エッチの最中に彼を喜ばせようと、あれこれ試行錯誤をしている女性もいるでしょう。

そんな方のために、男性が「実はここを攻めてほしい」と思っている場所をリサーチしてみました。

くすぐったいのが快感に…ワキ

「元カノにワキを攻められたことがあるんだけど、あれは気持ちよかった!くすぐったい感じが、そのうち快感になってくるんですよね」(32歳/保険営業)

「男がエッチの最中に両手を上げることって少ないじゃないですか?だからあまり攻めてもらえないんだけど、実はワキが性感帯」(28歳/自動車ディーラー)

普段触られるとくすぐったいと感じる場所が、エッチでは性感帯に豹変することは少なくありません。ワキもそのひとつのよう。

彼がワキ毛を処理しないタイプだと、攻めるのは少し難しいかもしれませんが、匂い対策などである程度ワキ毛処理をしている場合は、試しに攻めてみるのもおすすめです。

アソコに触れそうで触れられない……脚のつけ根

「女性で言うとビキニラインの部分。フェラの前に攻めてほしい」(27歳/運送業)

「脚のつけ根のところを、指や舌でなぞられるとゾクゾクします。アソコに触れそうで触れられない感じがたまんない」(30歳/行政書士)

女性でも、脚のつけ根の部分を攻められると感じてしまう人は少なくないのでは?それは男性も同じようです。

アソコに近い部分でもあるため、フェラの前に集中的に攻めれば、彼のことをとことん焦らせるに違いありません。

お腹より感じる?…背中

「背骨のラインをツツーって触られるのが好きです。『はうっ!』ってなる」(27歳/飲食店勤務)

「背中全部が性感帯ですね。背中にキスしたり、舐めたりしてほしい」(29歳/整体師)

ベッドの上で女性がうつ伏せになることはあっても、男性がうつ伏せになることは少ないはず。その一方で、実は背中を攻めてほしいと思っている男性は意外といるようです。

彼に「うつ伏せになって」と言って攻めるのがいちばんですが、恥ずかしい場合は、座っている彼の背後に回り込んで攻めてみるのもいいかも。

男だって触ってほしいんです!…お尻

「男が女性にするみたいに、お尻をわしづかみにして揉まれるのが実は好き」(26歳/販売職)

「お尻の溝のラインを攻められたいですね。そこから徐々に前に移行していって、最後はアソコを……っていう流れが理想」(30歳/ギター講師)

背中同様、男性のお尻はエッチの最中に攻めるタイミングがあまりない部位のひとつ。だけど実はもっと攻めてほしい、と思っている男性も少なくないようです。

まずは背中を攻めて、その流れでお尻を攻めてみるのもよさそう。

何度も肌を重ねるうちに、エッチの流れも定番化してくるもの。たまにはいつもと違う場所を攻めて、彼を「あっ、そこダメ!」と悶えさせてみませんか?

(オトナの恋カツ編集部)