血液型別アプローチ

こんにちは、トイアンナです。

恋愛には哲学のように深い面もあれば「これだけで済む」小手先の技もあります。

そして小手先は、意外とバカにできません。

人間、付き合い始めるまでは相手の生き様なんて気づけないもの。

彼氏彼女になれば人間性が問われますが、デートするまで・告白されるまでの間口を広げるには技も重要なのです。

SNSでもモテるテクニック

そこで今回は、モテる女性に教わったLINEやSNSのDMで活用できる「これだけで告白される率が上がる」テクニックをお伝えします。

ほめることを習慣にしよう

まず、「ありがとう」「さすが」「頼りになる」の3フレーズを1日1回以上使いましょう。

男性相手にだけではありません。

女性相手にでも「さすが〇〇さん、頼りになります。ありがとうございます!」と言えるようにしておくこと。

ほめられて嫌な人間はいませんが、ほめるのが苦手な人間は多い。

ですからまずは全人類を相手に「ほめるクセ」を身に着けましょう。

といっても、ひたすら「さすが」「頼りになる」を連呼したら、根拠がなさすぎて”媚びてる感”が出てしまいます。

そこでほめるときは根拠をつけます。

「〇〇くん、いつも朝イチで来ててさすが」

「〇〇先輩、人が落ち込んでるときのフォローが自然に優しくて頼りになります」

ほめるときは変に声のトーンを上げず、「あ、コーヒー1つください」と注文するときと同じように、さらりと言いましょう。

慣れてきたら「前後」でほめる

ほめるテクニック

ほめることに慣れてきたら、時系列の「前後」でほめましょう。

「前、〇〇さんってピアスでしたよね。今日みたいな大ぶりのイヤリングも表情が明るく見えて素敵です」

こんな風に「同じ人の前と後を比較してほめる」と、喜ばれるチャンスが増えます。

その人のことをちゃんと理解してほめた感じが出るからです。

「あ、今日のショートヘアかわいいな」

「いつもと違ってアースカラーのジャケット着てる。似合ってるな」

といった気づきは、誰にでもあるはず。

そこで「今日すてきですね」と言われるよりも「以前の黒パンツもお似合いでしたけど、アースカラーもすごく似合うんですね」の方が聞き手にとってうれしいのです。

ディスは上級者の手段と知れ

と、ほめ方のテクニックをお伝えしたところで1点注意を。

モテるハウツー本にはよく「相手をほどよくディスれ」とあります。

たとえばモテる銀座のママなんかは「俺、仕事で叱られちゃったよ……」と凹む男性に「叱られて当然、やり直してこい! デキる男になるのを来世で待ってるわ!」とディスりながら勇気づけることもあります。

しかしこれはあくまで上級者テクニック。

初心者女子がディスをやると「ただのむかつく女」になる可能性が高すぎます。

まずは「ほめ上手」になって、デートや告白への間口を広げましょう。

(トイアンナ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)