最後にパートナーに触れたのはいつだろう……どうしてあの人は自分を求めてくれないのだろう……。

そんな悩みをひとりで抱えている人はいませんか?

なかなか口に出すのは勇気がいるけれど、パートナーとのセックスレスで悩んでいる人はたくさんいます。

そこでこの記事では、セックスレスの定義やセックスレスに至った原因を紐解くと同時に、セックスレスの現状を打破するにはどうすればいいのか?を考えていきたいと思います。

もうひとりで涙を流さないで。あなたはじゅうぶんに「愛される資格」がある人です。

そもそもセックスレスの定義って?

そもそもセックスレスの定義って?

まずは、セックスレスの定義について簡単にご説明しましょう。

日本性科学会によると、セックスレスは「病気など、特別な事情がないにも関わらず、1ヵ月以上に渡って性交渉が無い状態」のカップルを指します。

「え?1ヵ月って案外短くない?」なんて思っている方も多いかもしれませんね。

しかし、これはあくまでも「定義」。一般的には、「カップルのうち、一方は性交渉をしたいと望んでいるにもかかわらず、長期間その行為が行われていない状態」を指します。

例えば、セックスが半年に1回だけだとしても、お互いがそれくらいの頻度で納得しているのであれば、それはセックスレスではない、ということになります。

反対に、1週間に1回はセックスをしているけれど、カップルのどちらかが、「その回数は少なすぎる」と不満に思っているのであれば、それは立派なセックスレス、ということなんです。

さて、このことを踏まえて自分自身の性生活を今一度、見直してみてください。

あなたが「自分はセックスレスだ」と感じる原因、それはいったいどこにあるのか……、なんとなく、見えてきましたか?

セックスレスになった意外な原因とは

セックスレスになった意外な原因とは

では、どんなきっかけで、人はセックスレスに陥ってしまうのでしょうか?

ここでは、実際にセックスレスになってしまた人たちに、その原因をリサーチしてみました。

納得の原因から意外な原因までさまざま。さて、この中に、あなたが思い当たる原因はありますか?

浮気をされたから

「彼が浮気をしていたことが発覚。すごく反省して『もう二度としない』と誓ったし、私もまだ彼のことを愛しているので再構築することに決めましたが……。
彼としようとすると、『このやり方で他の女を抱いたんだ』とか考えてしまって、どうしてもその気になれないんです。
浮気発覚から半年、セックスはありません。彼はそれでもいい、と言ってくれていましが、いつかまた、他の女性に手を出すんじゃないかって不安です。
でも、身体が受け付けないんです」(25歳女性/会社員)

「浮気は心の殺人である」と言われます。浮気をされた方は心に深い傷を負い、なかなか回復することはできません。

相手のことが許せない……と思って、どうしても受け入れられなくなってしまうのです。

浮気がきっかけでセックスレスになるカップルは、意外と多いようです。

彼がEDになってしまった

男性ってとってもデリケート。ちょっと心に不安や悩みを抱えていると、ダイレクトに身体に影響を及ぼしてしまうのです。

仕事のトラブル、シリアスな問題を抱えている……となると、セックスの最中でもそのことが脳裏を横切ってしまい、とたんに元気がなくなってしまう。
この場合は、原因を取り除くことができれば解決する可能性は高いです。

また、身体の不調が原因でEDになってしまうこともあります。この場合は、病気の完治が先決。まずは体力や気力をじゅうぶんに養うことが大切です。

深刻なのが、「パートナーだけED」。例えば長年つれそった妻を女性としてみることができず、どうしても欲情しない……というパターン。

このケースはなかなか根が深い問題で、女性側がダイエットする、セクシーな下着を付けるなど、かなり努力しなければならなくなります。しかし、このパターンのEDは、女性がかなり傷ついてしまいますよね……。

