入れたとき、とっても気持ちがいい女性のアソコのことを「名器」と呼ぶ……ということは皆さんご存知だと思うのですが、果たしてどんな状態を「名器」と呼ぶのか、疑問に思ったことはないですか?

今回は、いわゆる「名器」とはどんな状態なのか?男性陣に聞いてみました。

ズバリ男子に聞きました!「名器」ってどんなの?

締まるアソコです

「中の広さ、っていうのかな。やっぱりユルユルのアソコはあまり気持ちよくないんです。
キュッと締まるというか、ちょっと窮屈なくらいの方がやっぱり気持ちいいし、『あぁ、名器だなあ』って思いますね」(29歳/住宅メーカー勤務)

まずは、締まり具合。

あまり締まりがよろしくないアソコよりも、キュッと締まるアソコの方が気持ち良さは増す、と言うのが男性陣の意見。いわゆる「締りがいい」という状態なんだとか……。

女性陣の皆さん、お尻にキュッと力を入れて、アソコのエクササイズに励んでみてはいかがでしょうか。

なんか吸いつく感じ

「中に入れたときに、皮膚がまとわりつくというか、ぴったりと俺のアソコに密着してくるような感じのアソコ。
一度そういうタイプのアソコの持ち主とエッチしたことあるんだけど、あれぞまさしく『名器』だったな……。
あっという間にイッちゃいました」(24歳/貿易会社勤務)

こればかりは生まれ持った形状としかいいようがないのですが、外だけでなく、内部にもヒダがある女性器も、いわゆる「名器」と呼ばれる女性器です。

このタイプは、男性器にまとわりつくようなフィット感と挿入感があるので、男性陣は言葉にできないような快感を味わうことができるのだとか。

こればかりは自分で確かめようがないですよね……。

愛する女性のアソコです

最後に嬉しい意見をご紹介しましょう。

「そんなの、愛する彼女のアソコのことに決まってるじゃないですか!」(26歳/会社員)

「自分の好きな人のアソコが、世界一なんですよ」(24歳/営業)

形状や締まり具合なんか関係ない、大好きな女性のアソコこそ世界一の名器です!という男性も大勢いました。

確かに、私たち女性陣も、愛する彼のアソコの大きさなんて、さほど気になりませんよね。

それと一緒で、男性も、好きな人と一緒になれるのなら、彼女がどんなアソコの持ち主でも関係ない!ということなのでしょう。

自分に自信を持って

「自分のアソコに自信がない……」「たぶん、私は名器じゃない」なんて卑屈になる必要はありません。

きっと彼にとって愛するあなたのアソコこそ、世界で最も美しく、気持ちいい箇所に違いないはず。

大切なのは、「彼と一緒に気持ちよくなりたい」という気持ちなのです。

(オトナの恋カツ編集部)