たまにはこっちからグイグイいくエッチがしたいけど、攻め方がわからない……そんな悩みを抱えているあなた、もう大丈夫!

この記事を読めば、あなたも立派な攻め上手に変身です。今回は、男性が最高にたかぶる攻め方を、「ボク、めっちゃ燃えました」なエピソードとともにご紹介します。

まずはお手軽に…言葉攻め

攻め初心者にまずおすすめしたいのが、言葉攻め。何も難しく考える必要はありません。「どうされたら気持ちいいか教えて?」と彼のリクエストを聞いたり、「今日はいつもより大きくなってるね」なんて、彼の状態を実況するだけでいいのです。

「エッチのとき、耳元で『もう大きくなってるじゃん。気持ちいいの?もっと気持ちよくなりたい?』と聞いてきた彼女。そのセリフだけでイッちゃうかと思った」(28歳/不動産会社勤務)
セクシーな言葉を彼に言ってみたい。でも、彼の目を見ては恥ずかしくて言えない……というあなたは、耳元で優しく囁いてあげればOK。

慣れてきたら手や舌で

彼を押し倒して、手や舌で優しく愛撫してあげましょう。え?どこを攻めたらいいのかわからない?答えは簡単。アソコはもちろん、わき腹、バスト、背中……答えは「全身」です。

「いきなりベッドに押し倒されて全身にキスされたことがあります。頭から足のつま先まで全身を。軽くチュってされたり、舐められたり、乳首を甘噛みされたり。今思い出しても興奮するくらいやばかった」(27歳/美容師)

あなたが攻められて気持ちいいところは、彼も気持ちいいところ。彼の反応が良いところは特に丁寧に舐めてあげましょう。

ラブグッズを使うのもあり

言葉や手や口じゃちょっと物足りない……というあなたは小道具を使って彼を攻めてあげるのはいかが?禁断の扉を開いた彼は、今まで経験したことのない快感の海に溺れるはず。

「彼女に目隠しされて、ローション垂らされたときは、マジやばかった。何も見えないぶん感覚が研ぎ澄まされているのか、いつもよりもずっと感じやすくなっていて。ヌルヌルしたローションをアソコに塗られたときは、女の子みたいに声をあげてしまいました」(29歳/プログラマー)

アイマスクやローションなど、ライトなものなら初心者でも抵抗なく使えるはずです。彼はどちらかというとM気質かも……という方は、手錠をかけて彼を身動きできなくしてみるのもおすすめです。

男性だって心の奥底では女性に徹底的に攻められたい、という願望があるのです。たまには攻守交替。あなたが愛情をこめて彼を攻めれば、いつものエッチがよりロマンティックでエロティックなものになるはずです。

(オトナの恋カツ編集部)