ひとりでした方がいいから

「こんなこと言ってもほとんど誰にも共感してもらえないと思うんだけど……、ぶっちゃけ、セックスよりも自分でした方が手っ取り早いし気持ちいい。
彼女はムードを大切にしたがるから、わざわざライトを消したりキャンドルをともしたりして、歯の浮くようなセリフを言って、彼女に奉仕して……というプロセスがめんどくさすぎる。
で、ついつい自己処理で満足しちゃって、セックスはご無沙汰に」(27歳男性/営業)

自分でお手軽に済ませる方が楽だから、パートナーとのセックスに積極的になれない、という人も。

「セックス=心の繋がり」ではなく「セックス=性欲の処理」というドライな考え方の人にありがちなパターンです。

相手のにおいが無理だから

外見も好み、性格も最高だけど、どうしても体臭や口臭が受け付けない……というパターンも。

事前にお風呂にはいったり、デオドラントスプレーをフル活用したりしてみても、においのすべてを消し去ることはできません。ましてや興奮すると、汗をかいてよけいに体臭がひどくなることも。

においに耐えきれず、パートナーからのベッドの誘いをあれやこれや理由をつけて断ってしまい、いつの間にやらセックスレスに.なってしまうのです。

疲れてそれどころじゃないから

出産後セックスレスになってしまう主な原因は、女性が育児に疲れ果ててしまい、とてもじゃないけどセクシーな気持ちにならないから。

実際に筆者の周りでも、「主人とセックスするくらい時間があるなら、その分眠りたい」と疲れた顔で訴えてくる女性もしばしば。

他にも仕事が激務で、毎晩ヘトヘトへとだから……なんて言う人も。

セックスを重要視していないから

「もともと私も彼氏も、あまりセックスが好きではない、というのと、そんなことより色々なことを語り合ったり、一緒に映画を見たり本を読んだり、出かけたりする方が楽しい。
他に有意義なことがたくさんあるので、セックスはなくても大丈夫です」(25歳女性/公務員)

これは「定義的にはセックスレスだけど、本人がそれで満足しているパターン」です。

お互いがそれで満足なら、他の人たちが口を出すこともないのですが、それはそれで非常に寂しく物足りない関係だな、という印象です。

身体の相性がよくないから

「正直、前の彼女とはセックスの相性が抜群だったから、どうしても今の彼女とのセックスが物足りなく感じてしまう。
今の彼女は少々マグロだし……。それでついつい彼女とのセックスが億劫になってしまっています」(27歳男性/小売業)

パートナーとのセックスに不満があると、どうしてもセックスしよう、という意欲はそがれてしまいます。

どこが不満か、どうしたらいいのか、を包み隠さず話しあえるなら良いのですが、「相手に引かれるかもしれない」「こんなことを言うと相手が傷つくんじゃないか……」など色々考えてしまって、言うに言えない、という人も。

居心地が良いから

「え?居心地がいいカップルって最高なのに……なんでセックスレスになっちゃうの?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

実は、この「居心地の良さ」がクセモノなんです。居心地が良すぎて、お互いリラックスしすぎてしまうと、緊張感が失われてしまいます。

つまり、恋人同士というよりも、家族・友人のような関係が構築されてしまうのです。

あなたは家族の裸を見てドキドキしますか?友だちの身体に触れたい、と思いますか?

一緒に居て安心できる、絶対的な信頼関係で結ばれている。それはそれで非常に素敵なことです。

しかし、ある程度のラインを越えてしまった居心地のよさは、男と女の関係に悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。

セックスレスで一番つらいことは…

セックスレスで一番つらいことは…

さて、セックスレスがどうして問題視されているのか?なぜ、セックスレスになると辛くなってしまうのか……?

