初エッチでドン引き

念願の、彼との初エッチ。ふたりの距離がまたグッと近づく大きな第一歩ですね。

しかし、はじめてのエッチに気合いが入りすぎるあまりに、男性にドン引きされる行動を取ってしまう女性もいるんだとか。

そこで、はじめてのエッチで控えたほうがいい女性の行動について、男性に聞いてみました。

初エッチでドン引き

リードすること

「最初は男に誘わせて!はじめてのエッチってこっちも勇気がいるからタイミングが遅れることもあるかもしれないけど、そこは待ってほしい」(27歳/通信系)

記念すべきはじめてのエッチを女性にリードされては、彼の男としてのプライドもボロボロに。

女性からのお誘いは嬉しい!という男性は多いものの、さすがに初エッチぐらいは彼のペースに身をゆだねましょう。

ある程度の年齢になると、女性だってそれなりに経験を積み重ねている人もいるでしょう。

しかし最初からあまりにノリノリだと、「この子もしかして軽いかも……」と引かれてしまうこともあるようです。

男性だって、いい大人の女性が処女じゃないことぐらい分かっています。しかし、経験があることをわざわざ匂わせる必要はないのです。

完全なる遊び相手ならいいかもしれませんが、本命の彼を前にしたときは慣れた様子は隠しておきましょう。

下着に気合いを入れすぎること

「透けている下着を見ると、やる気満々だったんだな……と少し引きます。はじめてのエッチは、自然な流れで結ばれたって感じがいいのに」(29歳/理学療法士)

ボロボロの下着や、子どもっぽいスポブラ+綿パンツはちょっと……と思っている男性も、はじめから張り切りすぎた下着で挑んでくる女性には引くようです。

女性だって「今日はそんな雰囲気になりそうかな?」という日は、ムダ毛の処理や下着選びにも気合いが入りますよね。彼の好みもまだしっかり把握できていないうちは、上下セットの清楚系を選んでおくと無難かもしれません。

清楚系のセット下着なら、カジュアルな服装の女性でも「脱ぐと女の子らしいんだな」と、少し派手な見た目の女性でも「意外と純粋なんだな」と、プラスのギャップを与えられそうです。

ゴムなしを受け入れること

「ゴムをつけようとしたとき『なくても大丈夫だよ』と言われて、一気に萎えました。エッチするのをやめようかと思ったぐらいです」(26歳/金融系)

男性はやっぱりコンドームなしのエッチが好き!と勘違いしている方は、要注意かもしれません。

男性だって、最初からゴムなしは重すぎると考えている人が意外と多いそうです。

あまりに生エッチに慣れている様子だと「病気を持っているのでは?」とか「妊娠したって責任を取らされるのでは?」と恐怖を感じることすらあるとか。

彼が盛り上がってうっかりゴムなしを要求してきたとしても、そこはきっちり「つけて」とお願いするのがおすすめです。

やっぱりウブな女性が無難?

「恥ずかしがりすぎはダメ」という恋愛テクニックも確かにあります。

しかし、初エッチのときはウブな女性を演じるぐらいのほうが無難なのかもしれませんね。

“はじめは慣れていなかったけど彼のテクニックによって開発された”と思わせることができれば、彼はもうあなたしか見えなくなるかも!?

(オトナの恋カツ編集部)