好きな人に会う前の日には、コーディネートやお肌のケアなどに力を入れる女性も多いはず。
ですが、せっかくの準備も“男性目線”を忘れていては、意味がありません。

今回は、意外とやりがちかもしれない“男性から敬遠されるセックスアピール”をご紹介します。

gatag-00012092

1:肌の露出を意識しすぎる

当日の服装は気合を入れて、前日から準備している方も多いでしょう。
ですが、胸元や太ももなど露出の多いものをチョイスしてはいませんか?
確かに男性は、女性らしさを感じる胸や太ももに「おお!」となることはなります。
ですが、あまりにもあからさまに露出してあるのは嫌がるんです。

1つは、もし付き合った際にも同じ服装をしそうだから。
男性というものは独占欲が強く「俺以外には見せないで!」と思っているので、
露出の多い女性との交際はちょっと……となることもあるのです。

もう1つは、見えないことに楽しみを見出しているから。
ちょっとした露出やチラ見えの方が男性の想像力は搔き立てられ、
あなたのことが気になって仕方がなくなってしまうのです。

 

2:狙いすぎ、ぽってりセクシー系メイク

「綺麗と思われたい!」と、気合を入れてメイクをする女性は多いのではないでしょうか?
そのため、普段とは違い、ちょっとセクシーなメイクに手を出す方もいるはず。

ですが、女性の皆さんも薄々お気づきのように、
男性は“女性のすっぴん”が一番いいと言っちゃうような生き物なのです。
そのため、セクシー系のメイクを逆に「ケバくない?」と感じられしまう可能性があります。

また、ぽってりとした唇やうるうるとした目を作るのも逆効果。
「目的はセックス?」と勘違いされてしまいますから、
できるだけ“ナチュラル”を意識するようにしましょう。

 

3:過剰なボディタッチ

ボディータッチも、やりすぎると「うっとおしい!」と思われがちです。

例えば、話の流れで肩をトンと叩いたりするのは全然OK。
そういった“数秒間のボディタッチ”は、男性の心をキュンっとさせるのに効果抜群です。

ですが、あまりにもベタベタひっついたり、膝や手などにずぅーっと手を置くのはやめましょう。
軽い女性だと思われる可能性がありますので、十分ご注意ください。

 

4:女性らしい仕草をやりすぎる

先日から放送されているドラマでよく見られている「髪をかきあげる」だったり、
「脚を組みかえる」だったり、「ピアスを触る」などの女性らしいとされている仕草の数々。

これらは、さりげなくやるから男性の心に響くのであって、
やりすぎると「ただの自意識過剰女」に見えてしまいます。
髪を触る時に「あ、確かこうすれば……」と思い出すくらいが、ちょうどいいですよ。

男性というのは、ちょっと手が届かなさそうな女性に惹かれるものです。
好かれようと狙いすぎなセックスアピールをする女性は敬遠されがち。
肩の力を抜いて、あえてあなたらしさを出した方が成功するかもしれません。

恋愛相談掲示板

友達にも言えない大人の関係でのトラブル。周りには相談できない恋愛の悩み。

困った時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから