彼を傷つけずアソコを舐められるのを上手に断る方法

イチャイチャするのは嫌いじゃないけど、「彼がエッチ中にアソコを舐めてばかり……」と悩む女性もいるでしょう。今回は、男性・女性両方の経験談を交えながら、彼を傷つけず、アソコを舐められるのを上手に断る方法についてご紹介します。
彼を傷つけずアソコを舐められるのを上手に断る方法

ごまかして伝える

「よくある手ですが、『生理が終わった直後だから』『お風呂の後トイレに行ったから』でピンと来る男性もいます。アソコを舐めさせないかわりに、『私にさせて♡』と逆に舐めてあげたり、女性主体で挿入したりするなど、積極的に彼を満足させる努力をすればOK。」(24歳/化粧品営業 男性)

「生理・トイレ」=「舐めるのはNG」という隠語だと理解している男性もいるようです。まずは、この方法を使って彼の動向を伺い、伝わらないようであれば次の段階に進むといいかもしれません。

その場でストレートに伝える

ストレートに切り出した方が伝わりやすい彼であれば行為中に直接指摘する
「愛情表現から来る行為だとはわかっていても、さすがに毎回40分も舐め続けられるのはちょっと……。まどろっこしい表現を嫌う彼なので、『最初は気持ちいいんだけど、途中からくすぐったいだけ』と伝え、内容の見直しをお願いしました。」(25歳/学校事務 女性)

「私自身やや潔癖症なので、アソコを舐めた後の口でキスされるのが無理。キスが大好きな彼なので、『悪いんだけど、実は……』と理由を伝えたところ、理解してもらえました。嫌なことだけ伝えずに、『キスで十分とろけてるよ♡』などの一言ももちろん忘れずに!」(22歳/裁判所書記官 女性)

2人の信頼関係がしっかりと築けていて、なおかつストレートに切り出した方が伝わりやすい彼であれば、行為中に直接指摘するといいかもしれません。ただし、どんなに竹を割ったような性格の彼でもショックなことに変わりはないので、すかさずフォローの言葉を添えて、ネガティブな雰囲気をやわらげる気遣いは必要です。

後日やんわりと伝える

「傷つきやすく、奉仕好きな彼に最中の指摘は危険と判断し、ソファに2人並んでテレビを見ているとき、友人の悩み事という体で『苦手なプレイの断り方』について彼に相談。『AVの影響で、男は間違った固定観念があるのかもね……』と彼自身も反省しているようでした。」(22歳/ネイリスト 女性)

その場で言ったり、ストレートな言い回しを使ったりすると、彼がしばらく引きずりそうなら、オブラートに包んで伝える必要があるかもしれません。

他のカップルを引き合いに出したり、「私のテクニックで不満なところはない?」とへりくだって聞いてみたりするのもいいでしょう。「逆に改善点を教えてほしい」と彼から申し出てくれるかもしれませんよ。

おわりに

誤魔化す・ストレートに言う・婉曲表現を使う、と伝え方もさまざま。アソコを舐める行為は、女性を喜ばせるために男性が行なう愛情表現なので、彼の思いを汲み取りながら、適切な方法で伝えましょう。
(オトナの恋カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから