男性とワンナイトでセックスをしてしまうと、そのままずるずると引きずってしまいセフレになってしまうこともあるでしょう。

セフレになれば、ペースが乱れてしまいますし、本命になるのは中々むずかしいことも……。

この記事読んでいる方の多くはおそらく、

「セフレにされやすい人の特徴は?」
「セフレから本命になるには?」
「セフレを作る男性の特徴を教えてほしい!」

などのお悩みを抱えているかと思います。そこでこの記事では、セフレになりたくない人のために、男女の性格・特徴を解説しながら、セフレがどういうものなのかを解説します!

より良い出会いにしていくためにも、セフレの特徴をしっかり把握して、恋愛につなげていきましょう!

セフレ関係、男性も傷ついていた?本命になるための方法と対策

セフレになりやすい(されやすい)女性の特徴とは?

セフレになりやすい・されやすい女性は、それぞれに特徴があります。その特徴を把握しておけば、セフレにされづらくなれるはず。

もしも、あなたがその特徴に該当しているなら、今日のうちから改善していき、本命になるような努力をしていきましょう!

彼氏や好きな人にべったりな性格

まず紹介したいのが、彼氏や好きな人にべったりな性格をしている女性です。

俗に言う、「重い女」や「メンヘラちゃん」などのタイプこれに当たります。

この類の性格の人は、一部の男性(とくに遊び目的の男性)から重宝されており、「彼女にするならメンヘラがいいな」という人も多いもの。

というのも、このタイプの女性の多くが「自分を見ていてほしい」気持ちがあるあまりに、男性に尽くしすぎてしまったり、「捨てられないように」と、相手の要求にもなんでも従ってしまうことが多いため。

また少し口説かれただけで、相手に依存してしまうこともあるようですね。

このタイプを好きな男性の中には、「総じて性欲が強い」「尻軽」といったイメージを持っている人も多いようです。

男性からすると、多少仲良くして距離感を詰めれば体の関係に持ち込めると思っているので、(言葉は悪いですが)「ヤリやすい女」になってしまうのです。

仮に、あなたがこのような特徴があるなら、男性からそれを察されないようにしなければなりません。

恋愛至上主義・恋愛体質

恋愛体質の女性も、セフレにされやすい傾向にあります。

恋愛体質とは、相手のことをすぐに好きになるタイプのことを指します。

出会い系アプリ等で出会っては、すぐに相手のことを好きになり、相手に求められると、場合によってはワンナイトだけの体の関係も持ってしまうタイプ。

一目ぼれしやすいのもこの特徴の人であり、恋愛体質の人は総じてワンナイトやセフレ候補になってしまいます。

男性からすると、セックスをするには都合のいい相手だと言えるでしょう。

依存体質

最後に、依存体質の女性です。

依存体質とは、相手に依存をする人のことを指します。ここで言う「相手」とは何も恋愛関係にある相手に限らず、その時々で「自分に一番近い人」のこと。

友人でも家族でも、とにかく誰かそばで支えてほしい気持ちが強いタイプだといえます。

セフレから本命に移行できないのも、男性にべったり依存しているが故、「このままでいいや」と思われてしまっているから、ということも少なくありません。

しかし、依存体質の人は、「この人しかいない!」という感覚になってしまうので、たとえセフレだとしても「関係が切れてしまうよりはいい」とそのままにしてしまっている……ということですね。

「いずれ本命になれる」という気持ちがあるからこそだとは思いますが、やはり男性の本音としては「このままでいい」から変わることはないと思ったほうがいいでしょう。

――さて、そんな男性心理をご紹介しましたが、では一体どんな男性が「体の関係狙い」で近づいてくるのでしょうか?

要注意な男性の見分け方について、次の項でご紹介します。

どんな男性がセフレにしてくる?性格・特徴を徹底解説!

