

2つ目は、彼女が動いている姿を見れることです。対面座位はどうしても自分から動くのは難しく、お尻の辺りを持ち上げて動かすくらいしかできません。

なので彼女に上下に動いてもらうことが多いですが、自分で動いて自分の気持ち良い場所を探る彼女の姿を見ると興奮します。

対面座位の一番の魅力とは?

一番は顔が近くで見れることだと思います。表情の変化を楽しめるのは良いですね。

ある程度セックスに慣れた女性とするのが一番良いでしょう。女性側が自分の感じる場所がわからないと魅力が半減してしまう体位なので。

対面座位を楽しむコツは?

顔がタイプの女性と付き合うことと、自分から少しでも突き上げるように動かすことです。

姿がはっきりと見えるので、相手の見た目がそのまま目に移ります。

お腹が出ているのが気になってしまったりすると萎えてしまうので、全てが愛おしいと思える相手とするのが一番良いと思います。

あと対面座位は基本女性が動くものだとは思いますが、無理にでも下から突き上げると盛り上がりが加速します。

対面座位が苦手or好きじゃない人へのインタビュー

次は、対面座位が苦手か、好きじゃない人へのインタビューです。

対面座位が好みではない理由は?

自分からガンガン動く体位が好きだからです。下半身が自由に動かせないので、激しいピストンが難しいですよね。

女性をイカせるのにあまり適していない印象も強いです。積極的なSの女性が相手だったら楽しめるかもしれませんね。

後は重くてつらいのと、イキにくいのも理由です。

彼女が対面座位を望んできた場合はどうする?

相手が望んできたらもちろんします。

ただ、自分からは好んでしないだけですね。正常位と騎乗位のつなぎの体位として便利だとは思います。

どんな対面座位ならしてみたい?

パートナーが上下や前後に自在に動けて、テクニックがある場合ならお願いしたいです。

ただ基本自分がSで攻めたい願望があるので、それほど強く望んではいません。

対面座位への流れのパターン3つ

対面座位へ持ち込む流れを3パターン紹介します。さり気なく挑戦してみたい人は、このパターンを参考にしてみてください。

正常位から

対面座位に持ち込むの簡単な方法の1つ目として、正常位からのパターンです。

正常位でしばらく楽しんだ後、女性側が彼の体に捕まって体を起こします。

このとき彼を寝かせないようにして、上半身に抱きつきましょう。彼の上体が寝てしまうと騎乗位になってしまいます。

後はそのまま、腰を前後や上下に動かしましょう。首や腰、背中に手を回してバランスを取ることで密着感を楽しみながら腰を動かしやすくなります。

騎乗位から

騎乗位から対面座位に持ち込むのも比較的簡単です。騎乗位の態勢からパートナーの男性を抱き起こし、ハグしましょう。

ハグしたまま寝てしまうと別の体位になってしまうので、あくまで上体は起こした姿勢をキープ。

密着感やイチャイチャ感を楽しみながら女性側が主導して腰を動かしましょう。

最初から対面座位

体位のつなぎとして対面座位を使うのではなく、最初からら対面座位に持ち込むのももちろん可能です。

ベッドでイチャイチャムードになった時に、甘えながら彼のひざに乗りましょう。後はそのまま反転して、姿勢を変えずに挿入できればOKです。

彼の体が寝ないように、背中や腰の裏に手を回しましょう。積極性が重要です。

対面座位でもっと感じさせる・気持ちよくなるには?

最後に、対面座位でさらに感度が高まるように、コツを解説します。

恥ずかしからずに女性が主導権を握るのが重要です。

しがみついて上下に動かす

対面座位で彼を射精を導いたり、より強く感じたいのであれば、男性の体にしがみつき足を完全にベッドの上について、ヤンキー座りの様な姿勢を取りましょう。

この姿勢になれば強く上下に打ち付ける動きが可能になり、男性をイカセやすくなります。

奥深くまで挿入できるので、ハードなピストンが好みな女性でも楽しみやすい体位でしょう。

膝をついてバランスを取る

上下のピストンではなく前後の動きが好みの場合や、上下に激しく動く姿を見せたくない人は、膝をついてバランスを取る姿勢を探しましょう。

膝をしっかりとつければバランスが保ちやすく、前後運動がしやすくなります。

男性にお尻を支えてもらう

バランス感がそれでも保ちにくい場合は、男性にお尻を支えてもらいましょう。

さり気なく手を取ってお尻と腰の境目付近に持っていけば自然と支えるポーズを取ってもらえます。安定感が増して、動きがしやすくなります。

普段動いてもらうお返しのような形で、男性の表情を楽しみながら動いてみましょう。

自分の気持ち良い場所を狙って動く

対面座位をより楽しめるのは、自分の気持ち良いスポットを把握している女性です。

そのためには、膣内への刺激に慣れてある程度自分のポイントを把握しておく必要があります。

普段のセックスや騎乗位で、自分のポイントを押さえておきましょう。Gスポットを開発できていると対面座位や騎乗位でイキやすくなります。

まとめ

今回は、対面座位の種類や方法、男性へのインタビューを詳しくまとめました。

対面座位は、男性からするとイキにくい体位ではありますが、幸福感や密着感を感じやすい、カップルにはおすすめの体位の1つです。

また、姿勢によっては深く挿入が可能となり、実は女性側が奥まで挿入しやすい体位の1つです。

基本は女性が主体的に動く必要があるので、バランスを保てる姿勢を維持しながら積極的に挑戦してみましょう。この記事を参考に、ぜひ対面座位へさり気なく誘導してみてください。

(オトナの恋カツ編集部)