セックスレスで悩んだ末に頭に過る「離婚」の二文字……。

実際にセックスレスで離婚に至る人は少なくないようです。

しかし、セックスレスが一概に破局へと向かうとは限りません。中にはセックスレスを解消して、離婚の危機を乗り越えた夫婦もいます。

本記事では、セックスレスの定義や実例をもとにした体験談、そしてセックスレスの解決策をご紹介していきます。

辛いセックスレスを乗り越えるヒントにしてみましょう。

セックスレスで離婚しないための解決策は?皆のレス体験談を調査

「セックスレス」の定義

カップル間や夫婦間で長期的にセックスしない状態のことを「セックスレス」と呼びます。

では、具体的にどれくらいの期間が空くとセックスレスといえるのでしょうか?

理由なく1ヵ月以上セックスしない

日本性科学会の定義によると「病気など特別な事情」が無い状態で「1ヶ月以上セックスがない」とセックスレスといえるそうです。

つまり、「セックスできる条件が揃っているのに1ヵ月以上の期間セックスしない」のがセックスレスの定義となります。

日本人の平均的なセックス頻度は?

では、日本人の平均的なセックス頻度はどれくらいなのでしょうか?

相模ゴム工業の全国29,315人を対象にした調査「ニッポンのセックス 2018年版」によると、以下のとおりとなっています。

  • 20代:男性4.9回 女性3.7回
  • 30代:男性3.0回 女性2.3回
  • 40代:男性2.0回 女性1.8回
  • 50代:男性1.5回 女性1.1回
  • 60代:男性1.1回 女性0.7回

参照:https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex2018/

年齢や性別によってバラつきがありますが、平均すると「月2.21回」ほどセックスしているようです。

セックスレスは日本全体の問題?

さらに、避妊具の大手メーカーDurex社が2万6,032人に対して実施した2006年の調査「世界各国のセックス頻度と性生活満足度に関する調査」では、世界の年間セックス回数を以下のとおり発表しています。

  • 日本:34回
  • アメリカ:48回
  • イギリス:40回
  • 中国:42回
  • インド:61回
  • ギリシャ:51回

参照:http://honkawa2.sakura.ne.jp/2318r.html

日本人のセックス回数は世界で最も低いことが判明しています。セックスレスは日本全体の問題ともいえ、誰しも直面しうるのです。

セックスレスが理由で離婚する夫婦はどのくらいいる?

時には離婚理由にもなるセックスレス。

いったいどれくらいの人が、セックスレスを理由に離婚しているのでしょうか?

平成24年度総務省の調査結果によると、離婚原因の中でも「性的不調和」が男性は約20%、女性は約19%を締めています。

「性的不調和」にはセックスレスや趣向の違いなど、性にまつわる問題全般が含まれているため、セックスレスの離婚率を直接的に示してはいません。

しかし、セックスが原因で離婚する夫婦が一定数いるのは事実のようです。

「セックス」は夫婦・カップルの関係性を続けるうえで、とても重要なポイントといえます。

皆のセックスレス体験談を調査

実際にセックスレスを経験したことがある人は、どんなきっかけや理由だったのでしょうか。また、どんな心境の変化があったのでしょうか。

セックスレスの体験談を聞いてみましょう。

子育てを頑張るうちにセックスレスに

「結婚当初は週に何度もセックスしてました。
でも、子供が生まれてから毎日が大変で…。疲れてセックスどころじゃなかったんです。
ふと『もう3年くらいしてない…』って焦りが湧いて、勇気を出して夫にどう思っているのか聞いてみました。」

こちらの方は、出産をきっかけに自然とセックスレスになったそうです。

そして、旦那さんにセックスについてどう考えているか聞き、じっくち話し合ってみたのだとか。

旦那さんは奥さんが子育てに翻弄している姿をいつも見ていたから、セックスレスになることへの理解はあったみたいです。
しかし、「セックスレスは寂しい」という意見は同じでした。

子供の成長に合わせて少しずつ二人きりのタイミングを増やしていく約束をして、今は一緒にセックスレス解消に向けて取り組んでいるそうです。

マンネリでセックスレスに

「妻とは交際1年で結婚して、結婚3年目です。妻は最初からそこまでセックスが好きではありませんでした。
もうお互いの身体のことを知り尽くして、セックスの頻度も日に日に減っていき、ついにセックスレスに。