セフレにされたくないなら、男性がどういうタイプなのかを把握しておくと良いでしょう。

セフレにする男性の特徴はそれぞれありますし、把握しておくことでセフレにされずに済みます。

手を出すのが早い男性は、ライン等のメッセージの時点で、「体目当てっぽさ」を出してくるもの。そういう人と出会ったときは、最初から相手にしないのが吉です。

具体的にどんな傾向にあるのか、見ていきましょう。

出会い系アプリを多用している

まず、セフレを作りたいと思っている男性は、とにかく性欲が強いです。(だからこそ「セフレを作りたい」のかもしれませんが……)

とにかく体の関係を持つことしか考えていませんし、さまざまな手段を使って女性に近づこうとしてきます。

利用している出会い系アプリも多く、複数のアプリを使いながら、常日頃女性を見つけているようなタイプ。

また性欲が強い男性は、本命を一人作るよりも、セフレを複数人作ることで満足しています。

一人の人とセックスをするよりも、複数人とセックスをしたほうが自分の欲を簡単に満たせるからです!

その被害者にならないためにも、性欲が強そうな人は切っていきましょう。

手を出すのが早い

次に、手を出すのが早いという点。

男性の中には、手を出すのが早い人がいて、段階を踏まずに会おうとしてくるような人は、ヤリチンの可能性が高いです。

出会い系アプリ等で知り合った場合は、やり取りしてすぐに会おうとしてきます。
相手のことをよく把握しないまま会おうとしてくるので、そういう人は本命の人を求めていないです。

セフレを作る男性は、とりあえず会ってセックスをすることしか考えていません。
そのため、あらゆる手段を使ってアポを取ろうとしてきます。

相手から、会うのを催促された場合は、セフレにされる可能性が高いので相手にしないようにしましょう。

お酒が好き

最後に、お酒が好きという点です。

男性との初デートで、居酒屋をチョイスされた場合は、セフレにされる可能性が高いです。

お酒が好きな男性は、総じてヤリチンという相場が決まっています。

そういう人と出会っても、出会いに発展することはないので注意しましょう。

男性にもよると思いますが、お酒が好きな男性限ってボディタッチをしてきます。

依存体質で恋愛体質の女性は、それをされるだけで本気になってしまうのです…

一度体を許してしまうと、そこからずるずるセフレ関係を続けていくだけなので、あまりオススメできません。
セックスをするにしても、相手のことを知ってからするようにしましょう。

セフレと本命、どこで見分ける?

男女の関係の中で、セフレか本命なのかわからない人がいると思います。

都合のいい時だけに連絡をしてきて、セックスをするような関係はセフレですが、中には定期的に会おうとしてくる人もいます。

あなたが、同じような悩みを抱えているなら、これから紹介する見分け方で判断していきましょう。

恋愛感情があるかどうか

相手に恋愛感情があるかどうかで、セフレか本命か把握できます。

相手と会っている中で、少しでも以下の片鱗があれば、本命の確率が上がります!

男性に恋愛感情があるかどうか(つまり、本命かどうか)は、こんな言動から見抜けます。

・好きといってくれる
・毎日ラインを続けてくれる
・定期的に会ってくれる

セフレだけの関係であれば、定期的に連絡することは少ないです。

毎日連絡をしてくれて、その中で好きといってくれるなら、相手に恋愛感情があるということ。

その一環としてセックスがあるわけで、本命の可能性が高いのです。

しかし、相手から告白されるまでは、あくまでもセフレ関係なので、告白されるまで待つことが重要です。

行為中にキスをするかどうか

本命なのかセフレなのか判断する基準として、行為中にキスをするかどうかが挙げられます。

仮に、相手がキスをしてくる場合は、あなたを意識している可能性が高いです。

セックスをするのはよくても、キスをするのは嫌だという人は多いです。

これは、セフレと本命のライン引きであり、恋愛感情がある人にしかキスをしないと決めている人も少なくありません。

仮に、相手がセックス中にキスを求めてくる場合は、少なからずあなたを意識している可能性があります。

ただ、人によっては誰にでもキスをすることもあるので、事前に聞いておくと良いでしょう。

通常のデートをするかどうか

最後に、デートをするかどうかです。

セフレとライン引きをしている場合は、必要以上に会うことは避けます。

都合のいい時に、「今日空いてる?」等のアポを取ってセックスをしてさくっと帰えるような人は、セフレとしか思っていません。

しかし、セックス抜きに普通のデートをしてくれる人は、本命の可能性があります。

「軽くご飯」に付き合ってくれたり、旅行に一緒に行ってくれたり、恋人のようなデートをしてくれたり……この場合は、相手に別のセフレがいるとしても、その中でもあなたの優先順位が高いことは明確です。

