おたがいに割り切った関係であれば、セフレもひとつの形なのかもしれません。

とはいえ、身も心も好きな人に愛されたいですよね。

それにセフレから恋人に昇格するのって、なかなかハードルが高いもの。

しかしちょっとした隙を見せてしまうと、男性からセフレ候補としてロックオンされてしまうことも……。

そこで今回は「男性がセフレに選ぶ女子」についてご紹介します。

1、呼んだらすぐにきてくれる子

恋愛において、フットワークの軽さは重要視されます。

でもいつでも呼んだらすぐにきてくれる女子は、彼らのエジキにされやすいもの。

筆者の知り合いも「大勢の飲み会だから大丈夫だろう」と急な呼び出しに対応したら、そのあとLINEでしつこく「いまから会えない?」と誘われていました。

疑問に思っていたら、その男性はフットワーク軽めの女子を狙って、セフレ相手を探していたんだとか……。

少しでも男性の下心を感じたら「別の日じゃダメかな?」と提案したほうが良いでしょう。

2、ハッキリ断れない子

よく「元カレと別れたばかりの子は、男に狙われやすい」とか「つねにさびしそうな女子は、セフレにされやすい」なんて言われますよね。

たしかにそういう傾向にはあるのかもしれませんが、たとえ誘われたとしても「セックスはしたくない」としっかり断りましょう。

見た目はハキハキして気が強そうなんだけれど、男好きなのかエッチが好きなのか、言い寄られると断れずに流されてしまう人もいます。

そうすると彼らの格好のエジキにされてしまいます。

数回にわけて口説かれ、そのまま体だけの関係に持っていかれてしまうことも……。

望まない結果にならないよう、自分の意思をしっかりもっておいてくださいね。

3、すぐに関係が切れる子

やはりセフレだからこそ、のちに面倒になるのは避けたいところ。

できれば簡単に関係を切れる相手を望みます。

特に街コンやアプリはお手軽ですよね。

また友達の紹介であろうと、連絡先をブロックされてしまえばそれで終わってしまいます。

「カッコいいから!」と飛びついてしまうと、エッチだけして音信不通になってしまうことも。

彼の素性がわかるまでは、慎重になるべきでしょう。

4、彼氏がいる子

彼氏がいるけれど、どこか物足りなさを感じていそうな女子も、セフレ相手に選ばれやすいです。

彼氏がいるのでたとえエッチをしてしまっても、女性側からその事実を公にできないことを、逆手に取っているのです。

男友達などに「最近セックスレスで……」など、ついポロっと言ってしまうのは危険。

「もしかして俺のこと誘っているの?」とカン違いされるおそれもありますよ。

おわりに

セフレを探している人は、どんなに小さな隙でも見逃しません。

だからこそすこしでもあやしいと思ったら既読スルーやブロックをする。

もしくはキッパリ断って会わないようにするなどの対応をしたいものですね。

(和/ライター)

(オトナの恋活編集部)