その理由を探ってみましょう。

女性としての自信が失われる

パートナーに抱いてもらえないことによって、「もしかして自分には性的魅力がないのではないか?」「もしかしたら女としてみてもらえないのではないか?」という風に感じてしまう……。

「セックスレスになったことで、女性失格という烙印を押されたような気持ちになる」という女性は結構多いのです。

彼の愛情を感じられなくなる

1000回「好き」と言われるより、1回身体を重ねあうことのほうが、愛情を強く感じられることがあります。

逆に言うと、何度「愛してる」と言われても、身体に指一本触れる素振りも見せてくれなければ、寂しさは解消されないのです。

これからも一緒にいるという確約を得るために、「私はこの人に愛されてるんだ」と実感するために抱かれたい、そう思っている女性も少なくないはずです。

どんどんブスになる気がする

女性は好きな人と身体を重ねることで女性ホルモンが活性化し、ますます美しく輝くことができます。

また「愛されている」「満たされている」という自信がみなぎり、それが表情や態度に現れ、堂々とした立ち振る舞いができるようになるのです。

しかし、セックスレスになってしまうと「どうせ誰にも見られないから……」と下着選びやムダ毛の処理が適当になってしまったり、スキンケアをさぼってしまったりしてしまいがちに。

ダイエットだって、気合いが入らないですよね。

つまり女子力磨きのモチベーションが下がってしまう、ということです。

相手に申し訳ない気持ちになる

自分に原因があってセックスレスに陥っている場合は、「自分のせいで、相手が辛い気持ちになっているのではないのか」「自分を責めてしまっているのではないか」とパートナーに対して申し訳ない気持ちになってしまいます。

一方、相手にセックスレスの原因がある場合でも、「自分に何か悪いところがあるのではないか……」と、自分自身を責めてしまいがち。

いずれにせよ、罪悪感を抱きながら平静を装って接するのは、とてもしんどいものです。

欲求が満たされない

人間の三大欲求は、食欲、睡眠欲、そして性欲。

人は空腹や睡眠不足だと体調が悪くなり、酷いときには命に危険を及ぼす可能性もあります。

そんな食欲や睡眠欲と並べて挙げられる性欲が、満たされなくて平気なわけ、ありませんよね?

命に危険が及ぶ……とまではいかなくとも、イライラする、ネガティブ思考に陥ってしまう、など日常生活への影響は十分に考えられます。人によってはお肌の調子が悪くなってしまうことも。

性欲が満たされないって、とっても深刻な状態なんです。

友人と疎遠になってしまう

セックスレスに悩む筆者の友人が、こんな言葉をもらしました。

「街中で妊娠してる人や、子ども連れのファミリーを見るのが辛い。『あぁ、私は彼に抱いてもらえないのに、あの人はセックスしてるんだ……』と考えてしまうから」と。

ここまでではなくても、あまりにセックスレスに悩んでしまうと、他の人がみんな満ち足りた幸せな境遇にいるように見えてしまいます。

中には、「友だちと会って、近況報告するのが辛い。セックスレスなのを隠して、彼氏と順調だ、と嘘つかなきゃいけないから」と、友人と疎遠になってしまう人もいるようです。

セックスレスは、人間関係に影響を及ぼすことさえあるのです。

相手をリスペクトできない

セックスレスによって、「自分は大切にされていないのでは……」と感じると、相手のことも大切にできなくなってしまいます。

「好き」と言われても、「セックスはしたくないのにそんなこと言ってごまかしてる」などとうがった見方をしてしまい、素直に喜べなくなる。

相手が「友だちと遊ぶ」と言っても、「もしかして浮気してるのではないか?だから自分とはレスなんじゃないか」と疑ってしまう。

相手の気持ちを素直に受け止めることができず、よくない態度をとってしまう。好きなのに尊敬の念を抱けない……この相反する感情に苦しめられている人も少なくありません。

セックスレスで一番つらいことは……?