セフレならセックスをするだけで済みますし、わざわざプライベートの時まで会う必要はありませんからね!

セフレにならないようにするには?

セフレになると、何かと悩みを抱えてしまいます。

変なことまで悩んでしまうので、できる限りその悩みは解決していきたいところです。

仮に、あなたがセフレになりたくないと思っているなら、以下の対策を実践していきましょう。

【セフレにならない対策】
付き合うまでセックスしない
ほかの人を見つける
相手を見分ける

最も重要なのは、ガードを固くすることです。

付き合うまでセックスをしないというのは良い対策であり、体の相性を確かめない人にオススメですよ◎

セフレにされそうになったら、別の人にアタックするというのも方法の一つです。

一つずつ、具体的に見ていきましょう。

付き合うまでセックスをしない

セフレにされてしまうのは、あなたが相手を見極めていないからです。

そもそも、付き合う前にセックスをしなければ、セフレにされる心配もありません。

順序を間違えるからこそ、セフレにされてしまうのです。

付き合う前に、体の相性を確かめるという人もいますが、そういう人こそセフレにされやすいです。

相手が本気ではない限りは、ヤルことしか考えていません。

一度セックスをしてしまえば、それがゴールになってしまうので、注意しましょう。

他の人を見つける

相手に、少しでもセフレの予兆が見えた場合は、他の人を見つけるのも方法の一つ。

一度セフレにされてしまうと、そこから関係を修復させるということはほとんどできません。

セフレから本命になることはほとんどありませんし、無理してあなたも本命になる必要はないです。

相手のことを見極めて、最初から本命にしてくれそうな人と出会えばいいだけですよ♪

いくら相手が魅力的だとしても、セフレ関係だけを続けても意味がありませんからね◎

相手を見極める

最後に、相手を見極めることです。

セックスをするにしても、相手を見極めないと、本命なのかセフレ目的なのか判断できません。

仮に、相手に以下のような特徴があれば、セフレにされる可能性があるので注意しましょう。

【セフレにする男性の特徴】は、この記事でも前述した通り。

・下ネタばかり話してくる
・ボディタッチが多い
・お酒を飲ませようとしてくる

などがあります。このようなタイプとは、いくらやり取りをしても意味がありません。

出会いが発展するとしても、その関係はあくまでもセフレです。

一緒にいる価値はありませんし、別の人にシフトチェンジしましょう。

セフレは男性も傷ついている?

セフレにされると、女性のみが傷つくという人も多いですが、男性も例外ではありません。

関係を続けていくと、良心が痛むという人も多いです。

実際、ヤるだけの関係というのは、我に返ってみるとむなしい行為です。

彼女を作らないと割り切っていたとしても、急に寂しくなります。

いずれ自分がしていることに気づきますが、その時は徐々に相手のほうから距離を置いていきます。

愛のあるセックスを求める人ほど、心理的距離を置き始めるので、連絡が急に少なくなってきたら、察してあげましょう。

まとめ:セフレではなく本当に愛してくれる人と仲良くしよう

セフレという関係は、かなり面倒ですし極力続けないほうが良いです。

本命になるかどうかを模索しても、結局は相手次第。相手がセフレと割り切っている以上、その関係しか続きません。

そのため、あなたもセフレと割り切るのではなく、本気で愛してくれる人を見つけましょう。

そういう人と仲良くすれば、変なことで悩む必要もありませんよ!

(オトナの恋カツ編集部)