それからはオモチャを買ったり、コスプレをしたり、ラブホテルを巡ったりして…、
どうにか今は妻にもセックスを好きになってもらえました。」

長く付き合って関係性が安定すると、多くの男女が“マンネリ”に直面します。

特に「交際から3年」や「結婚から3年」が別れや離婚の原因になるといわれていますよね。

こちらの方も、出会って3年目あたりから性欲がほとんど湧かなくなってしまったそうです。

当時は「好きなのにセックスできない」ことに葛藤を覚え、深く悩んだのだとか。

奥さんがセックスに興味を持ってくれたことをきっかけに、またセックスを「楽しい」「嬉しい」と前向きに捉えられるようになったみたいです。

今までと違うアプローチをとことん試したからこそ、奥さんの心に響いたのかもしれませんね。

セックスレスが耐えられず浮気

「あまりにセックスしなさすぎて、夫以外の人にドキドキするようになっていました。
職場の同僚といい雰囲気になって、セックスレスの悩みを打ち明けたらそのまま…。

拒むことなんてできませんでした、セックスしたかったから。
だけど、性欲は満たされても後悔で胸がいっぱいです。」

こちらの方は、セックスレスのまま離婚せずに耐え続けた結果、浮気に走ってしまったそうです。ご本人は浮気した事実を深く後悔していらっしゃいました。

きっとセックス以外の部分は満たされていたからかもしれません。

円満な夫婦なのにセックスレスになると、「離婚していいものか…」とためらうのも頷けます。

今はまだ婚姻関係を続けていますが、「浮気するくらいなら離婚した方がいいんじゃないか」という考えを仰っていました。

久々の旅行がセックスレス解消に

「毎日顔を合わせているうちに、どうやってセックスを始めればいいのかすら分からなくなってきました。
ベッドも別々だったから、きっかけがなかったんです。

思い切って久々の旅行に誘って、宿泊先で『しない?』と聞いたら『うん』と一言。
それからは毎月一泊程度のプチ旅行に出かけてセックスしています」

こちらの夫婦は家にいると生活感に流されて、セックスするモードに切り替えられなかったそうです。

そして、お二人のセックスレスが解消したきっかけは旅行。旅行は手軽に非日常感を味わえて、二人の関係性を見つめ直す良い機会になります。

まだ家ではセックスできていないそうですが、解決の糸口が見えただけでも順調ですね。

セックスレスが解消できずに離婚

「結婚する前からセックスの相性はあまりよくありませんでした。
でも、それが気にならないくらい素敵な人だから結婚したんです。この選択が間違いでした…。

全くセックスが気持ち良くなくて、それなのに気持ちいいセックスはしたくて。
セックスレスが続いて不満がたくさん溜まった結果、私達は離婚を選びました。」

こちらの方がセックスレスになった原因はセックスの相性。

結婚当初は「大丈夫」と思っていたけど、後から深く悩むようになり、気付いたらセックスレスが続いたそうです。

離婚を決めた理由は「解決しようがない問題だと思ったから」とのことでした。

確かに、結婚前からの問題だと急に解決しようと試みても難しいかもしれませんね。

セックスレスな夫の浮気が発覚して離婚

「セックスレス自体はそこまで気にしていませんでした。セックス以外のところは完璧だったから。
けれど夫は別の女とセックスしてたみたい。

こっそりスマホを見たんです。『なぜ私以外なの?』って頭が真っ白になりました。
私がいる意味を見つけられなくて…。もちろんそのまま離婚して今はフリーです」

セックスレスになると「相手の浮気が心配になる」という人も少なくないのではないでしょうか?

こちらの方は残念なことに、旦那さんの浮気が発覚して離婚に至ったそうです。

セックスレスからの浮気発覚に「裏切られた感覚」でいっぱいになり、結婚を継続するモチベーションを失ったのだとか。

セックスレス自体も辛いですが、それに浮気が加わればショックは計り知れません。

最初は自分の女性としての魅力をマイナスに捉えてしまったそうですが、離婚後は前向きに考えられているようでした。

セックスレスが原因で離婚しないための解決策

セックスレスが原因で離婚した人の体験談を聞くと、「本当は離婚したくないのに…」という辛い葛藤が見えてきます。

セックスレスで離婚しないために、いったいどんなことができるのでしょうか?