さて、ここまでいくつかセックスレスがつらい理由をピックアップしてご紹介してきました。すべての理由に共通して言えるのが、「心の結びつきが感じられないつらさ」

自分の気持ちが分かってもらえない、相手の気持ちが見えない、愛されているという実感が持てない……。

つまり、気持ちが通いあっていない、という事実がセックスレスの人たちを苦しめているのです。

身体がひとつになる、ということは心もひとつになる、ということ。セックスレスに陥ると、お互いの心がどんどん離れて行ってしまうのです。

そして、心が離れて行くのを実感しているのに、なすすべがないのです。

セックスレス解消には○○を上げること

セックスレス解消には○○を上げること

では、実際にセックスレスを解消するには、どうすればいいのか?を考えて行きましょう。

セックスレス解消への手段はただひとつ、非常にシンプルなこと。それは「お互いへの熱を上げること」です。

お互いに気持ちを高めあい、そして、心も身体もひとつになるには……いったいどうすればよいのでしょうか。

まずはお互いに話し合う

セックスレスであることに不満を持っている人たちのほとんどは、相手にその気持ちをぶつけていません。

これは、「例え恋人同士と言えどもセックスのことをオープンに話すのは恥ずかしい」と考えているからなのかも。

しかし、「このままじゃいけない」と感じているのなら、お互いオープンマインドな状態で、まずは現状の不満をしっかりと話しあうことから始めることが大切。

逆に言うと、話し合いができないかぎり、セックスレスが解消されることはありません。

・セックスレスのこの状態が不満であること
・とても傷つき、寂しい思いをしていること

を包み隠さず話しましょう。また、自分にセックスレスの原因がある場合は、その原因を正直に伝えること。

正直な気持ちを話しあうことで、お互いの足並みをそろえ、妥協点を見いだしていくのです。

労わりの気持ちを持つ

そして、相手に対する感謝の気持ちを持ちましょう。

「抱いてくれない」「愛してくれない」と相手を責めてばかりいると、ますます相手の気持ちはあなたから遠ざかってしまいます。

「側にいてくれてありがとう」と感謝の気持ちを述べてみましょう。

そして、相手への優しさを忘れないようにする。頑なな気持ちのままではセックスレスは解消できません。素直さと優しさを改めて持つことです。

仕事が疲れているようなら「毎日大変そうだけど大丈夫?」と伝える。悩みや不安を抱えている様子なら、黙って側にいる……。

肉体的疾患がセックスレスの原因なら、「側びいるだけで幸せだから」と伝える。

要は、あなたが側にいることで、相手が癒され、勇気づけられる環境を作ること、です。

「愛してる」と口に出す

今一度、自分たちは家族でも友人でもない「男と女の関係である」ということをお互いに認識するために、愛の言葉を積極的に口に出すようにしましょう。

「大好き」「愛してる」からはじまって、「今日の服装はとてもセクシーでかわいいね」「今朝のあなたの無精ひげ、ワイルドで男らしくて素敵」など、相手の男性的・女性的魅力について言及する。

お互いに「男と女」だということを強調するようなほめ言葉を頻繁に伝えにいくようにしましょう。

薬を塗ってあげる

言葉を素直に口に出すことができれば、次はスキンシップ。しかし、今までセックスレスだったのにいきなり……というのも難しい話です。

そこで、少しずつスキンシップを取って行きましょう。

しかし、「さぁ、スキンシップを取りましょう!」と言われても、どうすればいいのか……ととまどってしまいますよね。

また、「こちらから触れて拒絶されたらどうしよう」という恐怖心もあるはず。

そこで、おすすめなのが、相手の身体に薬を塗ってあげること。これからの季節、相手が蚊に噛まれたら、かゆみ止めや虫さされの薬を塗ってあげる。

怪我をしたらバンソウコウを貼ってあげる。

まずは自然な流れでスキンシップを取って行くようにしてみましょう。

マッサージをする

相手に触れることができたら、もう少しスキンシップを深めていきましょう。ボディタッチを多くすることで、お互いの身体に触れる機会を作っていく。

おすすめはマッサージ。相手が仕事が忙しくて疲れているようなら肩を揉んであげたり、立ち仕事が多い人なら足をマッサージしてあげたり。

マッサージをすることで気持ちもリラックスして、心の距離も縮まってきます。

手を繋ぐ

マッサージで、お互いの身体に触れることに抵抗がなくなってきたら、次へのステップへと進みましょう。

街をふたりで歩いているとき、ソファでふたり並びあって座っているとき、相手の手を握ってみて。

勇気が出ない人は、わざと人混みにでかけて「迷子になりそうだから」と相手の手を繋ぐ、ホラー映画を見て怖がっているフリをして相手に寄りそってみる、など、何かきっかけをつくってみましょう。

