ヤリモクのダメ男は平気で女性にウソをつく

大好きだけど、「彼のアソコが小さくて満足できない……」という彼女もいるでしょう。そこで今回は、サイズに問題ありの彼をもつ女性へむけて、欲求不満が解消できそうな方法をご紹介します。

ヤリモクのダメ男は平気で女性にウソをつく

ラブグッズを試してみる

「以前から、彼女の反応が演技っぽいなと感じていて、ミニサイズで申し訳なく思っていました。ある日、ネットで見つけた凸凹つきコンドームを試したときの彼女の反応と言ったら……!事後に彼女がつぶやいた『こんなに気持ちいいの初めて……』の言葉に、嘘はないようでした」(26歳男性/塗装工)

「自分で用意しておいた大人のおもちゃを、彼に使ってとお願いしています。『濡れにくい体質みたいで、実は痛くて……』と自分に非があるように言うのがポイント。しっかり使ってもらったら、『おもちゃじゃ我慢できない……』とおねだりして、彼自身を求めると喜ばれますよ」(24歳女性/インテリア販売)

さまざまなラブグッズがあるので、エッチのスパイスとして使ってみるのもいいでしょう。ラブグッズを手軽に購入できる、女性専用の通販サイトもあります。ただし、使用にあたっては、サイズが小さいことへ彼がさらに負い目を感じないよう、彼女として気を配ることも大切です。

体位などを工夫してみる

「女性の膣は、奥ばかりが感じるポイントではありません。彼のサイズが小さくても、体位によっては驚くほどの刺激に乱れることも。膣がお尻側にある、いわゆる「下つき」の彼女は、同じ正常位でも腰の下に枕やクッションを入れてあげると、挿入時の角度が変わって気持ちいいみたいです」(28歳男性/銀行員)

「四十八手」という言葉のとおり、エッチの体位はたくさんあります。もし、これまでに試したことのない体位があれば、彼に協力してもらい積極的に体験してみては?今までにない、新しい世界へ行けるかもしれませんよ。

病院での相談をすすめてみる

「エッチをしたとたん、一方的にフラれ続けてきた過去の恋愛。新しくできた彼女とは同じ轍を踏むまいと、思い切って病院へ行き、大きくする手術をしてもらいました。手術といってもいろいろで、最近は切らずにできる日帰り治療などもあります」(29歳男性/検査技師)

彼が自身のサイズに悩んでいるようであれば、専門家へ行くよう背中を押してあげてもいいかもしれませんね。とは言ってもセンシティブな問題なので、無理強いはせず「こんな方法もあるんだって」と軽く紹介する程度に留めましょう。サイズが改善され、満足感が増えたカップルもいるようです。

おわりに

ラブグッズの使用に、体位などの工夫、専門家への相談など、アソコが小さい彼をもつ女性の欲求不満解消に役立ちそうな情報をご紹介しました。ぜひ参考にしてください。(ひっち/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)