ここからはセックスレスの解決策をご紹介していきます。

セックス以外のスキンシップを増やす

セックスレスの状態で無理にセックスに誘うと逆効果。

まずはセックス以外のスキンシップを増やして、ゆっくりと段階を踏みましょう。

何気ない挨拶・感謝などの言葉がけを増やしたり、パートナーの話に丁寧に耳を傾けたり、時にはは一緒にしゃいだり、いやらしくない軽いボディタッチをしたり…。

こうした些細なやり取りの中で相手への好意は育ち、「セックスしたい」と思うようになります。

付き合っていた当初と同じくらい、細かなスキンシップも大切にしましょう。

異性としての魅力を磨く

「パートナーが太ってしまった」「いつもすっぴん」「色気のない服装」「寝ぐせのまま」

……このように、見た目が原因でムラムラしなくなり、セックスレスになるケースが少なくありません。

また、もしNGな見た目をしていないとしても、変わり映えが無いと飽きる可能性もあるでしょう。

一日家にいるだけの日でも少し華やかにしたり、ダイエットを頑張ったり、髪型を変えてみたり…。

こうした努力を重ねるうちに、「あれ、最近綺麗になった?」と惚れなおすかもしれませんよ。

趣味・スポーツなどを共有する

ずっと一緒にいると飽きてしまうのは自然な心理です。

そこで、共通の趣味やスポーツを楽しんで、心の距離を縮めるきっかけを掴みましょう

できれば「楽しい」「ワクワクする」と思えるものがベスト。

高揚感を共有すると恋愛感情と結びつきやすく、セックスのモチベーションに繋がります。

また、運動不足で性欲が落ちている場合も、身体の機能が高まってプラスに働くでしょう。

付き合い当初のようにデートする

結婚する前に訪れたデートスポットを、もう一度二人で巡ってみましょう。

近くに居る時間が長いとどうしても“当たり前”に感じるもの。

当時の思い出に浸るうちに、見えなくなっていた愛情や感謝に気付くきっかけが生まれるかもしれません。

新しい何かを取り入れる

今までと同じやり方でセックスを試みても、急に前向きになるのは難しいといえます。

そこでおすすめなのが、オモチャ・ローション・コスプレ・AV鑑賞などの新しい何かを取り入れてみること

身体の相性だけに頼るよりも、こうしたグッズの力を頼る方が気楽にセックスを楽しめます。

「試してみない?」と誘うと、新しい刺激への興味で応じてくれるかもしれませんよ。また、普段とは違った体位・プレイでセックスするのも効果的です。

プラスの理由でセックスを提案

「好きだからセックスしたい」とストレートに伝えましょう。

「好き」「セックスしたい」のどちらも、慣れとともについつい言わなくなりがちな言葉。

ムードや成り行きに任せるとうやむやになりやすいため、勇気を出して伝えてみることがおすすめです。

また、普段から「カッコいいね」「今日のファッション似合ってて素敵だね」と、相手の異性としての魅力を褒めてモチベーションを高めておきましょう

旅行などでセックスする環境を変える

セックスレスの原因が「環境だった」ということもあります。

人は場所ごとに意識を切り替える性質があり、リラックスするための空間でセックスするのは難しいのです。

家が安心できる環境であればあるほど、セックスが遠のいてしまうとも考えられます。

そこでおすすめなのが「旅行」です。「旅行をきっかけにセックスレスが解消した」という夫婦の体験談も多数見受けられます。

「料理を作らないと」「やっと仕事から解放された」「明日は7時に起きないと」などの他事に意識が向かないのも、旅行するうえでのメリット。

旅行先では日常の様々なしがらみから解放されて、セックスにも前向きになれるのです。

イクことにこだわらない

オーガズムを迎えたり射精することにこだわりすぎると、セックスへの「期待値」「義務感」「こだわり」が高まります。

キスやハグなどのスキンシップだけでも素敵なこと。挿入しなかったとしても、お互いの身体を愛撫をし合う関係性は幸せに満ちています。

「絶対イかないとダメ」ということはないため、二人のスキンシップを純粋に楽しみましょう。

セックスレスで離婚しないためにも

セックスは大切なコミュニケーションの一つ。

しかし、時にはちょっとした弾みでセックスに陥って、夫婦生活が上手く行かなくなる原因にもなり得ます。

セックスレスを解消したり、前向きに考えられるようになるには、パートナーと二人で向き合うことが欠かせません。

お互いに思いやりを持ちながら、勇気を出して話し合う機会を作ってみましょう。

(岡あい/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)