わりとモテている「男性」に取材をしてわかることと言えば、エッチが大好きな「女子」が多いということです。

著者も、モテている取材対象者も、なぜ勢いのある男にエロい女子が群がってくるのか? がわからないので、これ以上のことが書けないわけですが、モテている男性のまわりには、エッチしたがっている女子が多いという事実がある。

今回は、ちょっと余計なお世話かもしれませんが、エッチが大好きな女性が気をつけるべき4つのことについて迫りたいと思います。
お話は、エッチ大好きな女子たちにお聞きしました。

さっそく見ていきましょう!

03

1:妊娠のこと

「当然ですが、妊娠に気をつけなくてはなりません。誰の子なのか、マジでわからないって友だちがいたんです」(25歳・モデル)

当然でしょう。

 

2:ヤるだけの関係と思われてはいけない

「ヤるだけの関係だと男子に思われてしまうと、その関係は短命に終わります。細く長くセフレであり続けようと思えば、好きだけど付き合えないんだ~! でもエッチしよっ! くらいににおわせておくといいと思います」(25歳・役員秘書)

エッチが大好きな女子であっても、ちょうどいいセフレを見つけるのって少々大変だ……だから、ヤるだけの関係と思われてはいけないということのようです。

著者は男なので、そういう女性の心理、知りませんでしたが、女子もちょうどいいセフレを探すのって、大変なんでしょうか?

 

3:毎回さっぱりとした顔で彼に会わないこと

「毎回さっぱりとした顔で彼に会っていると『おれ以外の男ともセックスしてるの?』と嫉妬してくるので、気をつけたいところです」(26歳・ネイリスト)

ときには「もう欲求不満でどうしようもない」という顔で会ったほうがいいのでしょう。

 

4:嫉妬されてはいけない

「男性って、セックスを自由に楽しんでいる女子に嫉妬していることもあります。あまりにいろんな男子とガンガンやれば、男子に嫉妬され、いい関係であってもポキッと折れてしまうので注意が必要です」(27歳・アパレル)

男性って、セックスを自由に楽しんでいる女子に嫉妬していることもあります……というのは、おそらく真実だろうと思います。

 

いかがでしたか?

若い女子に限らず、少し年上の女性を取材してわかることは、旦那さんがいても、セフレとエッチしまくっている女性の多さです。

そこにはもちろん止むにやまれぬ理由があるわけですが、現象だけをとらえると、エッチが大好きな女性がすごく多い。

モテていてヤりまくっている男性の数と、ヤりまくっている女性の数を比べたら、ヤりまくっている女性の数のほうが絶対に多いと思います。

だから男女全体的には、男性はある意味「ヤらせていただいている」。女性は「ヤらせてあげている」。

こういうことが言えるかと思いますが、ヤらせてあげている側が、あるていどの品位を持っておかないと、刺されかねない。

 

Photo by Giang MitTo (改変 gatag.net)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから