男子がムラムラしたのかどうか、なかなか分からないというのが女子の本音ではないでしょうか?

今回は男子がムラムラしたときだけに見せる隠れた5つのサインについてヒントをお伝えします。

男子がムラムラっとしたときに見せる隠れた5つのサイン

サイン1:ズボンのポケットに手を入れる

男子はムラムラした際に、表情などよりも先に、身体的な反応をしてしまうことがあります。

そして、下半身の身体的な反応を隠すために、ズボンのポケットに手を入れてごまかそうとします。

女子に気づかれまいとして男子は行動しますので、女子からは分かりづらいかもしれません。

いきなりズボンのポケットに手を入れ始めたら、ムラムラに男子の身体が正直に反応したサインです。

サイン2:トイレタイムが長くなる

男子はムラムラしてしまうとつられてドキドキしてきます。

落ち着かなければということで、トイレなどで冷静さを取り戻すことも多いです。

女子からは中々分かりづらいですが、男子のトイレタイムが普段より長めの時は彼をムラムラさせることに成功しているサインの可能性が高いです。

ムラムラさせようと試みた際は、トイレタイムは長めに男子にもとってあげましょう。

サイン3:視線が固まる

女子には気づきづらいですが、男子はムラムラしてくると、妄想の世界を想像することに忙しくなり目線などが動かなくなってきます。

あなたが会話をしているのに、上の空のようにぼうっと1点を見つめているような感じになったり、どこかをずっと見つめているような表情になった場合は、ムラムラしている隠れたサインの可能性が高いです。

男子をムラムラさせようとしているときは、以外と男子は話を聞かなくなりますので、それを理解した会話が良いでしょう。

サイン4: 座って話そうとする

身体的に男子が反応し出すと、ズボンのポケットに手を入れただけでは収まらないケースもあります。

そうなると次に男子は、どこか座って、バレないようなところに移動しようとします。

デートの途中で、いつもと違って強引に座って話すような場所に行ったりする場合、男子はムラムラしてそれを悟られまいとしている可能性が高いです。

それまでずっと速いペースで歩いたのに、突然ベンチなどで座って話したいといったときなど、隠れたサインの可能性が高いです。

サイン5:手をつなぐよりも、肩を寄せ合ったりする方を好む

普段手をつないでデートしている男子が、手をつなぐのではなく、腕を組んだり、肩を寄せ合ったりすることを求めてきた場合、ムラムラしている隠されたサインの可能性が高いです。

手だけでは満足できず、より密着した姿勢を求め、自分のムラムラ妄想をさらに膨らまそうという欲求に男子が突き動かされていることの現れ。

ムラムラさせようとトライした場合、ある程度のボディタッチは許容してあげた方が、より盛り上がるでしょう。

おわりに

今回のヒントは、いかがでしたでしょうか?

男子をムラムラさせたい、そんなときは今回のヒントを参考に、隠れたちょっとしたサインを見逃さないようにしましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(オトナの恋活編集部)