性癖

「相性のいいエッチ」が、ネットでしばしば話題になっています。相性には物理的な問題もあれば精神的な問題もあり、非常にあいまいandややこしいテーマですが、今回は、精神的な相性についてお届けします。

精神的な相性を追求するうえでまず大切になってくるのは、お互いの性癖を理解しあうことです。

たとえば「犯されたい願望」のある女子は、それを正直に彼に言わないと、いつまでたっても彼はあなたを気づかってソフトなエッチしかしてくれない、なんてことになりかねないですよね。

性癖

ちゃんと話をしよう

というわけで、彼と性癖を理解しあう最大のポイントは、彼と性癖を正直に話すことです。

悩み相談を読んでいていつも思うんですが、みなさんエロに興味津々なわりに、彼氏とエロい話をしなさすぎです。

相手にドン引きされてもいいじゃないですか。「わたしは後ろから乳首がモゲるほどつまんでもらわないと感じないです」とか「僕は女子の制服姿に興奮します」とか、そういうことをちゃんと話さないと!

さらにマジメな話をするなら、相性のいいエッチをおおいに楽しんでいるカップルは、そういう会話をじつはちゃんとしているんですね。

だからカップルによっては、たとえば「オトナのおもちゃフル装備」でエッチに臨んでいるのです。

彼女は電マがないとイキづらくて、彼はローターでアレをああしないとイキづらいというのを、お互いに理解しあっているのです。

これ、ただのスケベな話ではなくて、ホントに大切なことなのです。

彼に目隠しをして!

とはいうものの、そう簡単に彼と性癖の話ができないという人もいるでしょうから、ここから先は「小ネタ」を2つご紹介したいと思います。

彼に目隠しをつけて、彼が見ていないうちに、あなたがやりたいことを全部やってみるという方法があります。これ、彼を攻めてみたい女子におすすめです。

彼に攻めてもらいたい人は、自分が目隠しをつけて、彼に「好きなようにしていいよ」と言うといいです。

あなたに見られていないのをいいことに、彼はあんなこともこんなこともやるはずです。その時はじめて、あなたは彼の性癖を理解することになります。

たとえば「彼はいつまでもわたしの脚をなめている、ということは彼は脚フェチなんだ」と。

エッチな動画を流しながらヤルといいです

これはわりとメジャーな方法なので、知っている人もいると思うけど、ラブホなどでエッチな動画を流しながら彼とエッチすると、お互いにわりと自分の性癖をオープンにしやすい、ということがあります。

Mっぽく見られているけどじつは男子のことを攻めてみたいと思っている女子は、エロ動画にそういうシーンが出てきたら「これやろうよ!」と彼に言うといいです。

彼にむちゃくちゃに攻めてもらいたい女子は、動画のそういうシーンの時に「わたしもあんなふうに激しく攻められたい」と言うといいです。

おわりに

いかがでしょうか。

相性のいいエッチができている人って、ふだんの生活の中でもわりと素直です。

つまり、自分が相手にやってもらいたことを嫌味なくさらっと相手に言えているし、自分が欲しいものを「欲しいです」と言えているように見受けられます。

相性のいいエッチは精神の素直さから――こういうことが言えるのではないかと思います。

(ひとみしょう/作家)

(オトナの恋カツ編集部)