腕を組む

手を繋げたら次は腕を組んでみましょう。手を繋ぐことが自然になっているのなら、腕を組むことに対するハードルも下がってきているはずです。

デートのときに、「あっちに行きたいお店があるんだけど」とさりげなく相手の腕を取って誘導し、そのまま腕を組んで歩いてみましょう。

ハグをする

腕を組んだら次はハグです。このとき、あまり長い間ハグしてしまうと相手に「何かを期待しているな……」と勘繰られても困るので、一瞬の短いハグ。

外国人が挨拶する際にハグするイメージです。あくまでもセクシャルな雰囲気は出さずにさわやかにハグしてみてください。

こうして少しずつ、身体の距離を近づけていくのです。

抱き合って眠る

徐々にハグの時間を長くしていきましょう。

そして、最終的には抱き合って眠る。ハグすることが習慣化してきたら、その流れで抱き合って眠ることも抵抗なくできるはず。

その際、相手にプレッシャーを与えないように「こうしているだけですごく幸せ」ということを伝えるようにしましょう。

一緒にお風呂に入る

抱き合って眠ることができたら、次は一緒にお風呂に入ってみましょう。かしこまって、「明日、一緒にお風呂に入りたいんだけど」なんて伝えると、相手も身構えてしまいます。

自分がお風呂に入るタイミングで「一緒に入る?」と聞く。もしくは、相手がお風呂に入るタイミングで「一緒に入っていい?」と聞く。

相手がお風呂に入っているところに入っていくのもありです。

身体を洗ってあげる

何度か一緒にお風呂に入ったら、次は相手の身体を洗ってあげましょう。

上手くいけば、ここで相手がセクシャルな気分になるかもしれません。

そうならなくても焦りは禁物。ここでは、「裸の身体に触れること」に対するハードルを低くすることが大切なのです。

「触れ合いたい」ことを伝える

いよいよ最後の勇気を振り絞るときがきました。相手に「触れ合いたい」と正直な気持ちを伝えましょう。

ここでのポイントは、「セックスしたい」と伝えないこと。

例え相手の身体が反応しなくて中途半端で終わったとしても、お互いの身体を愛撫する、ということが大切なのです。

メインを「ひとつになること」に持っていくのではなく、裸でスキンシップをすること、セクシャルなムードの中でお互いの存在を一番近くに感じること、に重点をおいてください。

こうしてお互いの熱を徐々にたかめあうことで、セックスレスが解消される場合もあります。

セックスレス解消にいたらなくても、今一度、心の結びつきを再認識することはできるのではないでしょうか?

大切なのは、「お互いに必要な存在である」ということを実感すること、セックスはその手段のひとつに過ぎないのです。

セックスだけが愛の表現じゃないけど…

セックスだけが愛の表現じゃないけど

何もセックスだけが、愛情表現ではない……それはじゅうぶんわかっていること。

実際、何年もセックスしていなくても、強い絆で結ばれているカップルはたくさんいます。

とはいえ、「身体の結びつき」で愛情を確認したい、と思うこともあるし、昔の幸せな記憶が頭の中でフラッシュバックして、どうしても切なくなってしまうときもあります。

今、セックスレスで苦しんでいるあなたは、決してひとりではありません。同じように苦しんでいる人はたくさんいます。

そして、そんな人たちの気持ちが、この記事で少しでも救われたなら……幸いです。

(オトナの恋カツ編集部)