今日はエッチしたいな~と思った時、相手にどう伝えてますか?

カジュアルに「しよっか?」と言える人もいますが、「そんなの恥ずかしくて言えない!」という奥ゆかしい人も、男女問わず結構いますよね。

今回は「エッチしたい」を意味する、いろんな「合図」を聞いちゃいました!

エッチの誘い方

濃厚なキスで探りを入れる

「私の彼はわりと淡白で、休日は一緒にゲームするだけで終わる時もあります。でも彼がしたい時って、軽いキスがだんだん舌を入れるディープキスに変わるからすぐ分かる(笑)。昨日も一緒にテレビ見てたらキスしてきて、そのままソファでしちゃいました。

舌を入れて、相手が舌を入れ返してきたらOKっていう暗黙のルールがあります」(25歳女性/会社員)

こういう「無言の合図」は、付き合っているうちになんとなく決まることが多いようです。

この場合、相手が舌を入れてこなかったら「不成立」ってことなんでしょうか……?

もしそうなっても、キスならあまり気まずくならないのがいいですね。

マッサージが前戯代わり

「私がしたい日はLINEで『今日マッサージしてよ~』ってお願いするのが定番。彼からOKの返信があったら、その日はお風呂上がりに腰をもんでもらって、そのままエッチに突入。腰痛持ちなんで、一石二鳥です(笑)」(32歳女性/会社員)

女性側にエッチの主導権があるケースは割と多いです。

女性にはどうしても「エッチできない日(生理中)」があるので、その方が男性も誘いやすいみたいですね。

ただ、男性も疲れていてできない日があるので、そのへんはお互いに気づかってあげましょう。

セクシーな香りでアピール

エッチのルール

「彼が泊まる日だけ、香水をつけてます。デート中から『今日はエッチしたいな』ってさりげなくアピールできますよ。お風呂の後は、セクシーな香りのベッド用香水に切り替えます。いつも彼が『いい匂い~』って言いながらクンクンしてきて、じゃれ合ってるうちにエッチになっちゃいます」(26歳女性/アルバイト)

香りは人間の脳にダイレクトに届くそうなので、エッチの合図にはぴったり!

官能的な香りでエッチOKをアピールしつつ、彼の性欲スイッチをONにする、素敵な方法です。

相手の気持ちも尊重しつつ、さりげなくが理想的

男女ともに「(したい時は)はっきり教えて!」という人と、「はっきり言われると萎える」という人は半々くらいいるようです(※筆者の半径3m調べ)。

どちらにしろ2人にしか分からない秘密の合図があるのは、お互いに気持ちが通じている証拠!

エッチを通じて、さらに絆を深めていけたらいいですね。

(オトナの恋カツ編集部)